ウィメンズセブンズシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィメンズセブンズシリーズ
Womens Sevens 2019f1.jpg
太陽生命ウィメンズセブンズ2019
(秩父宮ラグビー場 2019年5月19日撮影)
開始年 2014
主催 日本ラグビーフットボール協会
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 ながとブルーエンジェルス(初)
最多優勝 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA(3回)
サイト 7人制ラグビー公式サイト
テンプレートを表示

ウィメンスセブンズシリーズWOMEN'S SEVENS SERIES)は、2014年より開催されている女子7人制ラグビー大会である。

初年度より太陽生命保険の特別協賛(冠パートナー)により『太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ』の名称で開催されている。

概要[編集]

7人制ラグビーがオリンピック競技に加わる2016年リオデジャネイロオリンピック、続く2020年東京オリンピックへ向けた強化策として、IRB女子セブンズワールドシリーズを参考に、国内初のサーキット形式による7人制ラグビー大会を創設したものである。

初年度(2014年度)は年間3大会を開催し、翌2015年度以降は、年間4大会開催されている。

参加チーム(2019年度)[編集]

2018年度の順位順。

試合方式[編集]

各大会ごとに2日間で開催し、初日に予選プール、2日目に決勝トーナメントを開催する[1]

  • 初日の予選プールは12チームを4チームずつの3プールに分け、プールごとに1回戦総当たり(各チーム3試合ずつ)を戦う。延長戦は行わず、試合結果ごとに「勝ち:3点 引き分け:2点、負け:1点、棄権:0」の勝ち点を与え、プール内の順位を決定する(勝ち点が同じ場合は「当該チーム間の対戦成績→全試合の得失点差→全試合のトライ数と被トライ数の差→全試合の総督点数→全試合のトライ数→コイントス」で順位を決定)。
  • 2日目は各プールの上位2チームと各プールの3位チームのうち上位2チームの8チームが決勝トーナメントに出場。残る4チームがチャレンジトロフィー(9-12位決定戦)を戦う。前後半終了時点で同点の場合はサドンデス方式の延長戦(5分ピリオドを得点が入るまで繰り返し)を行う。

大会ごとに順位に応じた以下のシリーズポイントを付与し、シリーズポイントを最も獲得したチームが年間優勝となる。

  • 優勝:20ポイント
  • 準優勝:18ポイント
  • 3位:16ポイント(以下、8位まで2ポイントずつ減算)
  • 9位:4ポイント、10位:3ポイント、11位:2ポイント、12位:1ポイント

開催記録[編集]

2014年
  • 第1戦 龍ケ崎大会(5月17・18日:流通経済大学龍ケ崎キャンパスラグビー場) 優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
  • 第2戦 札幌大会(6月14・15日:北海道バーバリアンズクラブ定山渓グラウンド) 優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
  • 第3戦 横浜大会(7月19・20日:YC&ACグラウンド)優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

※総合優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA(上記3大会すべて優勝)

2015年

※総合優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

2016年
  • 第1戦 保土ヶ谷大会(4月23・24日:神奈川県立保土ケ谷公園ラグビー場) 優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
  • 第2戦 秋田大会(5月14・15日:あきぎんスタジアム)優勝:日本体育大学ラグビー部女子
  • 第3戦 東京大会(6月4・5日:秩父宮ラグビー場) 優勝:Rugirl-7
  • 第4戦 富士山裾野御殿場大会(6月11・12日:裾野市運動公園陸上競技場) 優勝:日本体育大学ラグビー部女子

※総合優勝:日本体育大学ラグビー部女子

2017年
  • 第1戦 秋田大会(5月13・14日:あきぎんスタジアム)優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
  • 第2戦 東京大会(5月20・21日:秩父宮ラグビー場)優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
  • 第3戦 保土ヶ谷大会(10月28・29日:神奈川県立保土ケ谷公園ラグビー場) 優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA、日本体育大学ラグビー
  • 第4戦 富士山裾野御殿場大会(11月11・12日:裾野市運動公園陸上競技場) 優勝:MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS

※総合優勝:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA

2018年
  • 第1戦 東京大会(4月29・30日:秩父宮ラグビー場)優勝:日本体育大学ラグビー部女子
  • 第2戦 秋田大会(5月26・27日:あきぎんスタジアム)優勝:MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS
  • 第3戦 富士山裾野御殿場大会(9月8・9日:裾野市運動公園陸上競技場)優勝:MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS[2]
  • 第4戦 鈴鹿大会(10月13・14日:三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場)優勝:日本体育大学ラグビー部女子[3]

※総合優勝:日本体育大学ラグビー部女子

2019年
  • 第1戦 秋田大会(4月28・29日:あきぎんスタジアム)優勝:ながとブルーエンジェルス
  • 第2戦 東京大会(5月18・19日:秩父宮ラグビー場)優勝:MIE WOMEN'S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS
  • 第3戦 鈴鹿大会(6月8・9日:三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場)優勝:ながとブルーエンジェルス
  • 第4戦 富士山裾野御殿場大会(6月29・30日:裾野市運動公園陸上競技場)決勝トーナメント雨天中止

※総合優勝:ながとブルーエンジェルス

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]