インネクスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社インネクスト
INNEXT Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
GSオーディナリー(廃止) 6660
2005年11月14日 - 2007年1月16日
アンビシャス 6660
2007年2月14日 - 2011年9月28日
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田二丁目18番2号
設立 2003年平成15年)10月1日
(株式会社フォトニクスソリューション)
業種 電気機器
事業内容 液晶機器事業
医療産業機器事業
計測機器事業
産業機器事業
代表者 破産管財人 金山伸宏
資本金 1億8061万円
(2010年6月30日現在)
発行済株式総数 47,390株
売上高 14億84百万円(2010年6月期)
営業利益 1億23百万円(2010年6月期)
純利益 81百万円(2010年6月期)
純資産 3億75百万円
(2010年6月30日現在)
総資産 13億47百万円
(2010年6月30日現在)
従業員数 23名(2010年3月31日現在)
決算期 6月30日
主要株主 (株)一や 6.33%
(2008年6月30日現在)
テンプレートを表示

株式会社インネクスト: Innext Co., Ltd.)は、かつて中・小型液晶ディスプレイ検査装置を手掛けていた液晶関連メーカー。

沿革[編集]

  • 2003年10月 - 精密計測機器、検査機器の販売及び輸出入を目的として、東京都杉並区において株式会社フォトニクスソリューション設立。
  • 2004年12月 - 独シュトイテ社製品の輸入・販売権を譲受、スイッチの輸入・販売開始。
  • 2005年2月 - 株式会社WAVEと合併。
  • 2005年3月 - 英エルコメータ社の計測器・試験機の輸入販売を開始。
  • 2005年10月 - 東京都大田区に本店移転。
  • 2005年10月 - 独シュメアザールグループの安全対策デバイスの輸入販売を開始。
  • 2005年11月14日 - 日本証券業協会のグリーンシート銘柄指定。
  • 2006年11月 - 商号を「株式会社インネクスト」に変更。
  • 2007年1月16日 - 上場決定のためグリーンシート銘柄の指定取消[1]
  • 2007年2月14日 - 札幌証券取引所アンビシャス市場に株式を上場[2]
  • 2011年9月9日 - 東京地裁へ自己破産を申請。[3]
  • 2011年9月12日 - 東京地裁から破産手続開始決定を受ける[4]
  • 2011年9月28日 - 上場廃止[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社インネクスト株式(証券コード:6660)の札幌証券取引所アンビシャス市場上場承認に伴うグリーンシート銘柄としての取扱廃止と取引終了について, ディー・ブレイン証券株式会社
  2. ^ 新規上場会社概要, 札幌証券取引所
  3. ^ 株式会社インネクスト自己破産を申請負債10億7000万円 帝国データバンク大型倒産速報 2011年9月9日
  4. ^ 破産手続開始申立て及び決定に関するお知らせインネクスト 2011年9月12日
  5. ^ 上場廃止等の決定について, 札幌証券取引所
  6. ^ 上場廃止日等の変更について, 札幌証券取引所