イヴァン・ペリシッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イヴァン・ペリシッチ Football pictogram.svg
Ivan Perišić.jpg
クロアチア代表でのペリシッチ (2018年)
名前
ラテン文字 Ivan Perišić
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 (1989-02-02) 1989年2月2日(31歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア スプリト
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 インテル・ミラノ
ポジション MF (LMF)/ FW(LWG)
背番号 14
利き足 両利き(主に右)
ユース
2000-2006 クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト
2006-2007 フランスの旗 ソショー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 フランスの旗 ソショーB 36 (8)
2009 ベルギーの旗 ルーセラーレ (loan) 18 (5)
2009-2011 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 70 (31)
2011-2013 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 42 (9)
2013-2015 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 70 (18)
2015- イタリアの旗 インテル 141 (37)
2019-2020 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン (loan) 22 (4)
代表歴2
2005-2006 クロアチアの旗 クロアチア U-17 7 (0)
2006 クロアチアの旗 クロアチア U-18 1 (0)
2009-2010 クロアチアの旗 クロアチア U-21 8 (3)
2011- クロアチアの旗 クロアチア 88 (26)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年9月11日現在。
2. 2019年11月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イヴァン・ペリシッチIvan Perišić1989年2月2日 - )は、ユーゴスラビア(現・クロアチア)・スプリト出身のサッカー選手セリエAインテルナツィオナーレ・ミラノ所属。クロアチア代表。ポジションはMFFW

経歴[編集]

2005年にHNKハイデュク・スプリトのユースチームに入団。2007年にフランスFCソショーに移籍し、2009年にベルギーKSVルーセラーレにレンタル移籍。2009年8月26日、クラブ・ブルッヘに3年契約で完全移籍を果たした[1]。2010-11シーズンには22得点をマークし得点王となり、ベルギー年間最優秀選手賞を受賞した[2]

2011年5月22日、ドイツボルシア・ドルトムントと5年契約を交わした[3]。8月5日のハンブルガーSV戦でデビューを果たし、9月24日のマインツ戦で初得点を記録。2012年4月22日のボルシアMG戦では前半23分にゴールを挙げ、これが決勝点となりブンデスリーガ優勝を果たした[4]。しかし翌2012-13シーズンには出場機会が減少したためユルゲン・クロップ監督と衝突し、クロップを批判した[5]

ヴォルフスブルク[編集]

2014年のペリシッチ

2013年1月6日、ドイツVfLヴォルフスブルクへ完全移籍した[6]。契約は2017年のシーズン終了まで。移籍金は約750万ユーロ。1月19日にシュツットガルト戦にてヴォルフスブルクデビュー。同シーズンはチーム内でイヴィツァ・オリッチに次ぐ10得点を挙げた。

2014-15シーズンのDFBポカールでは決勝で古巣のボルシア・ドルトムントを破りクラブに初優勝をもたらした。

インテル[編集]

2015年8月30日、イタリアインテルナツィオナーレ・ミラノと2020年6月30日までの5年契約を交わし完全移籍[7]。9月13日に行われたACミランとのミラノダービーで移籍後初出場を果たした。2016年9月のイタリアダービーでは交代出場から決勝ゴールを決め、約4年ぶりとなるユベントス撃破を助けた。2017年12月、第15節のキエーボ戦でキャリア初のハットトリックを達成[8]。その後は主力として左サイドを主戦場とした。

バイエルン・ミュンヘン[編集]

2019-20シーズンは新しく監督に就任したアントニオ・コンテに構想外とされたため[9]ASモナコアーセナルFCから興味を示されたが、2019年8月13日、FCバイエルン・ミュンヘンに買取オプション付きのレンタルで移籍した[10]。8月31日のマインツ戦で移籍後初ゴールを決めた[11]DFBポカール決勝のレバークーゼン戦でレヴァンドフスキのゴールをアシストして優勝に貢献した[12]。8月14日、チャンピオンズリーグ準々決勝のFCバルセロナ戦ではチームの1点目の起点となり、また自らのチームの2点目のゴールを決め、準決勝進出に重要な役割を果たした[13]。決勝のパリ・サンジェルマン戦では後半途中から出場して優勝に貢献、シーズントータルでは35試合8ゴール10アシストの成績を残し、チームのトリプレーテ(3冠獲得)に貢献した[14]。しかし、バイエルンへの完全移籍はならず、更にブンデスリーガでのプレー経験が豊富と言うこともあり、2020年9月にはRBライプツィヒバイエル・レバークーゼンヘルタ・ベルリンなどが、ペリシッチの獲得に乗り出していると報じられた[15]

代表[編集]

クロアチア代表として各年代で代表招集を受けており、UEFA U-21欧州選手権2011にも出場した。

2011年1月26日に初めてフル代表に選出され、同年3月26日のEURO2012予選ジョージア戦で代表デビュー[3]EURO 2012のメンバーにも選出され、クロアチアの全3試合に出場した。2012年9月11日の2014W杯欧州予選ベルギー戦で代表初得点を挙げた。

2014年FIFAワールドカップブラジル大会では一次リーグ全3試合に出場、第2戦カメルーン戦、第3戦メキシコ戦でゴールを決めたが決勝トーナメント進出はならなかった。

