ウィリアム・ダグラス=ハミルトン (第12代ハミルトン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第12代ハミルトン公爵、1863年

ウィリアム・アレグザンダー・ルイス・スティーヴン・ダグラス=ハミルトン KTWilliam Alexander Louis Stephen Douglas-Hamilton, 12th Duke of Hamilton, 9th Duke of Brandon, 2nd Duke of Châtellerault, 1845年3月12日 コノート・プレイス、ロンドン - 1895年5月16日 アルジェ)は、スコットランドの貴族。第12代ハミルトン公爵および第9代ブランドン公爵。1864年よりフランスの第2代シャテルロー公爵

第11代ハミルトン公爵とその妻でバーデン大公カールの娘であるマリー・アマーリエの間の第1子、長男として、ロンドン・ベイズウォーター地区のコノート・プレイス(Connaught Place)で生まれた。イートン校を経てオックスフォード大学クライストチャーチ学寮で学んだ。非常に屈強な体格の持ち主で、若い頃はボクシングに、その後は競馬やヨット競争に熱中した[1]。乗馬などの趣味に金をつぎ込み、1867年にグランドナショナルで所有していた「コートルヴィン(Cortolvin)」という馬が優勝するまでは、経済的に破滅する寸前だったという。

1864年に母方の親類にあたるフランス皇帝ナポレオン3世は、1548年にフランス王アンリ2世がスコットランド摂政の第2代アラン伯爵に授けたシャテルロー公爵位を復活させ、第12代ハミルトン公爵にその爵位を授与した。

1873年12月10日、キンボルトン城において第7代マンチェスター公爵の娘メアリー・モンタギュー(1854年 - 1934年)と結婚した。公爵夫妻の間に生まれた一人娘のメアリー・ルイーズ(1884年 - 1957年)は、第6代モントローズ公爵の夫人となった。

1895年に男子の無いまま死去し、爵位は第5代ハミルトン公爵の弟の子孫にあたるアルフレッド・ダグラス=ハミルトンに引き継がれた。

脚注[編集]

  1. ^ Cokayne, G.E.; Vicary Gibbs, H.A. Doubleday, Geoffrey H. White, Duncan Warrand and Lord Howard de Walden, editors. The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, Extant, Extinct or Dormant, new ed.. 13 volumes in 14. 1910-1959. Reprint in 6 volumes, Gloucester, U.K.: Alan Sutton Publishing, 2000.
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ハミルトン
第12代ハミルトン公爵
1886年 - 1895年
次代:
アルフレッド・ダグラス=ハミルトン英語版
先代:
チャールズ・ダグラス=ハミルトン
第8代セルカーク伯爵英語版
1863年 - 1895年
グレートブリテンの爵位
先代:
ウィリアム・ハミルトン
第9代ブランドン公爵
1863年 - 1895年
次代:
アルフレッド・ダグラス=ハミルトン英語版
フランスの爵位
先代:
ジェイムズ・ハミルトン
(最後の爵位保有者)
シャテルロー公爵
1864年 - 1895年
Disputed