NexTone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社NexTone
NexTone Inc.
Ebisu Prime Square Tower.JPG
本社が入居する恵比寿プライムスクエアタワー
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 7094
2020年3月30日上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
恵比寿プライムスクエアタワー20階
設立 2000年9月
業種 サービス業
法人番号 5011001072766 ウィキデータを編集
事業内容 著作権管理事業
デジタルコンテンツディストリビューション事業
キャスティング・コンサルティング事業
代表者 阿南雅浩(代表取締役CEO)
荒川祐二(代表取締役COO)[1]
資本金 1,113,012,000円[1]
売上高 連結:43億4,548万1千円
単独:42億3,476万8千円
(2020年3月期)
総資産 連結:42億4,689万1千円
単独:40億7,107万4千円
(2020年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 エイベックス・ミュージック・パブリッシング 14.95%
フェイス 7.79%
アミューズ 7.79%
(2020年3月31日現在)
外部リンク https://www.nex-tone.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社NexTone(ネクストーン、英語: NexTone Inc.)は、委託によって音楽著作権を管理する企業。本社は東京都渋谷区広尾にある。主な株主は、エイベックス・ミュージック・パブリッシングフェイスアミューズなどである。

2001年著作権等管理事業法の施行をうけて、それまで日本音楽著作権協会(JASRAC)が独占していた音楽著作権管理事業に参入した。

2016年2月1日付で、ジャパン・ライツ・クリアランスと合併し、株式会社イーライセンスから株式会社NexToneに商号変更した[2]

2020年3月30日付で、東京証券取引所マザーズに上場した。

主な事業[編集]

著作権管理事業[編集]

著作権管理事業者として、コンポーザーや音楽出版社など著作権者からの委託を受け、使用の許諾、使用料の徴収・分配を行う。

デジタルコンテンツディストリビューション事業[編集]

音楽を中心としたデジタルコンテンツを国内外の配信事業者へ販売するアグリゲーションを行う。

キャスティング・コンサルティング事業[編集]

一般企業や広告代理店など、利用者からのニーズに答えた各種キャスティング業務、またあらゆる状況に応じた著作権コンサル業務、教育・研修業務も行う。

事業所[編集]

  • 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー 20F

グループ会社[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]