インドネシア海軍艦艇一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インドネシア海軍艦艇一覧は、インドネシア共和国海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。

'凡例

現有勢力(2014年現在)[編集]

[1]

  • 国防予算:77億4,000万ドル(+23億2,000万ドル)
  • 海軍人員:4万5,000名
  • 艦船隻数:203隻(-6隻)
潜水艦×2
フリゲート×6
コルベット×22(-1)
ミサイル艇×13(+3)
哨戒艇×41(-2)
ドック型輸送揚陸艦×5
兵員輸送艦×7(-1)
戦車揚陸艦×9(-4)
中型揚陸艦×11(-1)
揚陸艇×54(+1)
輸送揚陸艦×0(-1)
掃海艇×11
測量/調査艦×8
練習艦×3
指揮艦×1
給油艦×4
支援艦×4
航洋曳船×2
  • 航空機数:65機
艦載ヘリコプター×9
陸上固定翼機×50
陸上ヘリコプター×6
  • コースト・ガード:船艇21隻(+9)

艦艇一覧(近代海軍)[編集]

水上戦闘艦[編集]

巡洋艦[編集]

イリアン(201 Irian)※旧『オルジョニキーゼ(600 Ordzhonikidze)』

駆逐艦[編集]

  • 旧・英『N』級 - 1隻
ガジャ・マダ(Gadjah Mada)※旧『ノンパライル(G16 Nonpareil)』
  • 『スコーリィ(30bis計画)』級 - 8隻
ブラウィジャヤ(306 Brawidjaja)※旧『ベツァロステニィ(Bezzhalostnyi)』
サウォエンガリン(204 Sawoenggaling)※旧『ヴネザプニィ(Vnezapnyi)』
スルタン・イスカンダル・モエダ(304 Soeltan Iskandar Moeda)※旧『ベツァヴェテニィ(Bezzavetnyi)』
ディポネゴロ(206 Diponegoro)※旧『ピルキィ(Pylkiy)』
シンガマラジャ(202 Singamaradja)※旧『ヴィラヅィテリヌィ(Vyrazitelnyi)』
シリワンギ(201 Siliwangi)※旧『ヴォレヴォイ(Volevoy)』
サンジャヤ(203 Sandjaja)※旧『ベスポコイニィ(Bespokoinyi)』
サルワジャラ(305 Sarwadjala)※旧『ボエヴォイ(Boevoy)』
イマーム・ボンジョル(250 Imam Bonjol)
スーラパティ(251 Surapati)

フリゲート[編集]

マーサ・クリスティナ・ティヤハフ(331 Martha Kristina Tiyahahu)※旧『ズールー(F124 Zulu)』
ウィルヘルムス・ザカリアーシュ・ヨハネス(332 Wilhelmus Zakarias Yohanes)※旧『グルカ(F122 Gurkha)』
ハサヌディン(333 Hasanuddin)※旧『ターター(F133 Tartar)』
サマディクン(341 Samadikun)※旧『ジョン・R・ペリー(DE-1034 John R. Perry)』
マルティダナタ(342 Martadinata)※旧『チャールズ・ベリー(DE-1035 Charles Berry)』
モンギシディ(343 Mongisidi)※旧『クロード・ジョーンズ(DE-1033 Claud Jones)』
ングラ・ライ(344 Ngurah Rai)※旧『マクモリス(DE-1036 McMorris)』

コルベット[編集]

ファタヒラー(361 Fatahillah)、マラハヤティ(362 Malahayati)、ナラ(363 Nara)
ディポネゴロ(365 Diponegoro)、ハサヌデデイン(366 Hasanuddin)、スルタン・イスカンダル・ムダ(367 Sultan Iskandar Muda)

ミサイル艇[編集]

  • 63mトリマラン(fast missile ship) KRI KLEWANG スウェーデン企業の開発、投資によりインドネシアの造船所で製造されている。CFRPを多用した構造。2012年8月31日に進水式を行ったものの、同年9月28日に海軍基地にて炎上し、全損となった。[2]

潜水艦[編集]

通常動力型潜水艦
チャクラ(401 Cakra)、ナンガラ(402 Nangara)

 ナーガパーサ(403 Nagapasa)、アルデダリ(404 Ardadedali)、アルゴロ(405 Alugoro)

  ※ナーガパーサ、アルデダリは韓国建造、アルゴロはインドネシアにて建造[3]

両用戦艦艇[編集]

揚陸艦艇[編集]

ドック型揚陸艦
  • ドクター・スハルソ級 - 1隻
ドクター・スハルソ(972 Dr Soeharso)
※ 病院船 旧「タンジュン・ダルペレ」
  • マカッサル級 - 4隻
マカッサル(590 Makassar)、スラバヤ(591 Surabaya)、バンジャルマシン(592 Banjarmasin)、バンダ・アチェ(593 Banda Aceh)、スマラン(594 Semarang)
※ マカッサル、スラバヤは韓国建造、バンジャルマシン以降はインドネシアでライセンス生産
戦車揚陸艦
  • 旧・米『LST-1』級 - 7隻
  • テルク・アンボイナ
  • テルク・セマンカ級 - 6隻

補助艦艇[編集]

補給艦艇[編集]

アルン(903 Arun)

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の海軍 2014-2015」(海人社)より。排水量20t以上の艦艇をカウント。括弧内は2013-2014年版からの変動。
  2. ^ North sea boarts社
  3. ^ インドネシアの軍用潜水艦、韓国が建造を受注” (日本語). www.afpbb.com. 2019年4月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]