イー・ガーディアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
イー・ガーディアン株式会社
E-Guardian Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6050
2010年12月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー8F
設立 1998年5月12日
業種 サービス業
法人番号 2010401066249 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 高谷康久
資本金 3億6428万円
発行済株式総数 10,405,800株
売上高 連結78億45百万円(2020年9月期)
営業利益 連結13億39百万円(2020年9月期)
純利益 連結9億80百万円(2020年9月期)
純資産 連結43億27百万円(2020年9月期)
総資産 連結56億42百万円(2020年9月期)
従業員数 連結1,808人(うち臨時従業員1,429人)(2020年5月)
決算期 9月期
主要株主 高谷康久 7.74%
(2020年9月)
関係する人物 夏目三法
外部リンク https://www.e-guardian.co.jp/
テンプレートを表示

イー・ガーディアン株式会社は、東京都港区に本社を置くネット風評監視サービスを行なう会社。

会社概要[編集]

代表者名[編集]

  • 代表取締役社長 - 高谷康久[1]

本社[編集]

  • 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F[1]

資本金[編集]

  • 36,428万円(2020年3月末日現在)[1]

事業内容[編集]

関連会社[編集]

  • EGセキュアソリューションズ株式会社[1]
  • 株式会社グレスアベイル[1]
  • EGテスティングサービス株式会社[1]
  • E-Guardian Philippines Inc.[1]
  • イー・ガーディアン東北株式会社[1]
  • 株式会社ジェイピー・セキュア[1]

加盟団体[編集]

沿革[編集]

6月 - コールセンター事業開始[3]
12月 - 人材派遣事業開始[3]
3月 - 携帯電話販売事業の営業権を株式会社カムテックから取得[3]石油卸業を営む株式会社カムテックの発行済み株式の全部を取得し子会社化[3]情報システム開発を営む株式会社三太(その後社名をインターネットマネジメントシステム株式会社に変更)の発行済み株式の全部を取得し子会社[3]
4月 - 当社グループ内でインターネット掲示板における掲示板投稿監視事業開始[3]
6月 - 人材派遣業の営業権を横河キューアンドエー株式会社(現キューアンドエー株式会社)から取得[3]
9月 - 株式会社カムテックの発行済株式数の全部を譲渡[2]
10月 - 「イー・ガーディアン株式会社」に商号変更[3]
6月 - 携帯電話販売事業を株式会社菱和テレコムに売却[3]
7月 - 人材派遣事業を株式会社フジスタッフに一部売却[3]
10月 - 本社を東京都港区麻布十番一丁目2番3号に移転(旧本社を大阪センターへ)[3]
2月 - 大阪センターを大阪市北区梅田一丁目1番3号に移転[3]
9月 - 子会社であるインターネットマネジメントシステム株式会社を清算[3]
9月 - 株式会社パワーブレイン(現:EGヒューマンソリューションズ株式会社)を完全子会社化[3]
10月 - トラネル株式会社を設立[3]
4月 - HASHコンサルティング株式会社を完全子会社化(現:EGセキュアソリューションズ株式会社)[3]
9月 - 熊本県熊本市に熊本センターを開設[3]
2月 - リアル・レピュテーション・リサーチ株式会社を新設[3]
9月 - 東京証券取引所第一部に市場変更。[3]
1月 - 株式会社アイティエスを完全子会社化[3]
7月 - フィリピンにE-Guardian Philippines Inc.を設立[3]
4月 - 大阪府大阪市北区に大阪GAMELABOを開設[3]
10月 - EGヒューマンソリューションズ株式会社及びリアル・レピュテーション・リサーチ株式会社を当社が吸収合併[3]
1月 - 本社を東京都港区虎ノ門一丁目2番8号に移転[3]
8月 - 株式会社グレスアベイルを子会社化[3]
10月 - プロ麻雀リーグのMリーグ2019のスポンサー契約を結ぶ。
4月 - 広島県広島市中区に広島センターを開設[3]
4月 - 東京都新宿区西新宿に新宿サテライトを開設[3]
5月 - 新型コロナウイルス接触確認アプリ利用者サポートを受託[4]
10月 - 株式会社ジェイピー・セキュアを完全子会社化[3]

その他[編集]

実業家夏目三法の娘で元日本テレビアナウンサー、現在はフリーアナウンサー夏目三久は創業者一族であり、夏目三久自身も同社が東証マザーズに上場する直前には2万4000株(上場前保有比率1.71%)を保有していたと報道されている[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]