インビジブル 暗殺の旋律を弾く女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インビジブル
暗殺の旋律を弾く女
In Darkness
監督 アンソニー・バーン
脚本 アンソニー・バーン
ナタリー・ドーマー
製作 ベン・ピュー
ジョシュ・バーニー
アンソニー・バーン
ナタリー・ドーマー
製作総指揮 ロリー・エイトキン
ジョシュア・ホースフィールド
出演者 ナタリー・ドーマー
エド・スクライン
音楽 ナイアル・バーン
撮影 シー・ベル英語版
編集 トム・ハリソン=リード
ポール・ナイト
製作会社 42 Production
XYZ Films
配給 アメリカ合衆国の旗 ヴァーティカル・エンタテインメント英語版
イギリスの旗 Shear Entertainment
日本の旗 アットエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年5月25日[1]
イギリスの旗 2018年7月6日[2][3]
日本の旗 2018年9月15日[4]
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $235,449[5]
テンプレートを表示

インビジブル 暗殺の旋律を弾く女』(インビジブル あんさつのせんりつをひくおんな、原題:In Darkness)は、2018年イギリスアメリカ合衆国サスペンススリラー映画。 監督はアンソニー・バーン、出演はナタリー・ドーマーエド・スクラインなど。ドーマーが共同脚本・製作も務めている。 アパートの上の階に住む若い女性の怪死事件をきっかけに次々と思いも寄らぬ運命に巻き込まれていく盲目の女性ピアニストを描いている[6]

ストーリー [編集]

ある日、ヨーロッパの黒社会を仕切る大物ラディチの娘ベロニクが自宅のアパートから転落死した。その現場に居合わせたヒットマンのマークだけが、彼女の死の真相を知っていた。だが、そこには彼のほかにもう1人、ソフィアという女がいた。彼女はベロニクの階下に住むピアニストである。

ソフィアに目撃されたと思い込んだマークは、密かに彼女を抹殺しようと監視を始める。だがやがて、マークはソフィアが盲目であることを知る。さらに、ソフィアはロシアンマフィア英国情報部からも狙われていることが分かる。彼女は一体何者なのか?やがてマークは心ならずもソフィアを守ることになる。

キャスト[編集]

出典 [編集]

  1. ^ Collis, Clark (2018年5月15日). “Watch Natalie Dormer and Emily Ratajkowski in clip from thriller In Darkness”. Entertainment Weekly. 2018年7月23日閲覧。
  2. ^ Braithwaite, Phoebe (2018年6月29日). “The biggest new films coming out in the UK in July”. Wired UK. 2018年7月23日閲覧。
  3. ^ In Darkness (2018)”. British Board of Film Classification. 2018年7月23日閲覧。
  4. ^ “「ゲーム・オブ・スローンズ」のN・ドーマーが盲目のピアニスト演じるスリラー公開”. 映画ナタリー. (2018年8月15日). https://natalie.mu/eiga/news/295386 2018年8月29日閲覧。 
  5. ^ In Darkness (2018)” (英語). The Numbers. 2019年2月16日閲覧。
  6. ^ インビジブル 暗殺の旋律を弾く女”. WOWOW. 2019年2月16日閲覧。