イージスガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イージスガンダム(AEGIS GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「地球連合軍」が開発した5機の試作機の1機だが、敵対国家である「プラント」の軍隊「ザフト」に強奪され、ザフトパイロットで主人公の一人である「アスラン・ザラ」の搭乗機となる。赤基調のカラーリングとトサカ状の頭部センサーユニットが特徴で、5機の中では唯一の可変MSである。「イージス」はギリシア神話に登場する防具「アイギス」に由来し、更に「ガンダム」にはバクロニムが設定されており「AEGIS General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System」とも表記される[1]

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』に登場する派生機であるロッソイージスガンダムについても解説する。

機体解説[編集]

諸元
イージスガンダム
AEGIS GUNDAM
型式番号 GAT-X303
分類 X300系[2]
高速強襲用試作MS[3]
全高 18.86m
重量 79.60t
装甲材質 フェイズシフト装甲
動力源 バッテリー[4]
武装 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
60mm高エネルギービームライフル
ビームサーベル×4
対ビームシールド
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
搭乗者 アスラン・ザラ

地球連合加盟国の1つ大西洋連邦が、オーブ連合首長国公営企業モルゲンレーテ社の技術協力を受け、オーブ管轄の資源コロニーヘリオポリス」で極秘開発した5機の試作型MS(G兵器 / 前期GAT-Xシリーズ)の1機。

本機最大の特徴は他の機体に採用されたX100番台・X200番台フレームとは根本的に構造が異なるX300番台の可変フレームを採用し、モビルアーマー (MA) への変形機能を備えている点である[5][注 1]

イージスに導入されたMA形態は高速強襲戦闘[6]、及び対艦戦[7]で力を発揮する。MA形態は対称の形状となった両手脚を進行方向に伸ばした巡航形態と、その手脚を広げ腹部に装備された580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」の使用を可能とした砲撃戦形態に分けられ、前面投影面積の少ない巡航形態[4]は推力が後方に集中し高加速が可能なため、MSでは得られない単一方向での最高速度をもたらし[8]突撃戦法に適する[4]。これによって急速接近し両手足のクローによって攻撃、または敵MSや艦船を捕捉して腹部のスキュラを零距離から発射して目標を完全に破壊する[6]。また、MS形態は近接戦闘を考慮しており、敵の攻撃を回避し戦う事にも長けている[6]

部隊運用も想定され、他の4機との連携行動における指揮官機として開発されていたため、頭部に大型の多目的センサーユニットを搭載する等、通信・分析能力がより強化されている。イージスという機体名もこれに由来している[5]

初期GAT-Xシリーズ5機の中では最高の機動性能と火力を持つものの[4]、直系の量産機や後継機は充実しているとは言い難い。これは本機の機体構造の複雑さにあり[4]、MS時における手足部分など、同シリーズ機体からのある程度の設計流用等はなされているものの[9]生産性・運用性において負担に対してメリットを挙げられなかった事に起因している[4]。ただし、強奪したザフト軍では本機の可変機構を踏襲した核エンジン及びニュートロンジャマーキャンセラー搭載型のMSリジェネレイトが開発され、戦後開発されたセカンドステージシリーズ5機は本機の影響を受けすべてに何らかの変形機構が導入されるに至っている[10]。また連合でも再建造された1機がロッソイージスとして改造を施され、ファントムペインに配備された。

武装[編集]

