インディーサミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インディーサミットとはインディー団体が集結したオールスター戦。第1回が2005年12月9日に後楽園ホールで開催され、翌年12月31日に第2回が同じく後楽園ホールにて開催された。発案者は当時大日本プロレス統括本部長(現:社長)だった登坂栄児

第2回をもってインディーサミットを封印。次回からはプロレスサミットとして再開することをTAKAみちのくが宣言した。

インディーサミット[編集]

インディーサミット
イベント詳細
シリーズ インディーサミット
主催 インディーサミット実行委員会
開催年月日 2005年12月9日
開催地 日本の旗 日本東京都
会場 後楽園ホール
試合数 全6試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
実況:村田晴郎
解説:須山浩継ターザン山本
入場者数 1933人
備考 参加団体
IWAアパッチ大阪K-DOJO
BJWDDTみちのく
リングアナ
味方冬樹(K-DOJO)
新藤力也(DDT)
DVD
書籍「インディー・サミット2006増刊号」(日本スポーツ出版社) 付属DVDに収録。
試合結果
第1試合 新人6人タッグ 時間無制限1本勝負
井上勝正
小幡優作
中澤マイケル
13分8秒
逆エビ固め
杉山俊喜
小峠篤司
西山秀紘●
第2試合 エンターテインメントマッチ 時間無制限1本勝負
松田慶三
チョコボール向井
男色ディーノ
17分35秒
男色ドライバー
フランチェスコ・トーゴー
アントーニオ本多
ザ・ハンサムJOE
第3試合 デスマッチ団体対抗戦蛍光灯デスマッチ 時間無制限1本勝負
伊東竜二
"黒天使"沼澤邪鬼
アブドーラ小林
17分11秒
ドラゴンスプラッシュ with 蛍光灯
BADBOY非道
マンモス佐々木
佐々木貴
第4試合 大阪プロレス提供試合 時間無制限1本勝負
スーパードルフィン 13分11秒
世界一のスプラッシュ
ビリーケン・キッド
第5試合 デルフィン軍団復活 新旧世代闘争 時間無制限1本勝負
柿本大地
火野裕士
関本大介
17分7秒
ジャーマンスープレックス
スペル・デルフィン
新崎人生
TAKAみちのく
試合中に暗転するとリング上に愚乱・浪花が登場。試合終了後客席からヨネ原人が登場し
デルフィン軍団の完全集結に客席が沸いた。
第6試合 新世代8人タッグ 時間無制限1本勝負
PSYCHO
遮那王
飯伏幸太
タイガースマスク
19分46秒
フェニックス式ローリングセントーン
景虎
旭志織
大石真翔
岸勝也

インディーサミット2006〜カウントダウンプロレス〜[編集]

インディーサミット2006〜カウントダウンプロレス〜「JUST NOW」
イベント詳細
シリーズ インディーサミット
主催 インディーサミット実行委員会
開催年月日 2006年12月31日
開催地 日本の旗 日本東京都
会場 後楽園ホール
試合数 全6試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
実況:村田晴郎(第6試合のみ登坂栄児
解説:須山浩継
レポーター:三田佐代子
GAORAプロレスKING
実況:ユリオカ超特Q
解説:TAJIRI望月成晃
入場者数 2200人(超満員札止め)
備考 参加団体
IWAアパッチ大阪K-DOJO
BJWDDTみちのくElDorado
リング・アナ
味方冬樹(K-DOJO)
村上健(BJW)
書籍
「インディー・サミット2006増刊号」(日本スポーツ出版社)
変更選手
菅原拓也谷嵜なおき
稲松三郎シャドウWX
バナナ千賀 ⇒ 松山勘十郎
試合結果
第1試合 6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○西山秀絋
松山勘十郎
原田大輔
7分33秒
逆エビ固め

魔蛇美
梶ヤマト
第2試合 エンターテイメント3wayマッチ 時間無制限1本勝負
男色ディーノ
中澤マイケル
17分25秒
垂直落下式ブレーンバスター
"ザ・ハンサム"JOE
ヤス・ウラノ
もう1組は、バラモン・シュウバラモン・ケイ
第3試合 空中戦! 時間無制限1回勝負
ラッセ
エル・ブレイザー
宮本裕向
16分54秒
ジャガラギ
タイガースマスク
PSYCHO
南野武
第4試合 100万円争奪プレジデントランブル
グレート小鹿 18分12秒
オーバーザトップロープ
新崎人生
退場順(オーバーザトップロープ)
カラオケマシーン2号、松田慶三TAKAみちのく高木三四郎スペル・デルフィンマッスル坂井新崎人生
第5試合 バトラーツルール 時間無制限1本勝負
望月成晃
飯伏幸太
11分24秒
真・最強ハイキック
澤宗紀
フジタ"Jr"ハヤト
第6試合 蛍光灯6人デスマッチ 時間無制限1本勝負
葛西純
"黒天使"沼澤邪鬼
シャドウWX
19分39秒
飛鬼邪行 with 蛍光灯
佐々木貴
気仙沼二郎
アブドーラ小林
第7試合 海援隊☆DX復活!世代闘争 時間無制限1本勝負
ディック東郷
MEN'Sテイオー
TAKAみちのく
獅龍
ショー・フナキ
17分18秒
ダイビングセントーン
大石真翔
KUDO
岸勝也
野橋真実
ミラニートコレクションa.t.
第8試合 JUST NOW 時間無制限1本勝負
関本大介
HARASHIMA
ビリーケン・キッド
21分28秒
垂直落下式ブレーンバスター
GAINA
真霜拳號
谷嵜なおき

その他[編集]

THE INDIE SUMMIT 2011[編集]

THE INDIE SUMMIT 2011 in
イベント詳細
シリーズ インディーサミット
主催 CZW、DDT、大日本プロレス、KAIENTAI-DOJO、FREEDOMS
開催年月日 2011年12月3日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フィラデルフィア
会場 アサイラム・アリーナ
試合数 試合
放送局 FIGHTING TV サムライ
入場者数 不明

今回は、CZWが日本のインディー4団体(DDT、大日本プロレス、KAIENTAI-DOJO、FREEDOMS)をアメリカへ集結し開催されたイベントである。

試合結果
第1試合
男色ディーノ 男色ドライバー DJハイド×
第2試合
ジョーカー
ブラック・ジーズ
連携技(ジャイアント
スイング中にドロップキック)
神威×
テボン・ムーア
第3試合 CZWJr.ヘビー級選手権
サミ・キャラハン 分秒
-
佐々木義人×
第4試合
真霜拳號
佐々木貴
分秒
-
ドレイク・ヤンガー×
MASADA
第5試合 3WAYマッチ
KUDO 分秒
-
マサ高梨×
もう1人はディック東郷
第6試合 ガラスボードデスマッチ
葛西純
×"黒天使"沼澤邪鬼
-分-秒
-
ダニー・ハボック
伊東竜二