イーラス・ベブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イーラス・ベブ Football pictogram.svg
Ihlas-Bebou-2015-07.jpg
名前
ラテン文字 Ihlas Bebou
基本情報
国籍 トーゴの旗 トーゴ
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1994-04-23) 1994年4月23日(25歳)
出身地 アレジョ・カダラ
身長 183cm
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ホッフェンハイム
ポジション FW
背番号 9
ユース
2012-2013 ドイツの旗 デュッセルドルフ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2017 ドイツの旗 デュッセルドルフII 18 (6)
2015-2017 ドイツの旗 デュッセルドルフ 70 (11)
2017-2019 ドイツの旗 ハノーファー 42 (9)
2019- ドイツの旗 ホッフェンハイム
代表歴2
2016- トーゴの旗 トーゴ 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月30日現在。
2. 2018年7月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

イーラス・ベブIhlas Bebou1994年4月23日 - )は、トーゴ・アレジョ・カダラ出身の同国代表プロサッカー選手TSG1899ホッフェンハイム所属。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

トーゴのアレジョ・カダラで生まれ、11歳の時に家族と共にデュッセルドルフに移住。2011年よりフォルトゥナ・デュッセルドルフの下部組織でプレーを始め、2013-14シーズンからトップチームに昇格した。

2013年7月9日に開催されたグラスホッパー・クラブ・チューリッヒとの親善試合で、空中戦で競り合った際に頭蓋骨骨折と脊髄損傷の重傷を負った。一時的に右腕が麻痺したが、その後の治療で無事回復した[1][2]

2013年9月15日、ブンデスリーガ第2節のディナモ・ドレスデン戦で62分から途中出場しトップチームデビューを飾った。

2017年8月31日、ハノーファー96に移籍。

2019年5月16日、TSG1899ホッフェンハイムと2023年6月30日までの契約を締結した[3]

代表[編集]

2016年9月4日、アフリカネイションズカップ2017予選ジブチ戦でトーゴ代表デビューを飾った[4]

脚注[編集]

  1. ^ Düsseldorfer Bebou erleidet leichte Schädelfraktur. Meldung (dpa) im Portal fr-online, abgerufen am 10. November 2013
  2. ^ Moritz-Benedikt Müller: Ein Hildener auf dem Weg nach oben. Artikel vom 10. November 2013 im Portal rp-online.de, abgerufen am 10. November 2013
  3. ^ IHLAS BEBOU STÜRMT FÜR DIE TSGTSG 1899 Hoffenheim 2019年7月11日
  4. ^ Africa Cup of Nations Qualifiers 2017 Match Details”. CAF. 2017年5月18日閲覧。