ウィリス・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ウィリス・ジャクソン
基本情報
出生 1932年4月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ
死没 1987年10月25日(満55歳没)
担当楽器 テナー・サックス

ウィリス・ジャクソン、またはウィリス・"ゲーター"・ジャクソン(Willis "Gator" Jackson、1932年4月25日 - 1987年10月25日)はアメリカ合衆国マイアミ出身のサクソフォーン(テナー)奏者。

来歴

ジャクソンはレスター・ヤングやイリノイ・ジャケーに影響を受け、音楽を始める。1949年、まだ10代の頃からクーティー・ウィリアムスのバンドに加入し、エディ・ヴィンソンに才能を見出された。

ジャクソンが1951年に発表した「レイター・フォー・ザ・ゲイター (Later For The 'Gator)」はジャマイカサー・コクソンズ・ダウンビートサウンドシステムで頻繁に選曲され、人気を得ていた[1]。また、同楽曲のヒットにより以後ジャクソンは「ゲイター」というニックネームを名乗るようになった。

1950年代の間、セッションミュージシャンとしてリズムアンドブルースジャズの録音を残し、歌手ルース・ブラウンバックバンドのリーダーを務めた。また、ジャクソンとブラウンは一時恋愛関係にあった。

1959年、ジャクソンはプレスティッジ・レコードに参加し、ソウル・ジャズムーブメントの一翼を担った。この時期、ジャック・マクダフやパット・マルティノらもジャクソンをとの共演を機に名声を獲得していった。

脚注

  1. ^ LATER FOR GATOR * WILLIS JACKSON * APOLLO 806 * USA - johnnyspencer.info, 2010年3月3日閲覧。