ウィリアム・ヴィリアーズ (第3代ジャージー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1830年頃のミドルトン・パーク英語版

第3代ジャージー伯爵および第6代グランディソン子爵ウィリアム・ヴィリアーズ英語: William Villiers, 3rd Earl of Jersey, 6th Viscount Grandison PC1707年1769年8月28日)は、イギリスの貴族、政治家。ヴィリアーズ家出身。

生涯[編集]

第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズとジュディス・ハーン(Judith Herne)の長男として生まれ、1721年7月13日に父が死去するとジャージー伯爵の爵位を継承した[1]

1739年に捨子養育院英語版が創設されると、その初代総裁の1人になった[2]。また、1740年から1746年まで南トレント巡回裁判官英語版を務めた[3]。1746年1月、枢密顧問官に任命された[4]。1766年に親族の初代グランディソン伯爵ジョン・ヴィリアーズが死去すると、グランディソン伯爵の爵位は断絶したが、同時に保有していたグランディソン子爵の爵位は第3代ジャージー伯爵が継承した。

1769年8月28日に死去、長男が早世したため次男ジョージ英語版が爵位を継承した[1]

家族[編集]

ゴドフリー・ネラーによるアン・エジャートン英語版の肖像画

1733年6月23日、アン・エジャートン英語版(1762年没、初代ブリッジウォーター公爵スクループ・エジャートンの娘)と結婚、2男をもうけた[1]

  • フレデリック・ウィリアム(1734年3月25日 – 1742年) - 早世、1742年10月11日に埋葬
  • ジョージ英語版(1735年 – 1805年) - 第4代ジャージー伯爵

脚注[編集]

  1. ^ a b c Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (in English) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1090.
  2. ^ A Copy of the Royal Charter Establishing an Hospital for the Maintenance and Education of Exposed and Deserted Young Children (in English). p. 4.
  3. ^ Sainty, J. C (November 2002). "Justices in Eyre 1509-1840" (in English). Institute of Historical Research, University of London. Archived from the original on 1 February 2018. Retrieved 19 May 2019.
  4. ^ The London Gazette: no. 8606. p. 1. 1746年1月13日。
司法職
先代:
コーンウォリス男爵
巡回裁判官英語版
南トレント

1740年 – 1746年
次代:
ハリファックス伯爵
イングランドの爵位
先代:
ウィリアム・ヴィリアーズ
ジャージー伯爵
1721年 – 1769年
次代:
ジョージ・ヴィリアーズ英語版
アイルランドの爵位
先代:
ジョン・ヴィリアーズ
グランディソン子爵
1766年 – 1769年
次代:
ジョージ・ヴィリアーズ英語版