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
頭部額部に2門装備されている近接防御機関砲。目標の補足・追尾・射撃まで自動化され、対歩兵・ミサイル・航空兵力・車両に対して使用される[5]デュエルストライクにも同型の装備が搭載されている[6]
60mm高エネルギービームライフル
MS形態の主力装備である専用ビームライフル。イージスが得意とする強襲戦闘のため、口径はストライクやデュエルのものより大きい[11]。その威力はストライクやデュエルのものを凌駕する[6]。MA形態時と非使用時は右腰のバインダーにマウントされる。
ビームサーベル
両腕・両脚のクローを発振源とするビームサーベル。手持ち式ではなく内蔵式であるため、MA形態でも使用可能[12]。他の初期GAT-Xシリーズ搭載モデルよりも出力が高い[6]
対ビームシールド
対ビームコーティングされたシールド[12]。他の初期GAT-Xに採用されたシールドと性能差はない[8]が、MA形態時に邪魔にならないよう小型化されている[6]。非使用時及びMA形態時には左腰のバインダーにマウントされる。アニメ『機動戦士ガンダムSEED』第30話(リマスター版28話)ではスカイグラスパー2号機(トール・ケーニヒ機)へ投擲し撃墜したこともある。
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
MA形態でのみ使用可能な大口径エネルギービーム砲[6][13][注 2]。戦艦を一撃で沈めるほどの威力を持ち、イージスではMA形態においてクローで敵を捕縛し、この火器で葬り去る戦法を得意とする[12]
名前はギリシャ神話の怪物「スキュラ」に由来する。
ソノブイ
手首部に収納されている。周囲の熱源や音波を探知する[4]。アニメ『機動戦士ガンダムSEED』第24話(リマスター版第22話)作中では、遭難時に使用された。

劇中での活躍[編集]

C.E.71年1月25日、ヘリオポリスを襲撃したザフト軍のクルーゼ隊によって強奪された。以降は奪取時のパイロットであったアスラン・ザラの専用機として、同じく強奪した3機と共に地球連合軍の新型艦アークエンジェルや唯一強奪を免れたストライクガンダムと、四対一のガンダム戦を繰り広げていく。

C.E71年4月17日、オーブ近海の孤島にてストライクと激闘を繰り広げ(この戦闘では頭部と左腕を切り飛ばされている)、MA形態で組み付きその状態でスキュラでとどめを刺そうとするが発射直前にフェイズシフトダウンを起こし失敗。急遽そのままの状態でストライクを巻き添えに自爆し四散している。モルゲンレーテに回収されたストライクとは異なり、アスランがジャスティスでこの島を再訪した時(第38話)も頭部が砂浜に残されていた。

ASTRAY』のプロモーションOVAでは本機のシールドがジャンク屋組合のオークションに出品されている描写があるが、このシールドがアスランの使用していたトール機に投擲されたものと同一かは不明。劇中では「連合のMSが落としていった盾」と説明されている。

『機動戦士ガンダムSEED Re:』において大気圏内用の専用装備が登場。腹部のスキュラをMS形態でも使用可能となり、武装は大型化したビームライフルと3本のビームサーベルを追加したシールドに変更されている。このビームライフルとシールドはMA形態時での機首となり、ビームライフルはスキュラと連結された状態となる。また、左右のバインダーもレールガンの付いたウイングバインダーに換装されている。

目次に戻る

ロッソイージスガンダム[編集]

諸元
ロッソイージスガンダム
Rosso Aegis Gundam
型式番号 GAT-X303AA
装甲材質 フェイズシフト装甲
武装 60mm高エネルギービームライフル×2
ビームサーベル×4
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
搭乗者 エミリオ・ブロデリック

地球連合軍第81独立機動群「ファントムペイン」が、アクタイオン・インダストリー社を中心とした複数企業の技術協力を受け推進したエースパイロット用カスタマイズMS開発計画―通称「アクタイオン・プロジェクト」に基づき、再製造されたイージスを改修した機体[13]。パイロットはエミリオ・ブロデリック中尉。

外見上はベース機とほぼ同一に見えるが、内部機構がかなり複雑になっている。可変機構もベース機をそのまま踏襲しているが、背部に新規追加されたウイングバインダーを各部に展開させる事で、更に複数の新形態への変形が可能となっている。動力部分には核動力を組み込むための余剰スペースが存在していたことから、ネロブリッツと同様に条約違反前提に作られていることがわかる[要出典]。尚、頭部センサーは強化されている[13]

型式番号の「AA」は、「アドヴァンスト・アクセラレイション:Advanced Acceleration」の略[13]であり、機体名の「ロッソ」はイタリア語で「赤」を意味する。

