ウィルフレッド・ルーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wilfred Lucas
ウィルフレッド・ルーカス
生年月日 (1871-01-30) 1871年1月30日
没年月日 (1940-12-05) 1940年12月5日(69歳没)
出生地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
職業 俳優映画監督脚本家
ジャンル 舞台サイレント映画トーキー
活動期間 1890年代 – 1940年
配偶者 ベス・メレディス
(1917年 - 1927年離婚)
シルヴィア・M
(1927年 - 不明)
著名な家族 ジョン・メレディス・ルーカス (ベスとの子)
テンプレートを表示

ウィルフレッド・ルーカスWilfred Lucas, 1871年1月30日 - 1940年12月5日)は、カナダ出身のアメリカ合衆国俳優映画監督脚本家である[1]

人物・来歴[編集]

1871年1月30日、カナダのオンタリオ州に生まれる[1]

1890年代の初め、カナダで22歳で俳優としての初舞台を踏む[1]。のちにアメリカ合衆国ニューヨーク市に渡り、1904年(明治37年)にブロードウェイの舞台を踏む。1908年(明治41年)、アメリカン・ミュートスコープ・アンド・バイオグラフ(バイオグラフ・スタジオ)に俳優として入社、D・W・グリフィス監督の短篇映画『メキシコ人の筈打ち刑』に主演して映画デビューを果たす[1]。1912年(明治45年)にはグリフィスとの共同監督として An Outcast Among Outcasts を演出、監督業にも進出する[1]

1917年(大正6年)、女優のベス・メレディスと結婚、1918年(大正7年)には、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)の子会社・ブルーバード映画で、ヴァイオレット・マースロウを主演に『馬上の花』を妻のベスと共同監督し、モンロー・ソールズベリーを主演に『赤き赤き心』を監督[1]、同2作は日本でも公開された[2]。1919年(大正8年)5月1日、妻ベスとの間に長男ジョンが生まれる[3]

1927年(昭和2年)、妻ベスと離婚、シルヴィア・Mという女性と再婚する[1]。ベスはジョンを連れて1929年(昭和4年)にマイケル・カーティスと再婚、ジョンはカーティスの養子となった[3]

1940年(昭和15年)12月5日カリフォルニア州ロサンゼルス市に死去した[1]。満69歳没。同市内のパインズ・クレマトリー会堂に眠る[4]。ベスとの子ジョンは長じて『スタートレック』等の監督・脚本家ジョン・メレディス・ルーカスとなった[3]

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆のないものは出演作である[1]

関連事項[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Wilfred Lucas, Internet Movie Database (英語), 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.
  3. ^ a b c John Meredyth Lucas - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年4月28日閲覧。
  4. ^ Wilfred Lucas, Find A Grave (英語), 2010年4月28日閲覧。