ウィリアム・ボークラーク (第8代セント・オールバンズ公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアム・ボークラーク
William Beauclerk
第8代セント・オールバンズ公
在位 1816年 - 1825年

出生 (1766-12-18) 1766年12月18日
死去 (1825-07-17) 1825年7月17日(58歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドンセント・ジェームズ・スクエア英語版
配偶者 シャーロット・セルウェル
  マリア・ジャネッタ・ネルソープ
子女 一覧参照
家名 ボークラーク家
父親 第5代セント・オールバンズ公オーブリー・ボークラーク
母親 キャサリン・ポンソンビー
テンプレートを表示

第8代セント・オールバンズ公爵ウィリアム・ボークラーク英語: William Beauclerk, 8th Duke of St Albans1766年12月18日1825年7月17日)は、イギリスの貴族。1787年から1816年までウィリアム・ボークラーク卿儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第5代セント・オールバンズ公オーブリー・ボークラークキャサリン・ポンソンビー英語版の次男として、1766年12月18日に生まれた[1]

1782年にイギリス海軍に入隊、1788年に海軍大尉に昇進した[2]

1816年2月19日に甥にあたる第7代セント・オールバンズ公爵オーブリー・ボークラークが死去すると、セント・オールバンズ公爵の爵位を継承した[1]

1825年7月17日、セント・ジェームズ・スクエア英語版の自宅で死去した[2]。長男ウィリアム・オーブリーが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1791年7月20日、シャーロット・セルウェル(Charlotte Thelwell、1797年10月19日没、ロバート・カーター・セルウェルの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]。1799年3月4日、マリア・ジャネッタ・ネルソープ英語版(1822年1月17日没、ジョン・ネルソープの娘)と再婚[1]、下記の子女を儲けた。

  • マリア・アメリア(1800年 – 1873年7月9日) - 生涯未婚
  • ウィリアム・オーブリー・ド・ヴィアー(1801年3月24日 – 1849年5月27日) - 第9代セント・オールバンズ公爵
  • シャーロット(1802年4月4日 – 1842年8月12日) - 生涯未婚
  • キャロライン・ジャネッタ(1804年6月28日 – 1862年8月22日) - 1825年7月14日、第6代エセックス伯爵アーサー・カペル英語版と結婚、子供あり
  • ジョン・ネルソープ(1805年12月9日 – 1810年8月) - 早世
  • ルイーサ・ジョージアナ(1806年12月28日 – 1843年2月18日) - 1835年12月28日、トマス・ハガン(Thomas Hughan)と結婚、子供あり
  • フレデリック・チャールズ・ピーター(1808年6月28日 – 1865年11月17日) - 1848年2月16日、ジェマイマ・エレノーラ・ジョンストーン(Jemima Eleanora Johnstone、1877年10月14日没)と結婚、子供あり
  • ジョージアナ(1809年 – 1880年1月8日) - 1829年2月10日、第2代準男爵モンタギュー・チャムリー英語版と結婚、子供あり
  • メアリー・ノエル(1810年12月28日 – 1850年11月29日)
  • ヘンリー(1812年6月23日 – 1856年1月22日) - 生涯未婚
  • チャールズ(1813年10月10日 – 1861年11月2日) - 陸軍軍人。1842年9月7日、ローラ・マリア・テレサ・ストップフォード(Laura Maria Theresa Stopford、1858年9月29日没、エドワード・ストップフォードの娘)と結婚、子供あり。孫に第13代セント・オールバンズ公爵チャールズ・ボークラーク英語版がいる
  • アメリアス・ウェントワース(1815年8月16日 – 1879年3月24日) - フランシス・マリア・ハリソン(Frances Maria Harrison、1910年11月9日没、チャールズ・ハリソンの一人娘)と結婚、子供あり
  • ジョージ・オーガスタス(1818年12月14日 – 1880年1月3日) - 生涯未婚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. pp. 1756–1757.
  2. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 6.
イングランドの爵位
先代:
オーブリー・ボークラーク
セント・オールバンズ公爵
1816年 – 1825年
次代:
ウィリアム・オーブリー・ボークラーク