ウィリアムズバーグ橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアムズバーグ橋
Above Williamsburg Bridge crop.jpg
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地

ニューヨーク市
マンハッタン区ロウアー・イースト・サイド - ブルックリン区ウィリアムズバーグ英語版

交差物件 イースト川
用途 鉄道道路併用橋
管理者 ニューヨーク市運輸局
設計者 ヘンリー・ホーンボステル(Henry Hornbostel
レファート・L・バック(Leffert L. Buck
開通 1903年12月9日
座標 北緯40度42分47秒 西経73度58分12秒 / 北緯40.713度 西経73.97度 / 40.713; -73.97座標: 北緯40度42分47秒 西経73度58分12秒 / 北緯40.713度 西経73.97度 / 40.713; -73.97
構造諸元
形式 吊り橋およびトラス橋
36 m
桁下高 41 m
最大支間長 490 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
橋の位置

ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)とは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にある、イースト川の上に架かっている吊り橋マンハッタン区ロウアー・イースト・サイドブルックリン区ウィリアムズバーグ英語版を結ぶ。

概要[編集]

  • 1896年に工事が開始され、1903年12月19日に開通。
  • スパンは約488m。開通当時はブルックリン橋を抜いて世界一長い吊り橋だったが、1924年にベアー・マウンテン・ブリッジに抜かれる。
  • 全長は約2,227m。
  • 下流にはマンハッタン橋がある。
  • 自動車列車の両方を通す鉄道道路併用橋である。こうした吊り橋は、ニューヨーク市ではこの橋とマンハッタン橋だけ。
  • 自動車道は8車線、ニューヨーク市地下鉄は複線。
  • マンハッタン島とロングアイランドを結ぶ他の橋と同様に、歩道と自転車道がある。
  • マンハッタン側はデランシー・ストリートと、ブルックリン側はブロードウェイ英語版と接続する。
  • 橋に深刻な腐食や割れ、ケーブルの素線断線が見つかり、点検のため1988年4月11日に橋が全面閉鎖された。点検の結果、架替えも検討されたほどの老朽化だったが、費用が割安の修繕が選択された[1]。その後1990年代から2000年代にかけて大規模な修繕工事が行われた[2]
  • 2008年の日平均通行量は106,783台[3]

軌道系交通[編集]

現在も走るニューヨーク市地下鉄BMTナッソー・ストリート線およびBMTジャマイカ線に加え、かつてはこの橋の上を路面電車が走っていた。

橋上の線路
ウィリアムズバーグ橋

南側二路線はブルックリンからマンハッタンへ向かう以下の路面電車が走っていた[4]

  • ウィリアムズバーグ橋緩行線英語版、1904年–1948年
  • ノストランド・アベニュー線英語版、1904年–1923年および1931年–1948年
  • ラルフ・アベニュー線英語版、1905年-1908年、ラルフ・アンド・ロッカウェイ・アベニュース線英語版、1908年–1923年および1931年–1948年
  • トンプキンズ・アベニュー線英語版、1906年–1923年および1931年–1947年
  • レイド・アベニュー線英語版、1904年–1923年および1931年–1937年
  • ブロードウェイ線英語版、1904年–1923年
  • フランクリン・アベニュー線英語版、1904年–1923年
  • グランド・ストリート線英語版、1904年–1923年
  • サムナー・ストリート線英語版、1904年–1923年
  • ウィルソン・アベニュー線英語版、1904年–1923年
  • ブッシュウィック・アベニュー線英語版、1904年–1921年
  • ノストランド-カルバー線英語版およびノストランド-プロスペクト線英語版、1906年–1919年

北側二路線はマンハッタンからブルックリンへ向かう以下の路面電車が走っていた。

  • グランド・ストリート線英語版、1904年–1932年
  • ポストオフィス線英語版、1919年-1932年
  • 7番街-ブルックリン線英語版、1911年-1919年
  • 8丁目クロスタウン線英語版、1904年–1911年
  • 14丁目-ウィリアムズバーグ橋線英語版、1904年–1911年
  • 4番街・ウィリアムズバーグ線英語版、1904年–1911年

この橋の中央を走る地下鉄路線は元々ブルックリン・ラピッド・トランジットによって運営されていた。現在はニューヨーク市地下鉄のJMZ各系統が以下の時間帯で運行している。

  運行時間帯
NYCS-bull-trans-J.svg 終日
NYCS-bull-trans-M.svg 深夜以外
NYCS-bull-trans-Z.svg ラッシュ時の混雑方向のみ[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Koch Plans To Rebuild Rusted Bridge”. ニューヨーク・タイムズ. (1988年6月9日). https://www.nytimes.com/1988/06/09/nyregion/koch-plans-to-rebuild-rusted-bridge.html 2019年7月13日閲覧。 
  2. ^ “Metro Briefing | New York: Manhattan: Bridge Lanes To Reopen”. ニューヨーク・タイムズ. (2002年6月11日). https://www.nytimes.com/2002/06/11/nyregion/metro-briefing-new-york-manhattan-bridge-lanes-to-reopen.html 2019年7月13日閲覧。 
  3. ^ New York City Bridge Traffic Volumes 2008 (PDF)”. New York City Department of Transportation. p. 63 (2010年3月). 2010年7月10日閲覧。
  4. ^ Brennan, Joseph. “Williamsburg Bridge Railway Terminal”. 2010年2月27日閲覧。
  5. ^ 朝のマンハッタン方面行きと、夕方のブルックリン方面行きを指す