ウィリアム・ドワイト・ホイットニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアム・ドワイト・ホイットニー

ウィリアム・ドワイト・ホイットニー(英表記: William Dwight Whitney、1827年2月9日 - 1894年6月7日)は、アメリカ合衆国言語学者センチュリーディクショナリ-英語版の編者として知られている。

経歴[編集]

マサチューセッツ州ノーザンプトンで生まれた。彼の父親はニューイングランドのドワイトファミリー英語版の出身であるジョサヤ・ドワイト・ホイットニー(1800-1833)である。母親はサラ・ウイルトン(1800-1833)である[1]。ウィリアムは15歳でウィリアムズ大学に入学し、1845年に卒業した。その後数年間ノーザンプトンの銀行で働きつつ学習を続け、その後1849年にスペリオル湖地域の地質的調査を行っていた兄のジョサヤ・ホイットニー英語版を手伝った。調査の余暇にサンスクリット語の研究をはじめた。1850年代、ドイツに行き、3年間サンスクリット語を研究した。冬はベルリン大学においてアルブレヒト・ヴェーバーフランツ・ボップの下で過ごし、夏はテュービンゲン大学ルドルフ・フォン・ロートの下で研究を行った[2][3]。彼は、サンスクリット語文献学者として、広く知られるようになった。イエール大学において、1854年にサンスクリット語の教授になり、1869年に比較言語学の教授となった。また、シェフィルド科学校英語版にて、現代言語学を教えた。1857年からアメリカ東洋学会英語版の書記を務め、1884年には会長に就任した[4]ホイットニー通り英語版で、1894年6月7日に死去した[5]

1856年の8月28日に、彼は、エリザベス・ウースター・ボウルドインと結婚した。エリザベスは、コネティカット州知事上院議員ロジャー・シャーマン・ボウルドイン英語版の娘であった。この夫婦は6人の子供を授かった[1]

  • エドワード・ボウルドイン・ホイットニー英語版は、1857年8月16日に生まれて、アメリカの司法長官になった。また、息子のハスラー・ホイットニー英語版数学者である。
  • ウィルストン・クラップ・ホイットニーは、1859年4月2日に生まれて、1861年3月11日に死去した。
  • マーティン・パーク・ホイットニーは、1863年1月6日に生まれて、1874年1月17日に死去した。
  • ロジャー・シャーマン・ボウルドイン・ホイットニーは、1863年1月6日に生まれて、1874年1月17日に死去した。
  • エミリー・ヘンリッタ・ホイットニーは、1864年8月29日に生まれた。
  • マーガレット・ドワイト・ホイットニーは、1866年11月19日に生まれた。

業績[編集]

ホイットニーは、ウェブスター辞典の1864年版の改定に携わった。1869年、アメリカ言語学協会 の設立者および初代会長を務めた。彼は、ヴェーダを韻文で翻訳した。ヴェーダ及び言語学に関する大量の論文を執筆し、その多くは『Oriental and Linguistic Studies』シリーズ(1872–74)に収録されている。彼は、言語に関するいくつかの著書と、英語フランス語ドイツ語およびサンスクリット語の文法教材を書いた[4]

ホイットニーの『サンスクリット文法』(1879)はパーニニによって書かれたとされるアシュターディヤーイーに対する批判によって注目される。彼はアシュターディヤーイーを「約4000くらいの代数学のような規則の高度に精巧で難しい形式の、言語上の事象を含んでいる(陳述や構成において、簡潔さを専らにして詳細さや明瞭さを犠牲にした)」と述べている[6]

フェルディナン・ド・ソシュールは、『一般言語学講義』の「記号の可易性と不易性」の章において、ホイットニーが言語記号の恣意性を主張している点を信用している。

彼は、晩年、心臓病を患っていたが、1889年から1891年にかけて出版されているセンチュリーディクショナリー英語版初版の編集責任者であった。

作品[編集]

  • アタルヴァ・ヴェーダ, ルドルフ・フォン・ロート(1856-1857)と共著。
  • Language and the Study of Language:言語学原理における12講義(1867)
  • タイッティーリヤ・プラーティシャーキヤ, 編集および翻訳(1868)
  • On Material and Form in language(1868)
  • Oriental and Linguistic Studies-First Series:The Veda, The Abesta, The Science of Languge(1872)
  • Oriental and liguistic Studies-Second Series:The East and West,Religiion and Mythology, Hindu Astronomy(1874)
  • Darwinism and Lanugage(1874)
  • The Life and Growth of Language: An Outline of Linguistic Science (1875)
  • Essentials of English Grammar for the Use of Schools (1877)*
  • サンスクリット文法: Sanskrit Grammar: Including Both the Classical Language, and the Older Dialects, of Veda and Brahmana (1879, 2d edn. 1889)
  • Language and its Study: with Special Reference to the Indo-European (lectures) (1880)*
  • Logical Consistency in Views of Language (1880)
  • Mixture in Language (1881)
  • The Roots, Verb-forms and Primary Derivatives of the Sanskrit Language (supplement to Sanskrit Grammar) (1885)
  • Practical French Grammar (1887)*
  • A Compendious German and English Dictionary (1887)*
  • The Century Dictionary (editor) (1889–1891)
  • Introductory French Reader (1891)*
  • Max Müller's Science of Language (1893)
  • Atharva Veda Samhita 3 volumes (translator)
  • The History of Sanskrit Grammar (Indian reprint edition of Sanskrit Grammar)
  • Manuscript Diary (photo reprint)

- アステリスク (*) を付した出版年は初版のものではないかもしれない。

現代版[編集]

  • Oriental and Linguistic Essays
  • On the Vedas
  • Whitney on Language: Selected Writings of William Dwight Whitney

脚注[編集]

  1. ^ a b Benjamin Woodbridge Dwight(1874). The history of the descendants of John Dwight, of Dedham, Mass. 2. J. F. Trow & son, printers and bookbinders. pp. 833–837
  2. ^ "Whitney, William Dwight". New International Encyclopedia. 1905.
  3. ^ Rines, George Edwin, ed. (1920). "Whitney, William Dwight". Encyclopedia Americana.
  4. ^ a b Smith, Benjamin Eli (1911). "Whitney, William Dwight". Encyclopædia Britannica (11th ed.)
  5. ^ NY Times staff (June 7, 1894). "Prof. W.D. Whitney is Dead". The New York Times. Retrieved February 13, 2012.
  6. ^ Whitney, William Dwight. Sanskrit Grammar. Reprinted 2002, Motilal Banarsidass, Delhi. ISBN 81-208-0620-4