イヴァン・バグリャノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イヴァン・イヴァノフ・バグリャノフ
Иван Иванов Багрянов
Ivan Bagrianov.jpg
生年月日 (1891-11-27) 1891年11月27日
出生地 ブルガリアの旗ブルガリアラズグラト州ザヴェト
没年月日 (1945-02-01) 1945年2月1日(53歳没)

在任期間 1944年6月1日 - 1944年9月2日
国王 シメオン2世
テンプレートを表示

イヴァン・イヴァノフ・バグリャノフИван Иванов Багрянов1891年11月27日 - 1945年2月1日)は、ブルガリアの政治家。第二次世界大戦末期(1944年6月2日 - 9月2日)、首相を務めた。

経歴[編集]

ボデン村(現ラズグラト州ザヴェト自治体)の大地主出身。1912年、ソフィアの軍事学校を卒業。砲兵将校としてバルカン戦争第一次世界大戦に従軍。フェルディナンド1世と王太子ボリス(後のボリス3世)の副官を務め、この交友関係から後にボリス3世が1935年のクーデターで独裁体制を樹立する際には、その体制確立に貢献することとなった。

戦後、ソフィア大学で法学、ライプツィヒとウィーンで農業を学ぶ。国王独裁成立後の1938年〜1944年、農民同盟議長。1938年〜1939年、国会議員。1938年11月14日、農業・国有財産相に就任。1941年2月4日、ボグダン・フィロフと交代。1944年6月2日から9月2日まで政府議長、6月1日から12日まで外務・信仰相を兼任し、農地改革に着手した。ソ連軍によるブルガリア占領を許さないために、米英の支援を取り付けようと試みた。

共産体制樹立後、逮捕。1945年1月1日、ブルガリア人民裁判所により死刑を言い渡され、処刑。


公職
先代:
ドブリ・ボジロフ
ブルガリアの旗 ブルガリア王国
閣僚評議会議長

第41代:1944
次代:
コンスタンティン・ムラヴィエフ