イースタン・パークウェイ-ブルックリン美術館駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イースタン・パークウェイ-ブルックリン美術館駅
Eastern Parkway–Brooklyn Museum
NYCS-bull-trans-2.svg NYCS-bull-trans-3.svg NYCS-bull-trans-4.svg
ニューヨーク市地下鉄
Eastern Parkway-Brooklyn Museum IRT Eastern Parkway 7.JPG
北行ホーム
駅情報
住所 Washington Avenue & Eastern Parkway
Brooklyn, NY 11238
ブルックリン区
地区 プロスペクト・ハイツ
座標 北緯40度40分18秒 西経73度57分46秒 / 北緯40.671622度 西経73.96275度 / 40.671622; -73.96275座標: 北緯40度40分18秒 西経73度57分46秒 / 北緯40.671622度 西経73.96275度 / 40.671622; -73.96275
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTイースタン・パークウェイ線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      3 Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      4 Stops late nights only (深夜帯)
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 4線(各層 2線)
その他の情報
開業日 1920年10月10日(98年前) (1920-10-10
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)1,530,635[1]減少 3.4%
順位 301位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 グランド・アーミー・プラザ駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights 4 Stops late nights only
南側の隣駅 フランクリン・アベニュー駅: 2 Stops all times 3 Stops all times except late nights 4 Stops late nights only

イースタン・パークウェイ-ブルックリン美術館駅(イースタン・パークウェイ-ブルックリンびじゅつかんえき、英語: Eastern Parkway–Brooklyn Museum)はニューヨーク市地下鉄IRTイースタン・パークウェイ線の駅である。ブルックリン区プロスペクト・ハイツのイースタン・パークウェイとワシントン・アベニューの交差点西側、ブルックリン美術館前に位置し、2系統が終日、3系統が深夜を除く終日、4系統が深夜帯のみ停車する。

歴史[編集]

もともと、当駅の建設計画時の仮称はインスティテュート・パーク駅 (Institute Park) であった。しかし、IRTはブルックリン芸術科学院からブルックリン美術館駅に駅名を変更して駅の所在地を分かりやすくするよう請願を受けた。その結果、1920年3月3日に仮称がイースタン・パークウェイ-ブルックリン美術館駅 (Eastern Parkway-Brooklyn Museum) に変更された[2]

1920年10月10日、駅はIRTイースタン・パークウェイ線アトランティック・アベニュー-バークレイズ・センター駅 - フランクリン・アベニュー駅間でバーゲン・ストリート駅グランド・アーミー・プラザ駅と共に開業した[3]

1964年から1965年にかけてホーム有効長を1両あたり51フィート(15メートル)のIRT車10両編成に対応するために525フィート(160メートル)に延長した[4]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
B1 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
B2 相対式ホーム、右側扉が開く
北行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きグランド・アーミー・プラザ駅
NYCS-bull-trans-3.svg ハーレム-148丁目駅行き(グランド・アーミー・プラザ駅)
NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯:ウッドローン駅行き(グランド・アーミー・プラザ駅)
南行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きフランクリン・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-3.svg ニューロッツ・アベニュー駅行き(フランクリン・アベニュー駅)
NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯:ニューロッツ・アベニュー駅行き(フランクリン・アベニュー駅)
相対式ホーム、右側扉が開く
B3 北行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯以外:通過
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-4.svg 深夜帯以外:通過 →
NYCS-bull-trans-5.svg 平日:通過 →

駅は相対式ホーム2面と緩行線2線、緩行線下に走る急行線2線を有した2面4線の地下駅[5]、各ホーム南側には急行線からの緊急脱出口が接続している。駅には東と西に改札口があったが、現在は東側のみで西側は閉鎖されている。

出口[編集]

駅には東側に唯一の改札口がある[6]

  • 階段1つ、イースタン・パークウェイ南側、ブルックリン美術館前
  • 階段1つ、イースタン・パークウェイ北側、ブルックリン美術館向かい

この駅は、MTAが2020年までにADAに準拠させる予定の100駅のうちの1駅である[7]。2016-2019 キャピタル・プログラムは、この工事に向けて3220万ドルを割り当てている[8]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]