ウィリアム・カーギル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィリアム・ウォルター・カーギル: William Walter Cargil1813年 - 1894年)は、明治時代にお雇い外国人として来日したイギリス銀行家である。

経歴・人物[編集]

1872年(明治5年)、日本政府に招かれ、工部省鉄道寮の差配役を務めた[1]。多くのイギリス人技術団との仲介や調整、日本の鉄道創設に対するイギリスとの貸借問題に携わった[1]。また、オリエンタル・バンク横浜支店の銀行員も務めた[1]

これによって、1877年(明治10年)に任期満了し帰国する時に明治天皇から勲三等を賜った[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]