ウィリアム・ジョンストン (初代アナンデイル侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1703年の肖像画

初代アナンデイル侯爵ウィリアム・ジョンストン英語: William Johnstone, 1st Marquess of Annandale KT PC1664年2月17日1721年1月14日)は、スコットランド貴族

生涯[編集]

初代アナンデイル=ハートフェル伯爵ジェームズ・ジョンストンとヘンリエッタ・ダグラス(Henrietta Douglas、1633年頃 – 1673年6月1日、初代ダグラス侯爵ウィリアム・ダグラス英語版の娘)の次男(長男ジェームズは夭折)として、1664年2月17日に生まれ、グラスゴー大学で教育を受けた[1]。最初は反ジェームズ7世の陰謀に加担し、後にジェームズ7世支持に転じたが、1690年にウィリアム3世と和解してスコットランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[1]

ウィリアム3世の治世では1693年から1695年までスコットランド枢密院議長を、1696年から1705年までスコットランド大蔵卿(Lord Treasurer of Scotland)を、1701年にスコットランド教会総会への勅使英語版を務めた[1]。また、1701年6月24日にアナンデイル侯爵ハートフェル伯爵アナンド子爵ロックウッドのジョンストン卿に叙された[1]

1702年にアン女王が即位すると、1702年5月15日から1706年2月28日までスコットランド枢密院議長を再任、1705年3月9日から9月29日までスコットランド国務大臣英語版を務め、1705年と1711年にスコットランド教会総会への勅使を務めた[1]。また、1704年2月7日にシッスル勲章を授与された[1]イングランド王国との合同には反対したが、グレートブリテン王国が成立した後の1708年から1713年までスコットランド貴族代表議員を務め、1711年4月19日にグレートブリテン枢密院の枢密顧問官に任命された[1]

ジョージ1世が即位すると枢密顧問官に再任され、1714年から1716年までスコットランド国璽尚書英語版を、1715年から1721年までスコットランド王璽尚書英語版を務め、1715年に再びスコットランド貴族代表議員に選出され1721年まで務めた[1]1715年ジャコバイト蜂起が勃発したときもハノーヴァー朝を支持、ダンフリーズ英語版カーカッドブライト英語版ピーブルシャー統監英語版に任命された(以降1721年に死去するまで在任)[1]

1721年1月14日にバースで死去、長男ジェームズが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1682年1月2日、エディンバラでソフィア・フェアホルム(Sophia Fairholm、1668年3月19日 – 1716年12月13日、ジョン・フェアホルムの娘)と結婚[1]、下記の子女を儲けた[2]

  • ヘンリエッタ(1682年11月11日 – 1750年11月25日) - 1699年8月31日、初代ホープトン伯爵チャールズ・ホープ英語版と結婚、子供あり
  • メアリー(1686年6月15日 – ?) - 夭折
  • ジェームズ(1687年 – 1730年) - 第2代アナンデイル侯爵、生涯未婚
  • ジョン(1688年8月3日 – 1694年頃)
  • ウィリアム(1696年8月 – 1721年9月24日)

1718年11月20日、シャーロット・ヴァン・ロア(Charlotte van Lore、1762年11月23日没、ジョン・ヴァン・デン・ベンプド(John van den Bempde)の娘)と再婚[1]、下記の子女を儲けた。

  • ジョージ英語版(1720年 – 1792年) - 第3代アナンデイル侯爵、生涯未婚
  • ジョン(1721年6月8日 – 1742年11月13日) - 庶民院議員、生涯未婚[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Ab-Adam to Basing) (in English). 1 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 166–167.
  2. ^ "Annandale, Marquess of (S, 1701 - 1792)". Cracroft's Peerage (in English). Retrieved 27 July 2019.
  3. ^ Lea, R. S. (1970). "JOHNSTONE, Lord John (1721-42), of Johnstone, Dumfries.". In Sedgwick, Romney. The House of Commons 1715-1754 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 27 July 2019.
公職
先代:
クロフォード伯爵英語版
スコットランド枢密院英語版議長
1693年 – 1695年
次代:
メルヴィル伯爵英語版
先代:
メルヴィル伯爵英語版
スコットランド枢密院英語版議長
1702年 – 1706年
次代:
モントローズ侯爵
先代:
ロクスバラ伯爵
シーフィールド伯爵
スコットランド国務大臣英語版
1705年
同職:ロクスバラ伯爵 1705年3月 – 6月
ラウドン伯爵英語版 1705年6月 – 9月
次代:
ラウドン伯爵英語版
マー伯爵
先代:
フィンドレイター伯爵
スコットランド国璽尚書英語版
1714年 – 1716年
次代:
モントローズ公爵
先代:
ロクスバラ公爵
スコットランド王璽尚書英語版
1715年 – 1721年
次代:
イレイ伯爵英語版
名誉職
新設官職 ダンフリーズ英語版カーカッドブライト英語版
ピーブルシャー統監英語版

1715年 – 1721年
不明
スコットランドの爵位
新設 アナンデイル侯爵
1701年 – 1721年
次代:
ジェームズ・ジョンストン
先代:
ジェームズ・ジョンストン
アナンデイル=ハートフェル伯爵
1672年 – 1721年