イ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イ族
ꆈꌠ
Yilocals.jpg
総人口
12,000,155人(2013年)
居住地域
中国11,000,858(2013年)、ラオスミャンマーベトナム 3,307(1999年)、タイ
言語
彝語
宗教
アニミズム仏教道教
関連する民族
リス族ラフ族

イ族(イぞく、彝族, 拼音: Yízú)は中国少数民族の一つ。2010年の第6次全国人口普査統計では人口は8,714,393人で、中国政府が公認する56の民族の中で7番目に多い。

名称[編集]

民族名の自称は「ノス」「ラス」「ニス」「ノポス」など様々な地域によって異なった呼び方をする。中国の古典文献に登場するこの民族の民族名は「」「烏蛮」「羅羅」「倮倮」など多様に存在し、蔑称の「夷」が通称であったのを、中華人民共和国成立以降に同じ音である「」の字に統一した。は「祭器」転じて「道徳」などを意味する雅字。「ロロ族」という呼称もあり、かつては自称であったが現在は中国側では蔑称である。「ロロ」とは、イ族自身が先祖崇拝のために持つ小さな竹編み。当て字の「玀猓」では、部首けものへんを付け加えるなど、多分に蔑視的な要素を含んでいる。但し、漢字を全廃したベトナム側では今日でも差別的な意味合いはなくロロ族(Người Lô Lô / 𠊛盧盧)と呼ばれている。

歴史[編集]

民族衣裳を纏ったイ族女性

イ族は中国西部の古羌の子孫である。古羌は、チベット族納西族羌族の先祖でもあるといわれる。イ族は南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。南詔王国を建国した烏蛮族が先祖だと言われている。

精霊信仰を行い、ビモという司祭が先導する。道教仏教の影響も多く受けている。雲南省にはイスラム教を信仰するイ族の集団もある。ただしそれらは、イスラム教を信仰するイ族なのか、イ語を話しイ族の文化に属する回族なのかは、明確には分別できない。

雲南北西部と四川に住むイ族の多くは複雑な奴隷制度をもっており[1]、人は黒イ(貴族)と白イ(平民)に分けられていた。白イと他民族(主に漢民族)は奴隷として扱われたが、白イは自分の土地を耕すことを許され、自分の奴隷を所有し、時には自由を買い取ることもあった。

また大涼山に棲むイ族にはピモの伝える歌に死後の魂が祖先のいた地へ戻る為の経路を表しているものがあり、それを遡ると長江上流へと行き着くため長江文明を築いた集団の末裔とする説も存在している。

自称[編集]

イ族には多くの自称があるが、ノス(黒イ、四川大涼山など)、二(アシ、サニなど)、ロロホ・ララポ(白イ)の三大系統に大別される。このうちノス社会は、かつて大涼山が奴隷制社会であったことや、現在でも族長(家支)が一族の強固な結束力としてあることを特徴としている。なお家支は血統を意味し、始祖から父子連名制によってつながる父系親族集団である(父子連名制)。

言語[編集]

彝語

シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派ビルマ・ロロ・ナシ語群に属するロロ諸語系の彝語を使用。ビルマ語と緊密な関係をもつ。

音声[編集]

彝語は完全な開音節言語で、すべての音節は末尾が母音で終わる。彝語の開音節性は、漢語からの借用語においても厳格に守られ、例えば日本語のように、漢語語彙や英語からの外来語では音節末尾の子音「n」が発音されるが、彝語の場合は大量に彝語に流入している漢語からの外来語の発音においても、開音節性が守られている[2]。 ここから北部方言喜徳下位方言を参考にして母音・子音・声調・アクセントについて列記していく。

  • 母音
i,ie,a,uo,o,e,u,ur,y,yrの10個の単母音のみがあり、複合母音はない[3]
これらの母音は緊喉母音と非緊喉母音に分かれる。緊喉母音とは発音時に喉から頬、唇の緊張を伴う母音である[3]
u,ur,y,yrの発音は難しく、母音単独だと音がない[3]
  • 子音
全部で43個ある[4]
有声子音と無声有気音、無声無気音の3つの音素の対立や、無声子音と有声子音の対立があり、鼻冠子音などが存在し、とても複雑で、日本人にとって区別しにくい音がたくさんある[4]
  • 声調
高平調、次高調、中平調、低降調の4つがある[5]。 
ピンイン表記の時には、音節末尾に高平調はt、次高調はx、低降調はpをつけるが、中平調にはない[5]
  • アクセント
声調のほかに、アクセントがあり、単語の意味・文法的な意味・単語と単語連続といった意味弁別などの機能を果たしている[6]

文法[編集]

語順は日本語に似ていて、主語+目的語+動詞の順に並べられる。動詞、形容詞に活用はないが、子音の交替によって、自動詞と他動詞或いは使役形が示されたり、一部の名詞や代名詞が声調の変化によって目的格を示すといった、内部屈折が認められる。人称代名詞は単数と複数のほか、双数形や引用形が存在することが特徴的である。双数形とは、人称代名詞の複数形で、2人の私たち、あなたたち、彼らと3人以上の私たち、あなたたち、彼らの異なる人称代名詞で使い分ける。引用形とは、他人の言葉を引用する際に、引用された言葉の中の一人称代名詞に、専用の人称代名詞が使われる現象である[2]

語彙[編集]

彝語の単語は豊富な接頭辞や接尾辞によって構成されるが、特徴的なのは形容詞の構造である[2]

漢語と同じくイ語にも何種類か方言がある。主に6つの大方言、その下に16の下位方言、さらに33の土語が存在している。6つの大方言間での通話はとても困難で、下位方言となるとさらに困難な場合がある。ここでは6つの大方言について列記していく。

