ウィリアム・フッカー (植物画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィリアム・フッカー(William Hooker、1779年1832年)はイギリスの博物画家である。

植物画家のフランツ・バウアー(Franz Bauer)のもとで博物画を学び、王立園芸協会の専属画家となり、協会の出版物の図版を描いた。特に果実の絵で知られる。フッカーが図版を描いた著作には、ジェームズ・フォーブス(James Forbes)の "Oriental Memoirs"や、リチャード・アンソニー・ソールズベリーの "Paradisus Londinensis" などがある[1]

ウィリアム・ジャクソン・フッカーとは別人。

フッカーの植物画[編集]

その他[編集]

色名のフーカスグリーンは彼の名にちなむ。

参考文献[編集]

  1. ^ Blunt, Wilfrid; Stearn, William Thomas (1994). The Art of Botanical Illustration. An Illustrated History [1950 edition]. New York: Dover. pp. xxxii, 304. ISBN 0-486-27265-6.