インディ・ジョーンズ シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インディアナ・ジョーンズの帽子と鞭

インディ・ジョーンズ シリーズは、架空の考古学者であるインディアナ・ジョーンズを主人公とした冒険を描く映画ドラマ小説シリーズ、およびそれを基にした一群のフィクションである『インディアナ・ジョーンズ シリーズ』 (Indiana Jones series) の、日本における名称である。「インディ」は「インディアナ」を略した通称連続活劇の現代版。シリーズ全体の原案はジョージ・ルーカススティーヴン・スピルバーグ。制作はルーカスフィルム

登場人物[編集]

レイダース 失われたアーク《聖櫃》
  • インディアナ・ジョーンズ - 世界的に有名な考古学者にして冒険家。愛称はインディ。
  • マーカス・ブロディ - インディの友人。ニューヨーク国立博物館館長。
  • マリオン・レイブンウッド - インディの師である考古学者・アブナー・レイブンウッド教授の娘。現在はネパールで酒場を経営。
  • サラー - インディの友人で、遺跡発掘のベテラン。
  • ルネ・エミール・ベロック - フランス人の考古学者で、インディの宿敵。ナチスに加担して聖櫃を探す。
  • ヘルマン・ディートリッヒ - ドイツ国防軍の大佐。ナチスの聖櫃捜索部隊の司令官。
  • アーノルド・エルンスト・トート - ナチスの秘密警察「ゲシュタポ」のエージェント。
  • コブラー - ディートリヒ大佐の補佐官。
魔宮の伝説
  • インディアナ・ジョーンズ - 世界的に有名な考古学者にして冒険家。愛称はインディ。
  • ショート・ラウンド - 中国人の孤児。インディの若きパートナー。
  • ウー・ハン - おなじくインディのパートナー。
  • ラオ・チェー - 上海裏社会の大物。
  • ウィリー・スコット - 上海のクラブ<オビ=ワン>の歌手。
  • シャーマン - インディ達がたどり着いたインドの村「メイアプール」の長老。インディにシヴァリンガと村の子供たちの奪還を依頼する。
  • ザリム・シン - パンコット宮殿の若きマハラジャ。
  • チャター・ラル - パンコット宮殿の宰相。
  • モラ・ラム - 邪神「カーリー」を崇拝する暗殺教団「サグ」の司祭。素手で人の心臓を掴みだす。
最後の聖戦
  • インディアナ・ジョーンズ - 世界的に有名な考古学者にして冒険家。愛称はインディ。
  • ヘンリー・ジョーンズ - インディの父親。長年聖杯探索を行っており、その記録のすべてを「聖杯日誌」に記した。
  • マーカス・ブロディ - インディの友人。ニューヨーク国立博物館館長。
  • サラー - インディの友人で、遺跡発掘のベテラン。
  • エルザ・シュナイダー - オーストリア人の考古学者。裏でナチスに加担している。
  • ヴァルター・ドノバン - 考古学マニアの億万長者。裏でナチスに加担している。
  • エルンスト・フォーゲル - ナチス親衛隊大佐。
クリスタル・スカルの王国
  • インディアナ・ジョーンズ - 世界的に有名な考古学者にして冒険家。愛称はインディ。
  • マット・ウィリアムズ(ヘンリー・ジョーンズ三世) - 実はインディの息子だが、本人はその事を知らされていなかった。
  • マリオン・レイヴンウッド - マットの母親。
  • ジョージ・マクヘイル(マック) - 第二次世界大戦中、インディと共にナチスと戦った元MI6の局員でソ連の二重スパイ。
  • ハロルド・オックスリー教授(オックス) - インディの大学時代の友人。
  • ディーン・チャールズ・スタンフォース - マーカス・ブロディの死後の大学の学部長。インディとは旧友。
  • イリーナ・スパルコ - KGBのエージェント。レイピアを使う凄腕の剣士。
  • アントニン・ドフチェンコ - スパルコの部下のソビエト連邦軍の軍人。階級は大佐。

