ウィスパー (生理用品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィスパー (Whisper) とは、アメリカ合衆国の企業で世界最大の一般消費財メーカーであるプロクター・アンド・ギャンブル社(略称:P&G)が製造・販売している生理用ナプキンのブランド。商品名の由来は英語の「Whisper」(日本語で「ささやく」の意味)。

日本では1986年から販売していたが、2018年3月に終了した[1]。なお、海外では引き続き販売している。

商品の特徴[編集]

ウィスパーには以下のものが装備されていた。

  • ドライメッシュシート - 6年がかりで開発した特殊メッシュ構造のシート。じょうご状の無数の小さな穴から、経血をすばやく下の吸収層にひきこみ、表面をさらっとドライに保つ。また、全面粘着テープを採用し、もれの原因となるズレを防ぐ工夫も施されている。
  • 高分子吸収体 - 分子の中に水を取り込み、一度吸収した水を離さない特徴をもつ吸収材。経血をしっかり吸収する。「ウィスパー 超すっきりスリム」や「ウィスパー さらふわスリム」などスリムタリプのナプキンに使用されている。
  • シームライン - ナプキンの中央にある折れ線のこと。体形にフィットして、モレ防止をサポートしている。
  • 羽 - ショーツをサイドから包み込んで横モレを防止する。また、ナプキンがよりショーツによりしっかり固定してモレを防止するように工夫された「Xウィング」という羽を使ったナプキンもある。1987年に発売した「ウィスパープラス」から標準装備された。
  • 立ち上がりギャザー&立体カーブ構造 - 「ウィスパー 立体カーブ」などのカーブタイプのナプキンに装備されている。ナプキンの両サイドを立体ギャザーにすることにより、体のカーブに沿って隙間ができにくくフィットし、横モレを堰き止めて防ぐよう工夫されている。
  • バックガード - 一部の夜用のナプキンに装備されている。ナプキンの後ろがサイドに広がり、尻をすっぽり包みこんで、後ろからのモレを防ぐように工夫されている。

製品ラインナップ[編集]

生理用ナプキン[編集]

  • ウィスパー コスモ吸収 - 液体由来の新素材「ラクトフレックス」を採用している。女性が生理用ナプキンに求める「不安のない高い吸収力」「フィット感」「快適さ」という3大ニーズを同時に満たした新タイプのナプキン。
  • ウィスパー ピュアはだ - 気になる臭いまで吸収。ふわふわなトップシートでデリケートな日も快適なナプキン。
  • ウィスパー 超すっきりスリム - つけている事を感じさせない程、すっきりしたタイプのナプキン。その日にあわせて、ナプキンを選べる。
  • ウィスパー さらふわスリム - 空気をたっぷり含んで、つけ心地が柔らかい「さらふわエアリーシート」を採用したナプキン。ナプキンにタンポポ柄がプリントされている。
  • ウィスパー やわらか&しっかり吸収 - 肌に貼りつき感を感じさせない「やわらかトップシート」でしっかり吸収するナプキン。
  • ウィスパー 超朝までガード - 「幅広吸収バックガード」を採用。製品のプレスラインが横モレ・後ろモレを防ぐ。
  • ウィスパー 立体カーブ - 体の丸みにフィットする「立体カーブ構造」で、横モレを徹底的にブロックするナプキン。

パンティライナー[編集]

  • ウィスパー さらふわライナー - コットンのように柔らかい肌触りのパンティライナー。

CM[編集]

日本発売初年度の1986年から1990年代後半までは、黒い背景に文化人の女性たちがウィスパーの特徴を語るCMが話題となった。その後、2000年代に入ると一転して、有名タレントを起用し、明るい感じのCMを制作している。

CM出演者[編集]

脚注[編集]