イーヴィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダコタ・カイ
Dakota Kai Axxess 2018.jpg
プロフィール
リングネーム ダコタ・カイ
イーヴィー[1]
本名 チェリー・クロウリー
身長 165cm[1]
体重 60kg[2]
誕生日 (1988-05-06) 1988年5月6日(31歳)
出身地  ニュージーランド
オークランド
所属 WWENXT
トレーナー デイブ・オコナー
デビュー 2007年12月[3]
テンプレートを表示

チェリー・クロウリーCheree Crowley1988年5月6日 - )は、ニュージーランド女性プロレスラーオークランド出身。WWENXTダコタ・カイDakota Kai)のリングネームで所属。

経歴[編集]

2007年12月、地元オークランドのインパクト・プロレスリングでデビュー[3]

2011年9月、オーストラリアシドニーPWWAデビュー。ケリー・スケーターとシングルで対戦して勝利[4]

2012年8月、Britenay、Megan-Kateとのトリプルスレットマッチを制しニュージーランド女子王座獲得[5]

同月28日にはジェシー・マッケイを降しマディソン・イーグル負傷のため設けられたPWWA暫定王座獲得[6]

2012年、ケリー・スケーターと時間切れ引き分けで暫定王座防衛[7]

2013年4月6日、SHIMMERデビューでクリスティーナ・ヴォン・イーリー山縣優 カラミティ、Rhia O'Reillyとの5WAYを戦うが敗れる[8]

同月13日のSHIMMER 54でキンバー・リーを降しSHIMMER初勝利を挙げるも、翌日のSHIMMER 56でミア・イムに敗れる[9][10]

同月19日、SHINEデビューを果たすも、メルセデス・マルチネスに敗れる[11]

9月には復帰したマディソン・イーグルとのPWWA王座統一戦をトップローブ・ダブルストンプで沈め王座統一[12]

2014年ZERO1オーストラリアを通じ来日[13]。来日期間中はディアナに参戦。また、Joshi 4 Hopeにてマディソン・イーグルと組み、3G (ケリー・スケーター&中川ともか)が持つ SHIMMERタッグ王座に挑むが敗れる[14]

4月にSHIMMER 62で志田光とシングルで対戦も敗れる[15]

2015年、2度目の来日でスターダム参戦。その初戦となった12月6日に松本浩代&ケリー・スケーターと組み、アーティスト・オブ・スターダム王座を獲得[16]

2016年12月、WWEに入団[17]

得意技[編集]

TTYL[3]
ファイヤーマンズキャリーから頭上に高く持ち上げ、落下してくる相手にミドルキックを決める技。
カイロプラクター
サンセットフリップ・タブルニー・バックブリーカー
ダイビング・タブルフットスタンプ
カイロキック
ケンカキック
アックスキック
かかと落とし

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Evie” (英語). PWA Australia (2012年11月3日). 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ Roster –” (英語). Impactprowrestling.co.nz. 2014年6月13日閲覧。
  3. ^ a b c Evie –”. Impactprowrestling.co.nz. 2014年6月13日閲覧。
  4. ^ By Katelyn on September 2, 2011 (2011年9月2日). “Live Coverage from Australia: PWWA Featuring Madison Eagles, Nicole Matthews, Jessie McKay & Kellie Skater” (英語). Diva Dirt. 2014年6月13日閲覧。
  5. ^ Lee (2012年8月20日). “One down, one to go for Evie – now with video |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  6. ^ By Katelyn on August 28, 2012 (2012年8月28日). “PWWA News: Evie Wins Interim Title Tournament, New Talent Announced for October Show & More” (英語). Diva Dirt. 2014年6月13日閲覧。
  7. ^ Lee (2012年10月6日). “PWWA results – Evie v Kellie Skater III, now with thoughts from Rhi from NHB Girls |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  8. ^ SHIMMER 53 Results and Reactions (April 6): Amazing” (英語). Cageside Seats. 2014年6月13日閲覧。
  9. ^ Stew (2013年4月13日). “SHIMMER Volumes 54 & 55 DVD taping results (now updated with live thoughts and photos) |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  10. ^ Lee (2013年4月14日). “SHIMMER Volumes 56 & 57 DVD taping results (now updated with thoughts and photos) |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  11. ^ Namako, Jason (2013年4月20日). “4/19 SHINE #9 iPPV Results: Ybor City, Florida” (英語). Wrestleview.com. 2014年6月13日閲覧。
  12. ^ Lee (2013年8月3日). “PWWA Champions United results: Evie v Madison Eagles in a title unification match |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  13. ^ By Erin on December 24, 2013 (2013年12月24日). “Evie Embarking on Three-Month Tour of Japan”. Diva Dirt. 2014年6月13日閲覧。
  14. ^ Lee (2014年3月9日). “3G retain SHIMMER Tag Titles at Joshi 4 Hope V |” (英語). Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。
  15. ^ By Adrian on April 5, 2014 (2014年4月5日). “Full Results: SHIMMER 62” (英語). Diva Dirt. 2014年6月13日閲覧。
  16. ^ 2015年12月6日 GODDESSES OF STARS2015”. 株式会社スターダム. 2015年12月6日閲覧。
  17. ^ WWE Signs Kimber Lee, Heidi Lovelace, Evie & More”. 411mania.com (2016年12月15日). 2018年12月27日閲覧。
  18. ^ By Katelyn on August 19, 2012 (2012年8月19日). “Evie Becomes IPWNZ’s First Ever Women’s Champion”. Diva Dirt. 2014年6月13日閲覧。
  19. ^ Lee (2013年12月7日). “Evie regains the IPW Women’s Championship… and turns heel |”. Ringbellesonline.com. 2014年6月13日閲覧。