エピソード[編集]

  • エピソード01『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 初めての冒険 / My First Adventure』(設定年度:1908年、舞台:エジプトモロッコ
  • エピソード02『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 生きる情熱 / Passion for Life』(設定年度:1908年&1909年、舞台:パリ&ケニア
  • エピソード03『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 危険なキューピット / The Perils of Cupid』(設定年度:1908年、舞台:フィレンツェ&ウィーン
  • エピソード04『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 父との旅 / Travels with Father』(設定年度:1910年、舞台:ロシア&ギリシャ
  • エピソード05『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 輝きの旅 / Journey of Radiance』(設定年度:1910年、舞台:インド&中国
  • エピソード06『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 早春の大冒険 / Spring Break Adventure』(設定年度:1916年、舞台:メキシコ
  • エピソード07『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 / Love's Sweet Song』(設定年度:1916年、舞台:アイルランド&イリス島)
  • エピソード08『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 要塞からの脱出 / Trenches of Hall』(設定年度:1916年、舞台:ソンム&ドイツ
  • エピソード09『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 / Demons of Deception』(設定年度:1916年、舞台:パリ)
  • エピソード10『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 ファントム・トレイン / The Phantom Train of Doom』(設定年度:1916年、舞台:ドイツ&アフリカ
  • エピソード11『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 聖者オガンガの伝説 / Oganga, The Giver and Taker of Life』(設定年度:1916年、舞台:アフリカ)
  • エピソード12『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 大空の勇者たち / Attack of the Hawkman』(設定年度:1917年、舞台:オーストリア
  • エピソード13『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 革命前夜のスパイ / Adventures in the Secret Service』(設定年度:1917年、舞台:オーストリア&プラハ
  • エピソード14『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 / Espionage Escapades』(設定年度:1917年、舞台:スペイン&プラハ)
  • エピソード15『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 砂漠の勇者たち / daredevils of the Desert』(設定年度:1917年、舞台:パレスチナ
  • エピソード16『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 イノセント・ストーリー / Tales of Innocence』(設定年度:1917年、舞台:イタリア&モロッコ)
  • エピソード17『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 悪の仮面 / Masks of Evil』(設定年度:1918年、舞台:イスタンブール&トランシルバニア
  • エピソード18『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 ピーコック・アイの秘宝 / Treasure of the Peacock's Eye』(設定年度:1919年、舞台:エジプト&ジャワ島&南太平洋
  • エピソード19『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 / The Winds of Change』(設定年度:1919年、舞台:パリ&プリンストン
  • エピソード20『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 ミステリー・オブ・ザ・ブルース / Mystery of the Blues』(設定年度:1920年、舞台:シカゴ
  • エピソード21『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 / Scandal of the 1920』(設定年度:1920年、舞台:ニューヨーク
  • エピソード22『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険 ハリウッドの英雄インディ ハリウッドの愚者たち / Hollywood Follies』(設定年度:1920年、舞台:ハリウッド
  • エピソード23『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 / Temple of Doom』(設定年度:1935年、舞台:中国&インド)
  • エピソード24『レイダース/失われたアーク《聖櫃》 / Raiders of the Lost Ark』(設定年度:1936年、舞台:ペルー&ネパール&カイロ
  • エピソード25『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 / Last Crusade』(設定年度:1938年、舞台:イタリア&ザルツブルク&ベルリン
  • エピソード26『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 / Kingdom of the Crystal Skull』 (設定年度:1957年、舞台:エリア51&ペルー

上記の「エピソード」は、公式には「チャプター」と称されている。ヤング・インディジョーンズの1〜22のチャプターそれぞれは90〜100分程度の尺であるが、基本的には、米国TV放映(日本での番組名:若き日の大冒険)時の45分程度のエピソード(舞台)2本分を基準に構成されている。

映画[編集]

