イーゴリ・グレボヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

イーゴリ・グレボヴィチロシア語: Игорь Глебович、? - 1194年[1]。)は12世紀のリャザン公国において、公位をめぐり他の兄弟との相続争いに関わった人物である。リャザン公グレプの子。

生涯[編集]

史料には、1177年のコロクシャ川の戦い[注 1]において、捕虜となるところをかろうじて逃れたという言及がある。

同じく1177年に、前リャザン公であり、ウラジーミル大公国の捕虜となっていた父のグレプが死亡すると、リャザン公国はグレプの子のうちのイーゴリ、ロマン(ru)ウラジーミルが共同統治を行うということになった。リャザン公位には長兄のロマンが就いた。1180年に兄弟間の紛争が起こったが、イーゴリは長兄のロマンの陣営に付き、ウラジーミル大公フセヴォロドの後ろ盾を得た、兄弟のウラジーミル、フセヴォロドと対立した。1186年に、ウラジーミル大公フセヴォロドの介入により、二度目の兄弟間の紛争が起きたが、この時にはウラジーミルと手を組み、プロンスク公国の援助を受けたフセヴォロド、スヴャトスラフ(ru)と争った。なお、この後ウラジーミル大公フセヴォロドは、不穏な状況にあるリャザンの公たちに、(名目上は)彼らの意志の元で、十字架への誓いのキスを強要した。

妻子[編集]

妻はキエフ大公ロスチスラフの娘アグラフェナ。子には以下の人物がいる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「コロクシャ川の戦い」はロシア語: Сражение на Колокшеの意訳による。戦闘の経過についてはru:Сражение на Колокше (1177)を、戦場についてはコロクシャ川を参照。

出典[編集]

  1. ^ Бережков Н. Г. Хронология русского летописания

参考文献[編集]