ウィリアム・ヘンドリクセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

ウィリアム・ヘンドリクセン(William Hendriksen, 1900年 - 1982年)は、北米の改革派教会を代表する聖書学者神学者の一人で、終末論の研究で有名である。

生涯[編集]

1900年にオランダで生まれ、1911年にアメリカへ移住する。カルヴィン神学校を卒業して、ミシガン州の教会で牧師を務め、その後プリンストン神学校に学び、新約学で博士号を取得する。その後、1943年にカルヴィン神学校の教授に就任する。そして、1952年に引退する。終末論に関する著作が多い。黙示録講解原理として進展的平行主義 (Progressive Parallelism) を提唱した。

著書[編集]