ウィリアム・ケリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアム・ケリンJr.
William Kaelin Jr.
William G. Kaelin Jr. UNIST CGI 2019.jpg
生誕 (1957-11-23) 1957年11月23日(62歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 がん研究
研究機関 ダナ・ファーバー癌研究所
ハーバード大学
ハワード・ヒューズ医学研究所
教育 デューク大学
主な受賞歴 ガードナー国際賞(2010)
アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(2016)
ノーベル生理学・医学賞(2019)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2019年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:細胞による酸素量の感知とその適応機序の解明

ウィリアム・ケリン: William "Bill" G. Kaelin Jr.1957年11月23日 - )は、アメリカ合衆国の医学者。ハーバード大学医学部およびダナ・ファーバー癌研究所の教授。ニューヨーク市クイーンズ区生まれ。

彼はその基礎医学研究により、ピーター・ラトクリフグレッグ・セメンザとともに、2019年にノーベル医学生理学賞を、2016年にラスカー賞を受賞した。また2016年に米国臨床腫瘍学会の腫瘍科学賞 (ASCO Science of Oncology Award) を、同年に米国癌研究連合の高松宮妃賞 (AACR Princess Takamatsu Award) を受賞した[1][2]。彼の研究室は腫瘍抑制蛋白質を研究している。

経歴[編集]

ケリンはデューク大学で数学と化学の学士号を得、そこで医学博士号を得て1982年に卒業した。ジョンズ・ホプキンズ大学で内科医として専門医学実習期間を過ごし、ダナ・ファーバー癌研究所 (DFCI) で腫瘍学の研究員となった。まだ学部学生の頃、自分は研究に向いていないと彼は思っていたが、DFCI のデイヴィッド・リヴィングストンの研究室にいた時に、網膜芽細胞腫の研究で成功を収めることになった[3]。1992年に彼は DFCI で、フォン・ヒッペル・リンドウ病といった癌の遺伝形態を研究していたリヴィングストンの研究室の隣に自分の研究室を持った。彼は2002年にハーバード大学医学大学院の教授になった[4]

彼は2008年にダナ・ファーバー/ハーバード癌センターで基礎科学の副所長 (Assistant Director) となった。ダナ・ファーバーで彼が研究したのは、癌の進行において癌抑制遺伝子の突然変異が果たす役割だった。彼が主に研究してきているのは、網膜芽細胞腫フォン・ヒッペル・リンドウ病p53癌抑制遺伝子である。

彼の研究はアメリカ国立衛生研究所アメリカがん協会ドリス・デューク基金、その他の助成を受けている[5]

彼はイーライリリーの取締役会の一員であり[4]、“がんに立ち上がれ”(Stand Up to Cancer) キャンペーンの科学諮問委員会の一員でもある[6]

彼は乳癌が専門の外科医カロリン・ケリンと1988年に結婚したが、彼女の癌により2015年に死別した。二人の子がいる[7]

受賞[編集]

  • NIH Physician-Scientist Award(1990年)[2]
  • James S. McDonnell Scholar Award(1993年)
  • Paul Marks Prize, Memorial Sloan Kettering Cancer Center(2001年)
  • Richard and Hinda Rosenthal Foundation Award, AACR(2006年)
  • Doris Duke Distinguished Clinical Investigator Award(2006年)
  • Duke University School of Medicine Distinguished Alumni Award(2007年)
  • 全米医学アカデミー 特別会員(2007年)
  • AICR Colin Thomson Medal(2008年)
  • ガードナー国際賞(2010年)[8]
  • 米国科学アカデミー 特別会員(2010年)
  • Alfred Knudson Award in Cancer Genetics, NCI(2011年)
  • Stanley J. Korsmeyer Award(2012年)
  • The Scientific Grand Prize of the Lefoulon-Delalande Foundation(2012年)[9]
  • ワイリー賞(2014年)
  • 米国癌研究連合 特別フェロー(2014年)
  • Steven C. Beering Award(2014年)[10]
  • 腫瘍科学賞(米国臨床腫瘍学会)(ASCO Science of Oncology Award)(2016年)
  • 高松宮妃賞(米国癌研究連合)(AACR Princess Takamatsu Award)(2016年)
  • アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(2016年)
  • マスリー賞(2018年)
  • ノーベル生理学・医学賞(2019年)

脚注[編集]

  1. ^ Dr. William G. Kaelin, Jr., to Receive 2016 Science of Oncology Award”. asco.org (2016年5月26日). 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b About William Kaelin”. harvard.edu. 2017年4月16日閲覧。
  3. ^ William G. Kaelin, Jr., MD - HHMI.org”. hhmi.org. 2017年4月16日閲覧。
  4. ^ a b William G. Kaelin, Jr., M.D.”. lilly.com. 2017年4月16日閲覧。
  5. ^ Home page kaelin lab”. harvard.edu. 2017年4月16日閲覧。
  6. ^ William G. Kaelin Jr., MD”. aacr.org. 2017年4月16日閲覧。
  7. ^ Grady, Denise (2015年8月9日). “Carolyn Kaelin, Breast Cancer Surgeon, Patient Advocate and Patient, Dies at 54”. 2017年4月16日閲覧。
  8. ^ http://www.gairdner.org/content/william-g-kaelin
  9. ^ “William G. Kaelin”. Institut de France. Grands Prix des Fondations. (2015年4月21日). http://www.grands-prix-institut-de-france.fr/william-g-kaelin 2017年12月12日閲覧。 
  10. ^ http://faculty.medicine.iu.edu/awards-services/awards/beering-award/