ウィアー・ア・ウィナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィアー・ア・ウィナー
インプレッションズシングル
初出アルバム『We're a Winner
B面 イッツ・オール・オーヴァー
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 シカゴ、RCAビクター・スタジオ、ユニヴァーサル・スタジオ(1967年)
ジャンル ソウル
時間
レーベル ABCレコード
作詞・作曲 カーティス・メイフィールド
プロデュース ジョニー・ペイト
チャート最高順位
インプレッションズ シングル 年表
You Ought to Be in Heaven
(1967年)
ウィアー・ア・ウィナー
(1967年)
We're Rolling On" (Part 1)
(1967年)
ミュージックビデオ
「We're a Winner」 - YouTube
テンプレートを表示

ウィアー・ア・ウィナー」(We're a Winner)は、インプレッションズ1967年に発表した楽曲。

概要[編集]

作詞作曲はカーティス・メイフィールド。グループはシカゴのRCAビクター・スタジオおよびユニヴァーサル・スタジオにおいて、聴衆と共にレコーディングを行った(歓声がオーバーダビングによるものか否かは不明)。1967年12月11日、シングルA面曲として発売された[1]。B面は「It's All Over」。プロデュース、編曲、指揮はジョニー・ペイトが務めた[2]。翌1968年にアルバム『We're a Winner』に収録された。

メイフィールドは「君らの出自がどこかなんて俺は気にしない」と歌い、「前進あるのみ/君らのリーダーたちもそう言っているだろ」と聴く者を煽る。1968年2月24日付のビルボード・Hot 100で14位を記録し[3]、同年3月9日付のR&Bチャートで1位を記録した[4]。本作品が大ヒットしたことにより、ソウル・ミュージックの分野にも社会的メッセージを含んだ楽曲が数多く現れるようになった。ジェームズ・ブラウンは同年8月に「Say It Loud – I'm Black and I'm Proud」を発表し、スライ&ザ・ファミリー・ストーンは11月に「エヴリデイ・ピープル」を発表した。

メイフィールドが1971年5月に発表したソロ・ライブ・アルバム『Curtis/Live!』にも収録されている。

演奏者[編集]

  • カーティス・メイフィールド - リード・ボーカル
  • サム・グッデン - バッキング・ボーカル
  • フレッド・キャッシュ - バッキング・ボーカル
  • フィル・アップチャーチ - ギター
  • レニー・ブラウン - ベース
  • ビリー・グリフィン - ドラムズ
  • 管楽器奏者- 不詳

脚注[編集]


先代:
テンプテーションズ
「雨に願いを」
Hot Rhythm & Blues Singles ナンバーワンシングル
1968年3月9日(1週)
次代:
オーティス・レディング
ドック・オブ・ベイ