ウィリー・スタージェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィリー・スタージェル
Willie Stargell
Willie Stargell 1965.jpg
1965年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州ポタワトミー郡アールズボロ英語版
生年月日 1940年3月6日
没年月日 (2001-04-09) 2001年4月9日(61歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1958年 ピッツバーグ・パイレーツと契約
初出場 1962年9月16日
最終出場 1982年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1988年
得票率 82.44%
選出方法 BBWAA[:en]選出

ウィルバー・ドーネル・スタージェルWilver Dornel Stargell , 1940年3月6日 - 2001年4月9日)はアメリカ合衆国オクラホマ州ポタワトミー郡アールズボロ英語版出身の元プロ野球選手一塁手外野手)。左投左打。

経歴[編集]

少年時代[編集]

スタージェルは1940年3月6日にオクラホマ州アールズボロに生まれるが、幼少時に両親の離婚を受け、いったんはフロリダ州の叔母の元に預けられ、その後実母が移住したカリフォルニア州アラメダに移って、少年時代を過ごす。

現役時代[編集]

エンシナル高等学校で学んだのち、1958年ピッツバーグ・パイレーツと契約し、最初は傘下のマイナーチームでプレイ。しかしながらスタージェルが新人だった当時、まだ黒人差別が根強く残っていた頃であり、各州のチームでプレイしていた折にはチームメイトでも白人と黒人とで泊まれる宿舎が違うなどの苦心をなめたこともあった。とりわけ、テキサス州での遠征ではスタージェルが銃を突きつけられる事態にも遭遇し、命の危険に遭った一幕もあった。

1962年シーズン終盤となる9月16日左翼手としてメジャーデビュー。その後1964年シーズンよりレギュラーとして頭角を表すようになった。同年にはサイクルヒットを達成するほか、MLBオールスターゲームに初出場している。

1967年、前年のシーズンオフに頭痛に悩まされたことを機に減量を始めるが、これが災いし、前年33本塁打だったのが、同年は20本塁打しか打てなかった。そこで、パイレーツは専属トレーナーをスタージェルにつけるなどで力を取り戻すことに取り組むのだが、1968年シーズンは打率.237、24本塁打と低迷してしまう。1969年になって打率.307、29本塁打、92打点を挙げ、ようやく力を取り戻した。

スタージェルが本格的に活躍するのはチームの黄金時代ともいえる1970年代になってからである。チームメイトにはロベルト・クレメンテアル・オリバーデーブ・パーカーらがおり、地区優勝6回、リーグ優勝・ワールドシリーズ優勝2回と、「隠れた強豪チーム」と呼ばれた。

1971年シーズンは48本塁打を放って初の本塁打王になると、同年はチームがワールドシリーズに出場して、ワールドチャンピオンに輝いた。1973年は44本塁打を打ち、二度目の本塁打王に輝き、同年ドジャー・スタジアムにて現在も唯一とされるドジャー・スタジアムでの場外ホームランを放っている。

1975年シーズンより一塁手にコンバートされ、以後引退まで一塁を守った。

1977年に400号本塁打を達成。1979年には32本塁打・82打点と突出した成績ではなかったが、39歳という高齢でPOPS(パップス。お父さんの意)と慕われるほどのリーダーシップを発揮し、チームの精神的な支柱として数字以上の存在感を示して、チームのワールドチャンピオンに大きく貢献した事を評価されMVPに選ばれた。現在も最年長のMVP受賞である。 さらにリーグチャンピオンシップワールドシリーズでも好成績を残しMVPに選出され、1シーズン3度のMVPという快挙を成し遂げている。

1982年に現役を引退。引退時までには通算475本塁打放ち、現在も本塁打数においてパイレーツの球団記録である。またスタン・ミュージアルと通算本塁打数タイだった。引退する直前の1982年9月6日にスタージェルの背番号8』はパイレーツの永久欠番に指定された。

引退後[編集]

