ウィリアム・コーリー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィリアム・コーリー賞(William B. Coley Award for Distinguished Research in Basic and Tumor Immunology)は、アメリカ合衆国のCancer Research Instituteにより、ウィリアム・コーリーを記念して、免疫学の基礎研究及び免疫学の優れた業績に対して授与される賞である。1975年に創設され、1995年からは毎年授与されている。賞金は5,000ドル

受賞者の一覧[編集]

  • 1975年 - Garry I. Abelev、Edward A. Boyse、Edgar J. Foley、Robert A. Good、Peter A. Gorer、Ludwik Gross、Gertrude Henle、Werner Henle、Robert J. Huebner、Edmund Klein、、Eva Klein、George Klein、Donald L. Morton、Lloyd J. Old、Richmond T. Prehn、Hans O. Sjogren
  • 1978年 - Howard B. Andervont、Jacob Furth、Earl L. Green、Margaret C. Green、Walter E. Heston、Clarence C. Little、ジョージ・スネル、Leonell C. Strong
  • 1979年 - Yuang-yun Chu、Zongtang Sun、Zhao-you Tang
  • 1983年 - Richard K. Gershon
  • 1987年 - Thierry Boon、ロルフ・ツィンカーナーゲル
  • 1989年 - Howard Grey、Alain Townsend、Emil Unanue
  • 1993年 - Pamela Bjorkman、John Kappler、フィリッパ・マラック、Alvaro Morales、Jack Strominger、Don Craig Wiley
  • 1995年 - Ferdy J. Lejeune、Malcolm A. S. Moore、Timothy Springer
  • 1996年 - Giorgio Trinchieri
  • 1997年 - Robert L. Coffman、Tim R. Mosmann、Stuart F. Schlossman
  • 1998年 - Klas Kärre、Lorenzo Moretta、ラルフ・スタインマン
  • 1999年 - James E. Darnell、Ian M. Kerr、Richard A. Lerner、George R. Stark、グレゴリー・ウィンター
  • 2000年 - Mark M. Davis、Michael Pfreundschuh
  • 2001年 - Robert D. Schreiber
  • 2002年 - Lewis L. Lanier、David H. Raulet、Mark J. Smyth
  • 2003年 - ジュール・ホフマン、Charles A. Janeway、Bruno Lemaitre、ルスラン・メジトフ
  • 2004年 - 坂口志文、Ethan M. Shevach
  • 2005年 - ジェームズ・P・アリソン
  • 2006年 - 審良静男ブルース・ボイトラー、Ian H. Frazer、ハラルド・ツア・ハウゼン
  • 2007年 - Jeffrey V. Ravetch
  • 2008年 - Michael J. Bevan
  • 2009年 - Cornelis J. M. Melief、Frederick W. Alt、Klaus Rajewsky
  • 2010年 - 大谷明夫、Wolf Hervé Fridman、Jérôme Galon
  • 2011年 - Philip D. Greenberg、Steven A. Rosenberg
  • 2012年 - Richard A. Flavell、Laurie H. Glimcher、Kenneth M. Murphy、カール・ジューン、Michel Sadelain
  • 2013年 - Michael B. Karin
  • 2014年 - 本庶佑、Lieping Chen、Arlene Sharpe、Gordon J. Freeman
  • 2015年 - Glenn Dranoff、Alexander Rudensky
  • 2016年 - Ton N. Schumacher、Dan R. Littman
  • 2017年 - Rafi Ahmed、Thomas F. Gajewski
  • 2018年 - Miriam Merad、Padmanee Sharma 
  • 2019年 - Antoni Ribas、Elizabeth Jaffee、Zelig Eshhar、Lawrence Samelson、Brian Seed、Arthur Weiss

出典[編集]