パラマウント・ピクチャーズ配給。映画の冒頭は四作とも星24個(22個ではない)を伴うパラマウント・ロゴ、シンボルとなる山に地形などよく似た形、第二作では巨大なゴングにデザインされた山の彫刻が、オーヴァーラップする形で始まる。同社の75周年で社名映像が3DCGに移行した後の第四作でも、手描きによる旧版が用いられた。

2013年ウォルト・ディズニー・スタジオがパラマウントより版権を獲得し、2021年に公開予定の第5弾からがディズニー配給となる[1]

テレビシリーズ[編集]

テレビシリーズ「ヤング・インディ・ジョーンズ」は主に1992〜1993年にアメリカで製作され、チャプター1〜5(インディが10歳頃のストーリー)はコーリー・キャリアーが、チャプター6〜22(インディが17歳頃のストーリー)はショーン・パトリック・フラナリーが主演した。総製作エピソード数は、テレビ放映時間枠45分程度を1エピソードとカウントすると44本存在するが、アメリカでは放映が時系列順ではなく、また製作されても放映されないエピソードもあったため、1996年に現行の時系列順の22チャプター(1チャプターは2エピソードで構成)に再編集された。その際、当初の放映(若き日の大冒険)時に存在した93歳のオールド・インディジョーンズ(ジョージ・ホール)によるブックエンド(オープニングとクロージング)部分がカットされ最終版となった。

インディ・ジョーンズを使ったエデュテイメントソフトの企画からテレビドラマの製作に進展したものである。テレビドラマ版として予算コントロールを効かせつつ、世界各国でのロケや特撮を駆使した大作となっている。

尚、日本では1993年1月〜3月に朝日放送テレビ朝日系で、インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険のタイトルで15エピソードが放送され、放映されていない残りのエピソードのうち一部は、1999年にビデオソフトでリリースされた。

朝日放送制作金曜夜9時枠
前番組 番組名 次番組
インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険

アトラクション[編集]

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー - インディ・ジョーンズが発見した遺跡をツアーするというテーマのライド。世界のディズニーパークに2つ存在する。

インディ・ジョーンズ・エピック・スタント・スペクタキュラー! - ディズニー・ハリウッド・スタジオにある、インディ・ジョーンズのショーアトラクション。『レイダース』の岩石に追われるシーンと、ナチスの飛行場での格闘および脱出シーンを、映画同様のセットとスタントで再現。

インディ・ジョーンズと危難の魔宮 - ディズニーランド・パリにある、遺跡をトロッコ型の車両に乗って走行するローラーコースター。360度回転するループがある。東京ディズニーシーには「レイジングスピリッツ」という名前で、テーマが異なる同型のコースターが存在する。

ノベライズ[編集]

ヤング・インディ・ジョーンズ[編集]

テレビシリーズ『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険(The Young Indiana Jones Chronicles)』の日本人ライターによる独自ノベライズ作品。後年、再構成された全22チャプター(44エピソード)のうち、日本でテレビ放映された15エピソード分が14冊構成で、ジョージ・ルーカス原案というクレジット表記で、文藝春秋文春文庫から出版されている。尚、巻順は時系列には並んでおらず、日本語版ビデオ発売サブタイトルとも呼称が異なる。

  1. ジャッカルの呪い (著:田口俊樹、チャプター1前半)
  2. 国境の銃声 (著:中井紀夫、チャプター6後半)
  3. マタハリの恋 (著:村松潔、チャプター9後半)
  4. 戦下の別離 (著:友成純一、チャプター7後半)
  5. 最後の伝令 (著:矢野浩三郎、チャプター9前半)
  6. 初恋のウィーン (著:森下一仁、チャプター3前半)
  7. 密林の聖者 (著:大森望、チャプター11全編)
  8. 皇帝の密使 (著:小尾芙佐、チャプター13前半)
  9. 東洋の秘術 (著:横田順彌、チャプター5後半)
  10. 硝煙の詩 (著:川又千秋、チャプター8前半)
  11. 脱走大作戦 (著:岡崎弘明、チャプター8後半)
  12. 笑うバルセロナ (著:梶尾真治、チャプター14前半)
  13. サバンナの探偵 (著:村上博基、チャプター2前半)
  14. 赤い情熱 (著:槐多康彦、チャプター13後半)