EURO2016予選では9試合で6得点を挙げ攻撃陣を牽引。本大会のグループリーグではチェコ戦とスペイン戦で得点を奪ったが、準々決勝でポルトガルに敗れた。

2018 FIFAワールドカップロシア大会、一次リーグ第3戦アイスランド戦では決勝ゴールを決め、準決勝のイングランド戦では1-0とリードされる中、同点ゴールを決めただけでなく、延長戦後半にはマンジュキッチのゴールをアシストし、MOMに選ばれるなど、クロアチア史上初のワールドカップ決勝進出に貢献[16]。決勝のフランス戦では28分に同点ゴールを決めたが、35分のコーナーキックの際、自らの一連のプレーからVARの判定の結果、ハンドを取られフランスにPKを与えてしまい、自らのゴールを帳消しにしてしまう形となってしまった。最終的に2-4で敗れ、クロアチア史上初のワールドカップ制覇はならなかった[16]

個人成績[編集]

2020年7月4日現在
クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 通算
ディビジョン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ルーセラーレ (loan) 2008-09 ジュピラー・プロ・リーグ 18 5 2 3 0 0 20 8
クラブ・ブルッヘ 2009-10 ジュピラー・プロ・リーグ 33 9 2 0 8 4 43 13
2010-11 ジュピラー・プロ・リーグ 37 22 1 0 8 0 46 22
通算 70 31 3 0 16 4 89 35
ボルシア・ドルトムント 2011-12 ブンデスリーガ 28 7 6 1 6 1 1 0 41 9
2012-13 ブンデスリーガ 14 2 3 1 5 0 1 0 23 3
通算 42 9 9 2 11 1 2 0 64 12
ヴォルフスブルク 2012-13 ブンデスリーガ 11 2 0 0 11 2
2013-14 ブンデスリーガ 33 10 5 1 38 11
2014-15 ブンデスリーガ 24 5 2 1 9 1 35 7
2015-16 ブンデスリーガ 2 1 1 0 1 0 4 1
通算 70 18 8 2 9 1 1 0 88 21
インテル 2015-16 セリエA 34 7 3 2 37 9
2016-17 セリエA 36 11 1 0 5 0 42 11
2017-18 セリエA 37 11 2 0 39 11
2018-19 セリエA 34 8 1 0 10 1 45 9
通算 141 37 7 2 15 1 163 40
バイエルン・ミュンヘン (loan) 2019-20 ブンデスリーガ 22 4 3 1 6 1 31 6
総通算 363 104 31 10 57 8 3 0 455 122

試合数[編集]

2019年11月19日現在

国際Aマッチ 88試合 26得点(2011年-)


クロアチア代表国際Aマッチ
出場得点
2011 7 0
2012 11 1
2013 8 0
2014 9 7
2015 8 3
2016 12 5
2017 8 1
2018 15 5
2019 10 4
通算 88 26

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ボルシア・ドルトムント
VfLヴォルフスブルク
バイエルン・ミュンヘン

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クラブ・ブリュージュがペリシッチを獲得 - UEFA.com 2009年8月27日
  2. ^ ベルギー年間最優秀選手にペリシッチ - UEFA.com 2011年5月22日
  3. ^ a b ドルトムントがペリシッチを獲得 - UEFA.com 2011年5月30日
  4. ^ 香川が今季13点目、ドルトムントが連覇を達成 - Goal.com 2012年4月22日
  5. ^ ペリシッチがクロップを批判…「まるで自分を嫌っているようだ」 - UEFA.com 2012年11月15日
  6. ^ ヴォルフスブルク、ドルトムントからペリシッチを獲得 - 2013年1月7日 Goal.com
  7. ^ ペリシッチ加入! - inter.it 2015年8月30日
  8. ^ 首位浮上の立役者! ハットトリックのペリシッチ「素晴らしい試合」”. 2018年8月3日閲覧。
  9. ^ ペリシッチ、新指揮官コンテの信頼をつかめず…今夏インテル退団の可能性かgoal 2019年7月22日
  10. ^ ついにロベリーの後釜を確保…バイエルン、インテルからペリシッチを獲得 2019年8月13日 サッカーキング
  11. ^ “Bayern Munich 6–1 Mainz”. BBCSport. (2019年8月31日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/49537130 2019年9月21日閲覧。 
  12. ^ Bayern Munich secure domestic double with 4-2 Cup win over Leverkusen” (英語). www.espn.com (2020年7月4日). 2020年7月5日閲覧。
  13. ^ バイエルンが8ゴール圧勝でCLベスト4進出”. www.soccer-king.jp (2020年8月15日). 2020年8月19日閲覧。
  14. ^ 3冠達成のバイエルンにペリシッチが歓喜「インテルでは4年間無冠で残念だったが…」バ”. www.goal.com (2020年8月24日). 2020年8月25日閲覧。
  15. ^ “三冠”王者バイエルン、ペリシッチの買い取り交渉は不調 独3クラブが争奪戦を展開か”. フットボールゾーン (2020年9月17日). 2020年918日閲覧。
  16. ^ a b 決勝進出の立役者ペリシッチ、同点ゴール後に痛恨のPK献上(6枚) ゲキサカ(2018年7月16日)