イヴァン・ヴァシレヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イヴァン・アントノヴィチ・ヴァシレヴィチ
Иван Антонович Василевич
Іван Антонавіч Васілевіч
生年月日 1894年
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ヴィリナ県ヴィリナ郡ウクライナ語版ブツラフベラルーシ語(タラシケヴィツァ)版
没年月日 1937年11月24日
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
所属政党 ボリシェヴィキ

Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党ロシア語版)中央委員会
第二書記
在任期間 1927年9月30日 - 1930年10月25日

Flag of Byelorussian SSR (1919-1927).svg 国内貿易人民委員
在任期間 ? - 1925年12月

Flag of Byelorussian SSR (1919-1927).svg 財務人民委員
在任期間 1925年12月 - 1927年9月
テンプレートを表示

イヴァン・アントノヴィチ(アントナヴィチ)・ヴァシレヴィチロシア語: Иван Антонович Василевичベラルーシ語: Іван Антонавіч Васілевіч1894年 - 1937年11月24日)は、ソビエト連邦の官僚・政治家。

生涯[編集]

1894年ロシア帝国ヴィリナ県ブツラフベラルーシ語(タラシケヴィツァ)版に生まれた[1]1917年から故郷の町で執行委員会議長を務め、翌1918年からボリシェヴィキとなるとともにヴィリナ県の食糧委員に就いた[1]。翌1919年2月からリトアニア=白ロシア・ソビエト社会主義共和国食糧副人民委員となり、また同年から南西戦線兵站長、エカテリノスラフ県食糧委員、ウクライナ社会主義ソビエト共和国食糧副人民委員、ハリコフ軍管区ロシア語版革命軍事会議メンバーを務める[1]1925年まではソビエト連邦財務人民委員部 (ru) 税務部部長、同年12月までは白ロシア社会主義ソビエト共和国国内貿易人民委員 (be) でもあった[1]。同月から1927年9月までは白ロシア共和国財務人民委員 (be)、同月30日から1930年10月25日まで白ロシア共産党ロシア語版中央委員会 (be) 第二書記を務めた[1]

同年から翌1931年までは連邦農業人民委員部 (ru) で働き、1932年からは極東地方ロシア語版土地部部長、1933年から翌1934年8月までは下アムール管区ソビエト執行委員会議長、同年から1937年6月までは全連邦共産党極東地方委員会農業部部長を務めた[1]。しかし、同月30日にポーランドおよび日本のスパイとして経済活動を破壊した容疑によってNKVDに逮捕され、同年11月24日に銃殺刑に処された[2]。その後、1956年名誉回復ロシア語版がなされた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Василевич Иван Антонович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ a b Маракоў Л. У. ВАСІЛЕВІЧ Іван Антонавіч // Рэпрэсаваныя лiтаратары, навукоўцы, работнiкi асветы, грамадскiя i культурныя дзеячы Беларусi. 1794-1991. — Мн.: Абрамовіч—Кушаль, 2004. — Т. III. Кнiга II. — 480 с. — (Энцыклапедычны даведнік).
党職
先代:
ニコライ・ゴロデドロシア語版
Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党(ボ)中央委員会第二書記
1927年9月30日 - 1930年10月25日
次代:
ヴァシリー・シャランゴヴィチ
公職
先代:
なし
Flag of Byelorussian SSR (1919-1927).svg 国内貿易人民委員
? - 1925年12月
次代:
ヨシフ・アドマイチス
先代:
ファデイ・ブラフコヴィチ
Flag of Byelorussian SSR (1919-1927).svg 財務人民委員
1925年12月 - 1927年9月
次代:
ヴァシリー・ミクリチ