インポシボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
インポシボール

インポシボールImpossiball)はルービックキューブに似ている、球形正二十面体パズルである。 20個の再配列移動可能なピースがある。掻き混ぜられた状態から各コーナーの円を全て単色の状態に戻すことがこのパズルの基本ルールである。

歴史[編集]

1981年にウィリアム・O・グスタフソンにより特許の申請が出され、1984年に特許取得した。 その後、メファート教授が特許の権利を買い、インポシボールの名前で彼のパズルショップの「Meffert's」で売り出されている。

組み合わせの数[編集]

組み合わせの数は23,563,902,142,421,896,679,424,000である。