インディ・レーシング・リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
インディ・レーシング・リーグ
Indy Racing League

IRL
スポーツ オープンホイール・カー
管轄地域 アメリカ合衆国
ブラジル
カナダ
創設 1996年
本部所在地 インディアナ州インディアナポリス
会長 テリー・アングスタット (Commercial Division)
ブライアン・バーンハート (Competition Division)
チェアマン ブライアン・ローデス
最高責任者 ランディ・バーナード
他の主要人物 ジェフ・ベルスカス
トニー・コットマン
公式サイト
www.indycar.com

インディ・レーシング・リーグ (Indy Racing League, IRL) は、アメリカ合衆国のオープンホイール・レース統括組織。2011年からは組織名を"IndyCar"に変更している。

同リーグは3つのレースシリーズ、IZOD インディカー・シリーズ (IZOD IndyCar Series) 、ファイアストン・インディ・ライツ・シリーズ (Firestone Indy Lights) 、U.S. F2000 ナショナル・チャンピオンシップ (U.S. F2000 National Championship) を統括する。

IRLはヒューマン・アンド・カンパニーが所有する。同社はまたインディアナポリス・モーター・スピードウェイ複合施設とクラッバー・ガールのブランドも所有している。

目次

設立

IRLは1994年にトニー・ジョージによって設立され、1996年にシリーズを開始した。インディカーUSACから離れた1979年以来、CARTが認可を行っていたが、トニー・ジョージはF1の様に少数の裕福なチームが複数台出走させ、技術が大きなウェイトを占めるインディカーに対して、より低コストで参戦できるオープンホイール・レースとしてIRLを構想していた。初めはその構想を信じたいくつかの小規模なチームがIRLに引き付けられただけだったが、後には分離する前のCARTのシリーズと同様な物となった。現在IRLの表彰台は、外国籍のドライバーを擁するいくつかの裕福なチーム - チップ・ガナッシ・レーシングチーム・ペンスキーといったCART時代の強豪を含む - に独占されている。また、スケジュールはオーバル以外のロードコース7戦が含まれる。これには空港の滑走路など、他のレースにはないユニークなものもある。

開始当初、シリーズとジョージは各種メディアやCART参戦チームによる批判を受けた。初期のIRLはまばらなスケジュールと未知のドライバー、未経験なチームから成り、メインイベントであるインディ500でさえそのレベルを問われる物であった。しかしながらスケジュールは充実し、ドライバーの力量も向上していった。IRLは2000年からCARTチームの受け入れを始め、2002年のCARTの破産、2003年からのチャンプカーへの名称変更にも大きく影響した。そして2008年にはチャンプカーを吸収統合した。

「インディカー」の歴史

「インディカー」の名称はしばしばアメリカ合衆国におけるオープンホイール・レースの象徴として使用される。

IZOD インディカー・シリーズ

ポイントシステム

順位 1st 2nd 3rd 4th 5th 6th 7th 8th 9th 10th 11th 12th 13th 14th 15th 16th 17th 18th-24th 25th-33rd
ポイント 50 40 35 32 30 28 26 24 22 20 19 18 17 16 15 14 13 12 10

論争

CARTとの分裂

チャンプカーとの統一

ギャラリー


脚注

今日は何の日(4月19日

もっと見る

「インディ・レーシング・リーグ」のQ&A