ウィリアム・ブレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ウィリアム・ブレイド(William Brade, 1560年 - 1630年2月26日)は、ルネサンス後半からバロック初期にかけてドイツデンマークで活動したイングランド出身の作曲家ヴァイオリニストヴィオラ・ダ・ガンバ奏者。

生涯[編集]

イングランド時代についてはほとんど知られておらず、1590年頃にドイツに渡った。1590年から1594年にかけてブランデンブルク辺境伯の宮廷で活動し、ついで1596年までコペンハーゲンクリスチャン4世の宮廷で活動し、1599年にブランデンブルクに戻った。その年に再びコペンハーゲンに渡り、1606年まで滞在した。1606年から1608年までビュッケブルクのホルシュタイン=シャウムブルク伯の宮廷で活動した。1608年にハンブルクに移動し、1610年から1613年にかけてビュッケブルクに戻ったものの、1615年までハンブルクに滞在した。その後、三たびコペンハーゲンに渡ったが、1618年にはハレのマクデブルク大司教の宮廷楽長に任命された。しかし翌年にはベルリンに移動し、1620年から1622年にかけて四たびコペンハーゲンに戻った。1622年からシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国のゴットルプの宮廷で宮廷楽長1625年まで務めた。晩年はハンブルクで三十年戦争の戦禍から避難した。

作品[編集]

現存する作品は全て弦楽器のためのものであり、大半は舞曲である。1609年にハンブルクで出版された作品集ではピーター・フィリップスジョン・ダウランドのようなイングランドの様式に基づいている。その後イタリア様式を取り入れ、イングランド人として初めてカンツォーナを作曲した。また、ブランルやラヴォルタなど、当時のドイツで知られていなかった舞曲を紹介した。さらに舞曲を組曲としてまとめることを行った。これはバロック時代に一般的となる。

作風はポリフォニックな同時代のイングランドの作曲家に比べて、よりホモフォニックである。

参考文献[編集]

  • Grove, George; Sadie, Stanley (1980). “William Brade”. The New Grove Dictionary of Music and Musicians. London: Macmillan Publishers. ISBN 1561591742.