ウィリアム・ネイピア (第7代ネイピア卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第7代ネイピア卿ウィリアム・ネイピア英語: William Napier, 7th Lord Napier1730年5月1日1775年1月2日)は、スコットランド貴族

生涯[編集]

第6代ネイピア卿フランシス・ネイピアと1人目の妻ヘンリエッタ・ホープ(Henrietta Hope、1706年2月21日 – 1745年2月17日、初代ホープトン伯爵チャールズ・ホープ英語版の娘)の息子として、1730年5月1日に生まれた[1]

1754年12月16日、メアリー・アン・カスカート(Mary Anne Cathcart、1727年10月26日 – 1774年7月11日、第8代カスカート卿チャールズ・カスカート英語版の娘)と結婚、1男4女をもうけた[2]

  • メアリー・ショー(Mary Schaw、1756年8月5日 – 1806年10月9日) - 1779年4月14日、アンドリュー・ハンター英語版(1809年4月21日没)と結婚、子供あり
  • フランシス(1758年 – 1823年) - 第8代ネイピア卿、子供あり
  • ヘンリエッタ(1759年4月4日 – ?)
  • メアリー・エリザベス(1766年1月20日 – 1778年11月4日)
  • ジェーン・ウィルヘルミナ(1769年3月19日 – 1779年8月3日)

ロイヤル・スコッツ・グレイズ英語版に入隊し、1770年から1773年まで同連隊の少佐を務めた後、1773年から1775年までスコットランド陸軍副将代理(Deputy Adjutant General)を務めた[1]

1773年4月11日に父が死去すると、ネイピア卿の爵位を継承した[1]

1775年1月2日にエディンバラで死去、息子フランシスが爵位を継承した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (in English). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 6.
  2. ^ "Napier of Merchistoun, Lord (S, 1627)". Cracroft's Peerage (in English). 27 March 2012. Retrieved 26 October 2019.
スコットランドの爵位
先代:
フランシス・ネイピア
ネイピア卿
1773年 – 1775年
次代:
フランシス・ネイピア