ウィリアム・モリス・ハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリアム・モリス・ハント(自画像)

ウィリアム・モリス・ハント(William Morris Hunt、1824年3月31日 - 1879年9月8日)はアメリカ合衆国の画家である。19世紀半ばのボストンを代表する画家である。

略歴[編集]

バーモント州ブラトルボロで生まれた。ハント家はバーモント開拓の先駆者の子孫で、最大の地主である家柄である。母親もコネチカットの名家の娘である。弟に建築家となった、リチャード・モリス・ハント(Richard Morris Hunt)がいる。父親は1832年に没するが、母親は子供たちに芸術的な教育を受けさせるために、ヨーロッパへ子供たちと移った。スイス、南フランス、ローマなどを訪れ、1844年から1845年の間、デュッセルドルフ美術アカデミーで学び[1]、パリで、歴史画家、トマ・クチュールから絵を学んだ。フランスでは芸術家の集まったバルビゾン村で暮らし、バルビゾン派の画家、特にジャン=フランソワ・ミレーに影響を受けた。1855年にアメリカに帰国した。

アメリカに戻った後、ロードス島などで暮らすが最終的にボストンに住み、美術学校で教え、また人気のある肖像画家として働いた。ハントはボストンの上流階級の人々を教え、教えた人物には、エレン・デイ・ヘールウォルター・ゲイらがいる。哲学者のウィリアム・ジェームズもハントから絵を学んだが、半年余りで断念した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Vgl. Nr. 6218 im Findbuch 212.01.04 Schülerlisten der Kunstakademie Düsseldorf, Webseite im Portal archive.nrw.de (Landesarchiv Nordrhein-Westfalen)

参考文献[編集]