現役引退後、サイン会にて(1983年)
スタージェルの背番号「8」。
ピッツバーグ・パイレーツの永久欠番1982年指定。

引退後は、1986年より2年間、アトランタ・ブレーブスにて一塁コーチを務めており、また、ファームでも新人時代のチッパー・ジョーンズを指導したこともある。

1988年に資格取得1年目でアメリカ野球殿堂入りを果たす。

1997年には古巣・パイレーツのゼネラルマネージャー補佐に就任。しかし、引退後より体重増に悩まされていたところで、さらにパイレーツのフロント入りしたことによって体重増に拍車がかかっていたという。 このため、高血圧症心臓病にかかるなど病気がちになり、2000年に閉場したスリー・リバース・スタジアムの最終戦での始球式では車椅子姿と痛々しい姿だった。

2001年4月9日腎不全の為、61歳で死去した。奇しくもその日は古巣の新本拠地・PNCパークが公式戦初開催された日と同じであった(なお、シンシナティ・レッズとの試合は2-8で敗戦している)。現在も同球場にはホーナス・ワグナー、クレメンテと共にスタージェルの銅像が設置されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 PIT 10 34 31 1 9 3 1 0 14 4 0 1 0 0 3 1 0 10 0 .290 .353 .452 .805
1963 108 328 304 34 74 11 6 11 130 47 0 2 0 3 19 0 2 85 6 .243 .290 .428 .718
1964 117 442 421 53 115 19 7 21 211 78 1 1 1 1 17 2 2 92 7 .273 .304 .501 .805
1965 144 582 533 68 145 25 8 27 267 107 1 1 0 3 39 13 7 127 8 .272 .328 .501 .829
1966 140 549 485 84 153 30 0 33 282 102 2 3 5 5 48 16 6 109 7 .315 .381 .581 .962
1967 134 536 462 54 125 18 6 20 215 73 1 0 2 2 67 25 3 103 12 .271 .365 .465 .830
1968 128 496 435 57 103 15 1 24 192 67 5 0 1 7 47 11 6 105 12 .237 .315 .441 .756
1969 145 594 522 89 160 31 6 29 290 92 1 0 0 5 61 14 6 120 10 .307 .382 .556 .938
1970 136 529 474 70 125 18 3 31 242 85 0 1 0 6 44 11 5 119 14 .264 .329 .511 .840
1971 141 606 511 104 151 26 0 48 321 125 0 0 0 5 83 20 7 154 8 .295 .398 .628 1.026
1972 138 569 495 75 145 28 2 33 276 112 1 1 0 7 65 15 2 129 7 .293 .373 .558 .931
1973 148 609 522 106 156 43 3 44 337 119 0 0 0 4 80 22 3 129 6 .299 .392 .646 1.038
1974 140 605 508 90 153 37 4 25 273 96 0 2 0 4 87 21 6 106 8 .301 .407 .537 .944
1975 124 526 461 71 136 32 2 22 238 90 0 0 0 4 58 6 3 109 9 .295 .375 .516 .891
1976 117 487 428 54 110 20 3 20 196 65 2 0 0 4 50 6 5 101 4 .257 .339 .458 .797
1977 63 222 186 29 51 12 0 13 102 35 0 1 0 2 31 10 3 55 4 .274 .383 .548 .931
1978 122 450 390 60 115 18 2 28 221 97 3 2 0 3 50 10 7 93 8 .295 .382 .567 .949
1979 126 480 424 60 119 19 0 32 234 82 0 1 0 6 47 12 3 105 10 .281 .352 .552 .904
1980 67 231 202 28 53 10 1 11 98 38 0 0 0 1 26 10 2 52 2 .262 .351 .485 .836
1981 38 66 60 2 17 4 0 0 21 9 0 0 0 1 5 1 0 9 0 .283 .333 .350 .683
1982 74 85 73 6 17 4 0 3 30 17 0 0 0 2 10 1 0 24 1 .233 .318 .411 .729
MLB:21年 2360 9026 7927 1195 2232 423 55 475 4190 1540 17 16 9 75 937 227 78 1936 143 .282 .360 .529 .889
  • 各年度の太字はリーグ最高
一塁の守備につくスタージェル(1979年)

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 8 (1962年 - 1982年、1986年 - 1988年)


関連項目[編集]