イーペル包囲戦 (1678年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イーペル包囲戦
Siège d'Ypres en 1678.jpg
戦争仏蘭戦争
年月日1678年3月18日 - 3月25日
場所スペイン領ネーデルラントイーペル
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
スペイン スペイン王国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 ルイ14世
フランス王国の旗 セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバン
スペイン フランシスコ・デ・パルド(Francisco de Pardo

イーペル包囲戦(イーペルほういせん、英語: Siege of Ypres)は仏蘭戦争中の1678年3月18日から3月25日にかけて行われた、フランス王国によるイーペルの包囲。

背景[編集]

1677年10月、イングランド王チャールズ2世の姪で王位継承権を有するメアリー・ステュアートがオラニエ公ウィレム3世と結婚、1674年まで戦争状態にあったイングランド王国ネーデルラント連邦共和国の和解を象徴した。フランス王ルイ14世はイングランドがオランダ側で再参戦することを防ぐべく、スペイン領ネーデルラントへの侵攻を決定した。

オランダ軍はナミュールへの攻撃を予想したが[1]、ルイ14世は3月9日にヘントを落とすと西に転進してイーペルへ進撃した。

包囲[編集]

3月18日、セバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバン率いるフランス軍は城塞に向けて塹壕を掘り始めた。スペインの駐留軍を率いたフランシスコ・デ・パルドはイーペルの周りを浸水させることを命じた[2]。しかし、フランス軍が深く進軍しすぎたため効果がなかった。フランス軍は高口径の大砲22門と臼砲12門で砲撃した。1週間後、塹壕掘りが進んだこともあり、ルイ14世は3月24から25日にかけての夜に攻撃することを命じた。イーペルの町はたちまち占領され、夜明けには降伏した。城塞の守備軍2,200(うち600人が負傷)も1日後に降伏した[3]

結果[編集]

4月、ヴォーバンはイーペルの防御工事の修復と近代化を進めた。この時の防御工事は現代まで残った。ユミエール公がイーペルの総督に任命された。チャールズ2世は20個連隊を徴集してオーステンデへ輸送したが、フランスへの宣戦には躊躇した。一方、仏蘭間の交渉が進み、8月10日にはナイメーヘンの和約が締結された。

脚注[編集]

  1. ^ Histoire de Louvois et de son administration politique et militaire... pp. 490, 492.
  2. ^ France historique et monumentale... p. 368.
  3. ^ Histoire de Louvois et de son administration politique et militaire... p. 493.

参考文献[編集]

  • Abel Hugo, France historique et monumentale : Histoire générale de France depuis les temps les plus reculés jusqu'à nos jours, 1843.
  • Camille Rousset, Histoire de Louvois et de son administration politique et militaire, Volume 2, 1862.
  • Luc-Normand Tellier, Face aux Colbert : les Le Tellier, Vauban, Turgot-- et l'avènement du libéralisme, Édition presse de l'université de Quebec, 1987.

座標: 北緯50度51分00秒 東経2度52分59秒 / 北緯50.8500度 東経2.8830度 / 50.8500; 2.8830