ウィリアムス・ニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアムス・ニカ
Nyika Williams
Nyika Williams 2016.jpg
秋田ノーザンハピネッツ  No.28
ポジション C
背番号 28
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 111kg (245 lb)
基本情報
ラテン文字 Nyika Williams
誕生日 (1987-07-09) 1987年7月9日(32歳)
日本の旗 日本
出身地 セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン キングスタウン
ドラフト  
選手経歴
2011-2012
2012
2012-2013
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2016-2017
2017-2018
2018
2018-2019
2019-
高松ファイブアローズ
群馬クレインサンダーズ
埼玉ブロンコス
J. S.Kairouan
埼玉ブロンコス
広島ドラゴンフライズ
香川ファイブアローズ
愛媛オレンジバイキングス
秋田ノーザンハピネッツ
福島ファイヤーボンズ
秋田ノーザンハピネッツ
受賞歴
  • B2フィールドゴール率王 (2017-18)
代表歴
キャップ セントビンセント・グレナディーンの旗 セントビンセント・グレナディーン 2014. 2015

ウィリアムス・ニカNyika Williams1987年7月9日-)は、セントビンセント・グレナディーン出身のプロバスケットボール選手。ポジションはセンター。元セントビンセント・グレナディーン男子バスケットボール代表

来歴[編集]

セントビンセント島にあるセントビンセント・グレナディーンの首都・キングスタウンで生まれて17歳までを過ごした後、兄を頼って米国に渡り、ニューヨークMonsignor McClancy Memorial高校英語版に進学。カンザス州バートンコミュニティ大学英語版在籍時の2008-09シーズンはカンザス・ジェイホーク・コミュニティ・カレッジ・カンファレンス英語版ウエストディヴィジョン優勝に貢献して、カンファレンスのMVPとオールカンファレンスチーム、ナショナル・ジュニア・カレッジ・アスレティック・アソシエーション英語版のサードチームに選出された。その後2009年から2011年にかけてはNCAAパシフィック大学に在籍し、2シーズンで66試合に出場した[1][2][3]。同大学で、元富山のサム・ウィラードと一緒にプレーをした。

大学卒業後にプロ選手となり2011年8月に日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)の高松ファイブアローズと契約。2011-12シーズンは50試合に出場し、2012年3月31日の信州ブレイブウォリアーズ戦でシーズンハイの32得点15リバウンドを記録。シーズン1試合平均は13.2得点、8.1リバウンドで、フィールドゴール成功率55.4パーセントはリーグランキング4位、1試合平均ダンクシュート成功本数1.1本(トータル55本)はランキング6位だった[4]。高松在籍時の登録名はニカ・ウィリアムス。

2012年9月、新規参入チームの群馬クレインサンダーズと契約[5]2012-13シーズン途中の11月30日、埼玉ブロンコスに移籍[6]。埼玉移籍後は40試合に出場し、1試合平均13.5得点、12.2リバウンド。シーズン合算では10.58リバウンドでリーグ9位に入った。

2013-14シーズンはチュニジアJSケルアンと契約[7]

2014-15シーズン、bjリーグ開幕後の11月15日に埼玉ブロンコスに再び加入した[8]。34試合に出場し、1試合平均のリバウンド数(9位)、ブロックショット数(7位)、フィールドゴール成功率(6位)、ダンク成功本数(3位)の4部門でリーグトップ10入りした。

2015-16シーズンはNBLの広島ドラゴンフライズに移籍し、53試合に出場した。

bjリーグとNBLが統合してBリーグが発足した2016-17シーズンは2011-12シーズン以来5シーズンぶりにB2の香川ファイブアローズ(旧高松)に復帰し、57試合に出場した。

2017-18シーズンは、愛媛オレンジバイキングスに移籍した。 フィールドゴール率B2トップとなる。

2018-19シーズン、秋田ノーザンハピネッツに移籍、前田顕蔵コーチと再合流した。日本国籍取得予定である。[9]新入団会見では、「日本が大好きです。全力を出してポジティブなエナジーを与えたい。得点もリバウンドも1試合平均2桁を狙う。いままでのチームでやってきたバスケとは違い、新鮮な気持ち。多くの勝利分かち合えるよう頑張りたい。」と英語で述べた[10]

同年12月21日、福島ファイヤーボンズへ期限付移籍した。

2019年4月19日、帰化申請が認められ、官報に告示された。

同年6月、 2019年度バスケットボール男子日本代表チーム第2次強化合宿のメンバーに選ばれた。[11]

同年7月には第41回ウィリアム・ジョーンズカップ日本代表に選ばれ、[12]8試合に出場した。[13]

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2011-12 高松 50 24 24.3 .554 --- .635 8.1 0.5 1.1 0.9 2.0 13.2
bjリーグ 2012-13 群馬 15 10 21.2 .443 --- .632 6.3 0.7 0.8 0.5 2.3 9.6
bjリーグ 2012-13 埼玉 40 28.2 .563 .000 .623 12.2 1.2 1.4 0.6 2.2 13.5
bjリーグ 2014-15 埼玉 34 28.2 .571 .000 .644 9.7 1.4 1.5 1.2 3.3 16.4
NBL 2015-16 広島 53 3 14.4 .567 .000 .584 4.4 0.4 0.6 0.5 1.1 7.0
B2 2016-17 香川 57 2 13.7 .506 .000 .504 4.5 0.5 0.5 0.8 1.4 6.6
B2 2017-18 愛媛 54 36 19.9 .626 .000 .543 7.1 0.7 0.9 0.8 2.0 13.8
B1 2018-19 秋田 2 1 21.0 .500 .000 .556 4.5 1.0 0.0 0.5 2.0 13.5
B2 2018-19 福島 12 12 27.1 .571 .000 .592 7.5 1.2 1.2 0.7 2.8 18.3

脚注[編集]

  1. ^ Saint Vincent and the Grenadines : Nyika Williams
  2. ^ Player stats”. NCAA Basketball. 2013年3月5日閲覧。
  3. ^ Nyika Williams - Pacific
  4. ^ ウィリアムスが個人2部門入賞”. 四国新聞. 2013年3月5日閲覧。
  5. ^ ニカ・ウィリアムズ選手 選手契約基本合意のお知らせ”. 群馬クレインサンダーズ. 2013年3月5日閲覧。
  6. ^ 選手契約締結のお知らせ”. 埼玉ブロンコス. 2013年3月5日閲覧。
  7. ^ Nyika Williams (ex Saitama Bron.) is a newcomer at JS Kairouan
  8. ^ 選手契約基本合意のお知らせ”. 埼玉ブロンコス. 2014年11月15日閲覧。
  9. ^ Akita Northern Happinets (2018年7月12日). “【新入団】ニカ・ウィリアムス 選手 契約合意のお知らせ”. 2018年7月14日閲覧。
  10. ^ 日刊スポーツ (2018年8月29日). “秋田に7人新加入“カナノウ旋風”に続きCS進出だ”. 2018年8月29日閲覧。
  11. ^ 【ウィリアムス・ニカ選手】2019年度男子日本代表チーム第2次強化合宿参加メンバー選出のお知らせ” (日本語). 秋田ノーザンハピネッツ. 2019年7月3日閲覧。
  12. ^ 【ウィリアムス・ニカ選手】第41回ウィリアム・ジョーンズカップ2019男子日本代表選出のお知らせ” (日本語). 秋田ノーザンハピネッツ. 2019年7月22日閲覧。
  13. ^ William Jones Cup - 威廉·瓊斯盃國際籃球邀請賽” (英語). jonescup.meetagile.com. 2019年7月22日閲覧。

関連項目[編集]