ウィリアム・オンズロー (第4代オンズロー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第4代オンズロー伯爵ウィリアム・オンズローの写真
第4代オンズロー伯爵ウィリアム・オンズローの肖像画

第4代オンズロー伯爵ウィリアム・ヒラー・オンズロー: William Hillier Onslow, 4th Earl of Onslow, GCMG, PC1853年3月7日 - 1911年10月23日)は、イギリスの貴族、政治家。

経歴[編集]

1853年3月7日、ジョージ・オンズロー(第2代オンズロー伯爵トマス・オンズロー英語版の孫)とメアリー(旧姓ロフタス)の間の息子としてイングランド・ハンプシャーオールド・アルレスフォード英語版に生まれる[1]

イートン校を卒業[1]。在学中の1870年10月24日に大伯父の死により第4代オンズロー伯爵位を継承した[2]。その後、オックスフォード大学エクセター・カレッジ英語版へ進学した[1]

保守党貴族院議員として1880年と1886年から1887年にかけて侍従たる議員英語版を務めた。1887年から188年まで植民地省政務次官英語版、1888年には通商庁政務次官英語版、1889年から1892年にかけてニュージーランド総督兼最高司令官(Governor General and Commander-in-Chief of New Zealand)、1895年から1900年までインド担当省政務次官英語版、1900年から1903年にかけて植民地省政務次官、1903年から1905年にかけて農業庁長官英語版を務めた[1][2]。1903年に農業庁長官に就任した際に枢密顧問官に列した[3]

1895年から1911年にかけてはフリーメイソンのイングランド・連合グランドロッジのサリー州におけるグランドマスター代理を務めた[2]。1905年から1911年にかけては貴族院の委員会の議長を務めた[2]

1911年10月23日ロンドンで死去した[1]。爵位は長男のリチャード英語版が継承した[2]

栄典[編集]

爵位/準男爵位[編集]

1870年10月24日に大伯父アーサー・オンズロー英語版以下の5つの爵位・準男爵位を継承した[2][1]

  • シュロップシャー州におけるオンズローの第4代オンズロー伯爵
    (4th Earl of Onslow, of Onslow in the County of Shropshire)
    (1801年6月19日連合王国貴族爵位)
  • サリー州におけるクランリーの第4代クランリー子爵
    (4th Viscount Cranley, of Cranley in the County of Surrey)
    (1801年6月19日連合王国貴族爵位)
  • サリー州におけるクランドンの、およびシュロップシャー州におけるオンスローの第7代オンズロー男爵
    (7th Baron Onslow, of Onslow in the County of Shropshire and of Clandon in the County of Surrey)
    (1716年6月19日創設グレートブリテン貴族爵位)
  • サリー州におけるインバーコートの第4代クランリー男爵
    (4th Baron Cranley, of Imbercourt in the County of Surrey)
    (1776年5月20日創設グレートブリテン貴族爵位)
  • 第8代(サリー州における西クランドンの)準男爵
    (8th Baronet "of West Clandon, co. Surrey")
    (1674年5月8日創設イングランド準男爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1875年に第3代ガードナー男爵アラン・ガードナー英語版の娘フローレンスと結婚し、彼女との間に以下の4子を儲けた[1]

  • 第1子(長女)ドロシー・イヴリン・オーガスタ・オンズロー(生没年不詳) - 初代ハリファックス伯爵エドワード・ウッドと結婚
  • 第2子(長男)リチャード・ウィリアム・アラン・オンズロー英語版(1876年 - 1945年) - 第5代オンスロー伯爵位を継承。
  • 第3子(次女)グウェンドリン・フローレンス・メアリー・オンズロー英語版(1881年 - 1966年) - 第2代アイヴァー伯爵ルパート・ギネスと結婚
  • 第4子(次男)ヴィクター・アレグザンダー・ハーバート・ヒュイア・オンズロー(1890年 - 1922年)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “William Hillier Onslow, 4th Earl of Onslow” (英語). thepeerage.com. 2015年10月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Onslow, Earl of (UK, 1801)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年10月8日閲覧。
  3. ^ The London Gazette: no. 27555. p. 3239. 1903年5月22日
公職
先代:
第4代ダンレイヴン伯爵英語版
植民地省政務次官英語版
1887年–1888年
次代:
ヘンリー・ド・ワームス男爵英語版
先代:
ヘンリー・ド・ワームス男爵英語版
通商庁政務次官英語版
1888年–1889年
次代:
第6代バーリーのバルフォア卿英語版
先代:
第11代リーアイ卿英語版
インド担当省政務次官英語版
1895年–1900年
次代:
第6代ハードウィック伯爵英語版
先代:
第2代セルボーン伯爵英語版
植民地省政務次官
1900年–1903年
次代:
第9代マールバラ公爵
先代:
ロバート・ウィリアム・ハンベリー英語版
農業庁長官英語版
1903年–1905年
次代:
エイルウィン・フェローズ英語版
官職
先代:
サー・ウィリアム・ジェーボイス英語版
ニュージーランド総督
1889年–1892年
次代:
第7代グラスゴー伯爵英語版
イギリスの爵位
先代:
アーサー・オンズロー英語版
第4代オンズロー伯爵
1870年–1911年
次代:
リチャード・オンズロー英語版