武装(ロッソ)[編集]

60mm高エネルギービームライフル
ベース機と同一のビームライフル。両腕にマウントして使用することもできる[要出典]。腰のマウントが無くなったため、非使用時の扱いは不明。
ビームサーベル
ベース機と同じく、両腕・両脚に装備されたビームサーベル。ただし、クローに纏わせるような形ではなく、腕や足にビームサーベル発生器をそのまま取り付けた形になっており、クローによる物理的な打撃が出来なくなっている[要出典]
580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」
ベース機と同じく、腹部に装備されたビーム砲。ロッソイージスではMS形態での使用も可能となっている[13]

変形パターン[編集]

巡航形態
高速移動時の巡航形態。ベース機から引き継がれた形態の1つだが、大気圏内飛行も可能[14]
突撃形態
巡航形態から両手足を展開した状態で、ベース機から引き継がれた形態の1つ。更に本機では左右ウイングバインダーもアームとしての機能を持ち、計6本に増加したアームを駆使した高い格闘能力を発揮する。[要出典]
砲撃形態
胴体前面装甲を展開し、腹部のスキュラを露出させた砲戦形態。MS形態ではスキュラが使用不可となっていたベース機の欠点を解消する為に追加された新形態。同時に砲と平行配置されたウイングバインダーは、後期GAT-Xシリーズの1機であるGAT-X252 フォビドゥンの誘導プラズマ砲の技術を応用したビーム誘導装置としての機能を持ち、磁場干渉によってある程度の射線偏向を可能としている[13]
飛行形態
ウイングバインダーをジェットストライカーの様に両肩に水平配置したMS時の大気圏内飛行形態。最高速度こそ巡航形態に劣るものの、MSの汎用性を殺す事無く高い空戦能力を発揮出来る[13]
多脚形態
MS形態からウイングバインダーを第3、第4の脚部に変形させた4足形態。山岳地帯等の不整地での移動を目的とした形態[13]

劇中での活躍(ロッソ)[編集]

同僚のダナ・スニップ中尉が搭乗するネロブリッツと共に、アグニス・ブラーエ以下マーシャンの殲滅任務を受け彼等の母艦アキダリアを追撃する。ファンフェルト・リア・リンゼイデストロイを差し向け、その後ネロブリッツと共にアキダリアを攻撃した。 最終局面でターンデルタガードシェルの連携に敗れ、パイロットのエミリオはジャンク屋組合に拘束された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ X300番台に連なる機体はこの他にGAT-X370 レイダー、GAT-333 レイダー制式仕様などが存在するが、X100番台・X200番台のようにフレームには必ずしも一貫性はなく、あくまで「MA形態への可変機構を備えた機体が属するカテゴリー」と位置づけられている
  2. ^ 初期画稿段階ではMS形態での発射も予定されており、模型誌等には当時の検討用画稿も公開されていた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MGイージスガンダム』付属のデカールを参照。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、7頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  3. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年9月、35頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  4. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、52-53頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  5. ^ a b c 『1/144 HG イージスガンダム』バンダイ、2002年12月発売、組立説明書。
  6. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1』講談社、2003年2月、8-9頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.3』講談社、2003年9月9日第一版発行、12-13頁。(ISBN 4063347702)
  8. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年7月1日初版発行、94-97頁。 (ISBN 978-4-7580-1108-2)
  9. ^ 『1/100 MG イージスガンダム』バンダイ、2012年12月、取扱説明書。
  10. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、77頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  11. ^ 『テレビマガジン特別編集エクストラ機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY MOBILE SUIT FILE』 講談社、2005年5月、16-17頁。ISBN 4-06-179152-4。
  12. ^ a b c 『1/100 イージスガンダム』バンダイ、2003年2月、組立説明書。
  13. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER コンプリートガイド』メディアワークス、2006年12月、68-69頁。(ISBN 978-4840237291)
  14. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』2巻、角川書店、2007年6月、124頁。(ISBN 978-4047139329)

関連項目[編集]