ウィチタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウィチタ市
City of Wichita
ウィチタ市内
ウィチタ市内
ウィチタ市の市旗
市旗
愛称 : The Air Capital Of The World
位置
左:セジウィック郡内のウィチタの位置 右:カンザス州内のセジウィック郡の位置の位置図
左:セジウィック郡内のウィチタの位置
右:カンザス州内のセジウィック郡の位置
座標 : 北緯37度41分20秒 西経97度20分10秒 / 北緯37.68889度 西経97.33611度 / 37.68889; -97.33611
歴史
市制 1870年7月21日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  カンザス州の旗 カンザス州
  セジウィック郡
 市 ウィチタ市
市長 カール・ブリュワー
地理
面積  
  市域 359.8 km2 (138.9 mi2)
    陸上   351.6 km2 (135.8 mi2)
    水面   8.2 km2 (3.2 mi2)
      水面面積比率     2.28%
標高 396 m (1,299 ft)
人口
人口 (2006年現在)
  市域 361,420人
その他
等時帯 中部標準時 (UTC-6)
夏時間 中部夏時間 (UTC-5)
ZIP Codes 67201-67221, 67223, 67226-67228, 67230, 67232, 67235, 67260, 67275-67278
市外局番 316
公式ウェブサイト : www.wichita.gov

ウィチタWichita)は、アメリカ合衆国カンザス州にある都市。同州最大の都市。鉄道や幹線道路などがあり、古くから交通の要所として栄えた。また、家畜農産物の集散地として発展し、食品加工工場が多い。その他の特徴的な産業として、航空機で特に民間向け小型航空機の製造が盛んである。油井があり、原油も産出する。

地理[編集]

ウィチタは北緯37度41分20秒、西経97度20分10秒 (37.688848, -97.336226)[1]に位置している。アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積359.8平方キロメートル(138.9平方マイル)である。このうち351.6平方キロメートル(135.8平方マイル)が陸地で8.2平方キロメートル(3.2平方マイル)が水地域である。総面積の2.28パーセントが水地域となっている。

人口動勢[編集]

2000年現在の国勢調査[2]で、この都市は人口344,284人、139,087世帯、及び87,763家族が暮らしている。人口密度は979.2平方キロメートル(2,536.1平方マイル)である。432.7平方キロメートル(1,120.6平方マイル)の平均的な密度に152,119軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人75.20%、アフリカン・アメリカン11.42%、先住民1.16%、アジア3.96%、太平洋諸島系0.06%、その他の人種5.10%、及び混血3.10%である。ここの人口の9.62%はヒスパニックまたはラテン系である。

139,087世帯のうち32.1パーセントが18歳未満の子供と一緒に生活しており、47.3パーセントは結婚して共に生活している。11.6パーセントは未婚の女性が世帯主であり、36.9パーセントは結婚していない。31.2パーセントは1人以上の独身の居住者が住んでおり、9.3パーセントは65歳以上で独身である。1世帯の平均人数は2.44人であり、結婚している家庭の場合は3.10人である。

この都市内の住民は27.1パーセントが18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が10.1パーセント、25歳以上44歳以下が30.7パーセント、45歳以上64歳以下が20.2パーセント、及び65歳以上が11.9パーセントに渡っている。中央値年齢は33歳で、女性100人ごとに対して男性は97.1人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は94.6人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は39,939米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は49,247米ドルである。男性は36,457米ドルに対して女性は25,844米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入は20,647米ドルである。人口の11.2パーセント及び家族の8.4パーセントは貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の14.4パーセント及び65歳以上の7.6パーセントは貧困線以下の生活を送っている。

ウィチタと航空機産業[編集]

20世紀にクライド・セスナやウオルター・ビーチなどの航空機界のパイオニア達は、ウィチタが「世界における空の都」として確立することにつながる事業を始めた。ステアマン・エアクラフトセスナ社、ムーニー社及びホーカー・ビーチクラフト社などの航空機製造会社は全て1920年代後半から1930年代前半にウィチタで設立された。セスナ社とホーカー・ビーチクラフト社は今日もウィチタに本社に残しており、リアジェット社とスピリット・エアロ・システムズ社と共に、そしてエアバス社とボーイング社の両方がウィチタで従業員を雇用している。

文化[編集]

ウィチタはこの地域一帯の文化・メディアの中心である。

美術[編集]

ウィチタにはいくつかの美術館があるが、その中でも最大のものはウィチタ美術館である。所蔵品はアメリカのプレートプレーンズ地区の作品を中心に、8,000点を誇る[3]

姉妹都市[編集]

ウィチタは全米国際姉妹都市協会によって指定された、5つの姉妹都市と提携している。

ウィチタ出身の著名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990, United States Census Bureau, (2011-02-12), http://www.census.gov/geo/www/gazetteer/gazette.html 2011年4月23日閲覧。 
  2. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, http://factfinder.census.gov 2008年1月31日閲覧。 
  3. ^ skyticketカンザス州ウィチタ観光8選スカイチケット 2019年2月19日更新 2020年2月4日閲覧