ウィリアム・テシージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はテシージョ第二姓(母方の)はグティエレスです。
ウィリアム・テシージョ Football pictogram.svg
William Tesillo.jpg
リオデジャネイロオリンピックでのテシージョ(2016年)
名前
本名 ウィリアム・ホセ・テシージョ・グティエレス
William José Tesillo Gutiérrez
ラテン文字 William Tesillo
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1990-02-02) 1990年2月2日(29歳)
出身地 バランキージャ
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 クラブ・レオン
ポジション DF
背番号 6
利き足 左足
ユース
コロンビアの旗 CAボカ・ジュニアーズ・デ・カリ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009 コロンビアの旗 センタウロス・ビジャビセンシオ 30 (1)
2010-2015 コロンビアの旗 デポルテス・キンディオ 108 (3)
2014-2015 コロンビアの旗 アトレティコ・ジュニオール (loan) 83 (0)
2016-2018 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・サンタフェ 76 (6)
2018- メキシコの旗 クラブ・レオン 38 (2)
代表歴
2016 コロンビアの旗 コロンビア オリンピック 6 (0)
2017- コロンビアの旗 コロンビア 9 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月29日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウィリアム・ホセ・テシージョ・グティエレスWilliam José Tesillo Gutiérrez , コロンビアアトランティコ県バランキージャ出身のプロサッカー選手メキシコリーガMXクラブ・レオンに所属している。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

2009年に2部リーグのセンタウロス・ビジャビセンシオでプロデビューし、3月21日のアトレティコFC戦で、プロ初ゴールを決めた。

2010年シーズンからカテゴリア・プリメーラAデポルテス・キンディオでプレー。リーグ戦100試合以上に出場。2014年シーズン途中にアトレティコ・ジュニオールに移籍。2015年12月にインデペンディエンテ・サンタフェ3年契約でに完全移籍。2018年シーズン途中までプレーした。

2018年5月13日、クラブ・レオンに移籍[1]。加入1年目の2018-19シーズンは38試合2得点を記録し、同シーズンのリーガMXベストイレブンに選出された。

コロンビア代表[編集]

2016年のリオデジャネイロオリンピックに、オーバーエイジ枠で出場[2]2018 FIFAワールドカップでは、負傷で出場辞退となったフランク・ファブラの代役候補に挙がったものの落選[3]。2019年5月にコパ・アメリカ2019の代表に選出[4]アルゼンチンなどが入ったグループBの首位通過に貢献。しかし、決勝トーナメント準々決勝のチリ戦では、0-0の末に迎えたPK戦で、5番手でキッカーを任されたものの、痛恨の失敗。後攻のチリがアレクシス・サンチェスが決め、無念の敗退に終わった[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ William Tesillo es nuevo jugador de León, en México”. FUTBOL RED (2018年5月14日). 2019年6月29日閲覧。
  2. ^ 【リオ五輪】手倉森ジャパンの前に立ちはだかる刺客。対戦3か国のオーバーエイジの実力は?”. サッカーダイジェスト (2016年8月3日). 2019年6月29日閲覧。
  3. ^ 日本と同組のコロンビア、DFファブラがじん帯断裂でW杯参加不可に”. サンケイスポーツ (2019年6月8日). 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ コロンビアがコパ・アメリカに挑む23名を発表…初戦でアルゼンチンと激突”. サッカーキング (2019年5月31日). 2019年6月29日閲覧。
  5. ^ チリがPK戦制しコパ4強、2度のゴール取り消しに打ち勝つ”. AFP通信 (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。
  6. ^ 王者チリがコロンビアとの激戦をPK戦で制す! ベスト4進出もVARで2点が幻に”. サッカーキング (2019年6月29日). 2019年6月29日閲覧。