  • 東部方言
雲南、四川、貴州、広西チワン族自治区の3省1区に分布。使用人口は約130万人で、そのうち雲南省では74万人がこの方言を話していて、雲南では最大の方言である。頭子音数は47、母音数は24、声調は3つ[7]
  • 東南部方言
雲南省昆明市東南部、玉渓東部、紅河東部、文山東武に分布。使用人口は約66万人で下位方言間の差異が大きく、各方言間での通話は困難である。頭子音数は36、母音数は14、声調は4つ[7]
  • 南部方言
昆明省昆明市南部、玉渓、楚雄州双柏県、紅河州一帯に分布。使用人口は約110万人で、下位方言間でも通話することが可能である。ベトナムやミャンマーに住むイ族もこの方言を使用しているとされている。頭子音数は35、母音数は20、声調は3つ[8]
  • 西部方言
雲南省大理、臨滄、保山、思茅等の地域に分布。使用人口は約83万人で、この地域は他の民族との雑居も多く、イ語を話さない人も多くいる。頭子音数は37、母音数は14、声調は4つ[8]

   

  • 中部方言
雲南省大理、楚雄、思茅に分布。使用人口は約56万人で、下位方言間の差異が激しい。方言使用が比較的良い状況にある[7]。頭子音数は33、母音数は15、声調は3つ[8]
  • 北部方言
使用人口は約190万人。四川省の涼山彝族自治州を中心とし、ここは漢族との接触がない地域で漢語が話せない人も多い。また1975年に規範彝文という文字が制定された。頭子音数は43、母音数は10、声調は3つ[8]

文字[編集]

彝文字(ロロ文字)と呼ばれる表音文字を持つ。

文化[編集]

生活[編集]

主な産業は農業と牧畜業である[9]。農業では主に山間部で、トウモロコシ、米、ジャガイモ、麦、ソバ、豆類などを栽培し、ヤギや豚などの家畜を飼育している。伝統的な主食はツアンパという炒ったムギ粉を水で練ったもので、チベット族の食習慣に近い[10]

  • 結婚に関しては、古くからイ族の青年少年は、イトコすなわち自分の両親の兄弟姉妹の子のうち、異性の異性の兄弟姉妹を意味する交差イトコを嫁の候補とする習慣を持っていた。イ族社会において、母親の兄弟は必ず別の氏族であり、同様に父親の姉妹は、他の氏族に嫁ぐのが原則となっていた。そのため、血族の中でも交差イトコは他人とみなされたのである。これに対して、親の同姓の兄弟姉妹同士の平行イトコ婚は厳しく禁じられていた。つまり、平行イトコ婚は、同じ氏族間の結婚と考えられていたからである[10]

近年では出稼ぎのために麗江市などの都会に出る者もいる。

葬式[編集]

葬式に関しても、ナシ族プミ族と同様、伝統的には火葬の習慣を持っていた。この習慣は、高原に居住する遊牧民の世界観につながるもので、イ族の出自を考えるうえで参考になるものといえよう。しかし、前近代の世界において火葬を行えるのは、強大な火力を得るために燃料を十分に使用できる豊かな身分に限られ、そうでない人々は、鳥葬もしくは土葬を行った。

祭祀[編集]

火祭り
  • 宗教儀式
アシ集団に見られる密枝(ミジ)と呼ばれる親睦を崇拝する神樹信仰や、祖先祭祀がある。
シャーマンは豊作をを使った儀式を行う。
  • 火祭り
イ族の最大祭りであり、毎年の旧暦6月24日~6月26日行う。火把節と呼ばれる。火把節は豊作を祈る祝祭で、歌垣も行われる[10]

相撲[編集]

独自の相撲があり、相撲は彝語でバアジと言い、土俵は無く、地方によって相撲の取り方も違い、ある地方は相手を地面に倒したら勝ちで、ある地方は肩と頭先に地を触れたら勝ち。

競馬[編集]

イ族には、独自の競馬があり、競馬をイ語でムジと言う。

自治区域[編集]

四川省[編集]

雲南省[編集]

貴州省[編集]

著名人[編集]

  • 竜雲 - 中華民国中華人民共和国軍人政治家。中華民国時期の滇軍(雲南軍、雲南派)の指導者の1人。国民政府期の雲南省政府主席である
  • 盧漢 - 中華民国、中華人民共和国の軍人・政治家。滇軍(雲南軍、雲南派)の指導者の1人。国共内戦期に雲南省政府主席を務めた
  • 張沖 - 中華民国の軍人、中華人民共和国の雲南省政府副主席を務めた
  • 吉狄馬加-政治家、現代詩人
  • 曲煥章 - 医薬学者
  • 莫西子詩 - イ族男性歌手。
  • 何潔 - 中国の女性歌手

脚注[編集]

  1. ^ 曾昭掄 訳 八巻佳子 『中国大涼山イ族区横断記』 築地書館 1982年 1958年に奴隷制を廃止したとする。
  2. ^ a b c 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、14頁。
  3. ^ a b c 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、72頁。
  4. ^ a b 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、73頁。
  5. ^ a b 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、76頁。
  6. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一『言語学大辞典 世界言語編』4、三省堂(原著1992年)、初版、1103頁。ISBN 4385152128。
  7. ^ a b c 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、15頁。
  8. ^ a b c d 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、16頁。
  9. ^ 福田和展『涼山彝族の言語と文字』三重大学出版会(原著2011年11月25日)、初版、1頁。
  10. ^ a b c 田畑久夫、金丸良子、新免康、松岡正子『中国少数民族事典』東京堂出版(原著2001年9月28日)、初版、142頁。

参考文献[編集]

番組[編集]

関連項目[編集]