イ・チェヨン (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イ・チェヨン
  • イ・ジェヨン[1][2][3]
イ・チェヨン
Lee Jae-young
 No.17
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1996-10-15) 1996年10月15日(24歳)
出身地 全羅北道全州市
ラテン文字 Lee Jae-young
身長 179cm
体重 63kg
選手情報
所属 大韓民国の旗興国生命ピンクスパイダーズ
ポジション OH
利き手
スパイク 282cm
ブロック 263cm
 
獲得メダル
アジア大会
2014 女子バレーボール
2018 女子バレーボール
テンプレートを表示

イ・チェヨンハングル: 이재영、ラテン翻記:Lee Jae-young、漢字表記:李在英、女性、1996年10月15日 - )は、大韓民国のプロバレーボール選手。大韓民国代表[4][5]。同じく代表選手のイ・ダヨンは双子の妹である。Vリーグ興国生命ピンクスパイダーズに所属[6]。イ・チェヨンとして知られるが、ハングルの転写はイ・ジェヨンであるため、転写通りの表記も見られる[7]

来歴[編集]

全羅北道全州市出身。実父は陸上競技(ハンマー投)韓国元代表の李周烔[8] であり、実母はソウルオリンピック代表セッター金慶熙英語版[9] というサラブレッド家系[5]。少女期から注目を集め[5]、 2012年からジュニア代表入り、2013年からはシニア代表入りを果たし、アジア競技大会金メダルやAVCカップ銀メダルなどを獲得した。

2014年9月12日に行われたドラフト会議において、1巡目トップで興国生命ピンクスパイダーズに指名されて入団が決定した[5]。なお、2番目の指名は実妹のイ・ダヨンだった。

2015年4月、2014/15Vリーグの新人賞に輝いた[10]

2021年2月、中学生時代に妹のダヨンとともに暴力事件を起こしていたことが被害者と名乗る人物からの報道で判明した。

球歴[編集]

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

  • 2014年 - 第17回アジアジュニア選手権ベストアウトサイドヒッター賞[11]
  • 2014-2015 Vリーグ 新人賞
  • 2014-2015 Vリーグ レギュラーラウンド(第6ラウンド)MVP
  • 2015-2016 Vリーグ レギュラーラウンド(第1ラウンド)MVP
  • 2015-2016 Vリーグ レギュラーラウンド ベスト7賞
  • 2016-2017 Vリーグ レギュラーラウンド(第2ラウンド)MVP
  • 2016-2017 Vリーグ レギュラーラウンド ベスト7賞
  • 2016-2017 Vリーグ レギュラーラウンド MVP
  • 2017-2018 Vリーグ レギュラーラウンド ベスト7賞
  • 2018-2019 Vリーグ レギュラーラウンド(第3ラウンド)MVP
  • 2018-2019 Vリーグ レギュラーラウンド(第6ラウンド)MVP
  • 2018-2019 Vリーグ レギュラーラウンド ベスト7賞
  • 2018-2019 Vリーグ レギュラーラウンド MVP
  • 2018-2019 Vリーグ チャンピオン決定戦 MVP
  • 2019-2020 Vリーグ レギュラーラウンド ベスト7賞

脚注[編集]

  1. ^ 韓国の人気双子バレー選手、中学時代いじめをしていた事が分かり事実上の代表追放”. フランス通信社 (2021年2月15日). 2021年2月15日閲覧。
  2. ^ 女子プロバレーボールの双子選手 校内暴力で韓国代表資格停止”. 韓国放送公社 (2021年2月15日). 2021年2月15日閲覧。
  3. ^ W杯で見えた女子バレーの課題とは?海外勢の練習に大山加奈が注目。(3/4)”. Sports Graphic Number (2019年10月9日). 2021年2月15日閲覧。
  4. ^ FIVB. “PLAYER'S BIOGRAPHY”. 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 『月刊バレーボール』 2014年11月号 125ページ
  6. ^ 興国生命ピンクスパイダーズ公式webサイト. “player”. 2015年1月14日閲覧。
  7. ^ WOW! KOREA. “韓国女子バレー、“双子姉妹”がシーズン初対決…勝者は?”. 2015年3月26日閲覧。
  8. ^ 『月刊陸上競技』 講談社刊 1986年11月号 93ページ
  9. ^ 『月刊バレーボール』 1988年10月号臨時増刊 113ページ
  10. ^ KOVO. “player”. 2015年5月17日閲覧。
  11. ^ AVC. “The 17th Asian Women's U.19 Volleyball Championship”. 2015年1月14日閲覧。