映画[編集]

映画のノベライズ版は、いずれも早川書房(ハヤカワ文庫)から刊行されている。

  1. 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(著:キャンベル・ブラック、訳:秦新二
  2. 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(著:ジェイムズ・カーン、訳:山田順子
  3. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(著:ロブ・マグレガー、訳:大森望)
  4. 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(著:ジェイムズ・ローリンズ、訳:漆原敦子)

スピンオフ小説[編集]

竹書房文庫(青年期の活躍を描くシリーズ)

  1. 『インディ・ジョーンズ/神々の陰謀』(1991年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  2. 『インディ・ジョーンズ/巨人の舞踏』(1991年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  3. 『インディ・ジョーンズ/第七の魔力』(1991年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  4. 『インディ・ジョーンズ/失われた<箱舟(アーク)>伝説』(1992年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  5. 『インディ・ジョーンズ/ユニコーンの遺産』(1992年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  6. 『インディ・ジョーンズ/地下帝国の挑戦』(1992年、著:ロブ・マグレガー、訳:小口和香)
  7. 『インディ・ジョーンズ/魔空の覇者』(1993年、著:マーティン・カイディン、訳:小口和香)
  8. 『インディ・ジョーンズ/炎の聖剣』(1994年、著:マーティン・カイディン、訳:石川順子)
  9. 『インディ・ジョーンズ/賢者の石』(1995年、著:マックス・マッコイ、訳:石川順子)
  10. 『インディ・ジョーンズ/巨竜の復活』(1996年、著:マックス・マッコイ、訳:石川順子)

尚、邦訳はされていないが、マックス・マッコイによる第11作が1997年に、第12作が1999年にアメリカでは刊行されている。また、これら12作の時代設定は、公式チャプター22と23の間(1920〜1934年)となっている。

偕成社(子供時代の活躍を描くジュニアノベル) インディが14歳頃の時代設定で、1990〜1991年にかけて、ウィリアム・マッケイ等の著作による「ヤング・インディジョーンズ・シリーズ」8作が刊行されている。また、1993〜1995年にかけて「新・ヤング・インディジョーンズ・シリーズ」7作(ただし第7作の邦訳はなし。)も発表されている。

ゲーム[編集]

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
ジャンル:アクション 発売:アタリナムコ 機種:アーケード
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
ジャンル:アドベンチャー 発売:ビクター 対応機種:FM-TOWNS
インディ・ジョーンズ/アトランティスの運命
ジャンル:アドベンチャー 発売:ビクター 対応機種:FM-TOWNS
インディ・ジョーンズ/アトランティスの秘宝
ジャンル:アドベンチャー 発売:ビクター 対応機種:DOS/VMac
インディ・ジョーンズ Greatest Adventure
ジャンル:アクション 発売:ビクター 対応機種:スーパーファミコン
en:Indiana Jones and the Emperor's Tomb
ジャンル:アクション 発売:日本語版未発売 対応機種:PS2Xbox
レゴ インディ・ジョーンズ
ジャンル:アクション 発売:日本語版未発売 対応機種:PS3WiiXbox 360
en:Indiana Jones and the Staff of Kings
ジャンル:アクション 発売:日本語版未発売 対応機種:PS2・WiiPSPDS

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シネマトゥデイ. (2016年3月16日). 『インディ・ジョーンズ』第5弾は2019年公開!ハリソン・フォードが再びインディ役 2016年3月16日閲覧。 
  2. ^ インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮東京ディズニーランド公式サイト