ウィルソン商

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィルソン商(ウィルソンしょう、Wilson quotient)とは、自然数 p に対して以下の式で定義される W(p) のことである。

もし p素数ならば、ウィルソンの定理によりウィルソン商は整数となる。逆に p合成数ならば、ウィルソン商は整数にはならない。

p が素数のときのウィルソン商を、p が小さい順に列記すると、

1, 1, 5, 103, 329891, 36846277, 1230752346353, 336967037143579, … となる。


また、もしウィルソン商が p で割り切れる、つまり が整数のとき、p はウィルソン素数と呼ばれる。

関連項目[編集]