イーライ・マレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エリ・マレーロ
イーライ・マレーロ
Eli Marrero
基本情報
国籍  キューバ
出身地 ハバナ
生年月日 (1973-11-17) 1973年11月17日(45歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1993年 MLBドラフト3巡目
初出場 1997年9月3日
最終出場 2006年8月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリザー・マレーロ Elieser Marrero, 1973年11月17日 - )は、キューバハバナ出身(アメリカ合衆国フロリダ州育ち)の元プロ野球選手捕手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

1993年MLBドラフト3巡目(全体88位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り。

1997年9月3日にメジャーデビュー[1]。主に2番手捕手としての役割を務めていたが、2002年は外野に回って131試合で打率.262、18本塁打、66打点、14盗塁の成績を残して故障のJ.D.ドリューの穴を埋めた[2]

その後は控え外野手として5球団を渡り歩き、2007年に引退した。なお、2006年コロラド・ロッキーズからニューヨーク・メッツトレードの際の交換相手は松井稼頭央である。

家族[編集]

甥のクリスチャン・マレーロクリス・マレーロの兄弟、さらに親戚(クリスチャンとクリス兄弟の従兄弟)のデベン・マレーロもプロ野球選手。

そして息子のエリー・マレーロは2018年のMLBドラフト8巡目(全体250位)でボストン・レッドソックスから指名され[3]、プロ入りしている。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 26(1997年 - 2003年)
  • 8(2004年)
  • 11(2005年 - 同年途中)
  • 16(2005年途中 - 2006年途中)
  • 32(2006年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Chicago White Sox at St. Louis Cardinals Box Score, September 3, 1997” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年5月14日閲覧。
  2. ^ 「30球団レギュラー・シーズン回顧 セントルイス・カージナルス 適材適所の緊急補強と選手起用が奏功し2年連続V」『月刊メジャー・リーグ』 2002年11月号増刊 ベースボール・マガジン社 63頁
  3. ^ STU’S ELIH MARRERO DRAFTED IN 8TH ROUND BY BOSTON RED SOX” (英語). STUBobcats.com (2018年6月5日). 2019年5月14日閲覧。

関連項目[編集]