ウィル郡 (イリノイ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イリノイ州ウィル郡
ウィル郡の位置を示したイリノイ州の地図
郡のイリノイ州内の位置
イリノイ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1836年
郡庁所在地 ジョリエット
最大の都市 ジョリエット
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,199 km2 (849.23 mi2)
2,168 km2 (836.91 mi2)
32 km2 (12.32 mi2), 1.45%
人口
 - (2010年)
 - 密度

677,560人
312.5人/km2 (809人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.willcountyillinois.com

ウィル郡: Will County)は、アメリカ合衆国イリノイ州の北東部に位置するである。シカゴ大都市圏に属している。2010年国勢調査での人口は677,560人であり、2000年の502,266人から34.9%増加し[1]、国内でも成長速度の高い郡となっている。郡庁所在地ジョリエット市(人口147,433人[2])であり、同郡で人口最大の都市でもある。

歴史[編集]

ウィル郡は1836年にクック郡イロコイ郡の一部を合わせて設立された。郡名は州南部で塩の生産に関わり、政治家でもあったコンラッド・ウィル博士に因んで名付けられた[3]。当時は他州から奴隷を借りることが許され、自由州であるイリノイ州でも塩の生産にのみ使用することができた。ウィルは最初のイリノイ州憲法制定会議の代議員と、1835年の死亡の時までイリノイ州下院議員を務めた。1836年1月12日にウィル郡が作られた。現在の領域の他にカンカキー川より北のカンカキー郡領域も含んでいた。1852年にカンカキー郡が設立されて、領域が小さくなり現在に至っている。

イリノイ州東北東に位置するウィル郡は、インディアナ州に接し、広さは1,236平方マイル (3,200 km2) である。カンカキー川と、イリノイ川の支流であるデスプレーンズ川が横切っている。土地は概して平坦であり、小さな藪を除けば樹木はほとんど無い。土壌は肥沃であり、その大半は耕作に使われている。プレーリーの土壌は深く、砂の多いローム層であり、トウモロコシや草の育成に適している。1850年、トウモロコシは 527,903ブッシェル (14,359 トン)、小麦 230,885ブッシェル (6,280 トン)、エン麦 334,360ブッシェル (9,095 トン)、干し草 32,043 トン、バター 319,054 ポンド (143,574 kg) を生産した。郡内には14の教会、新聞社3社、公立学校の児童3,472人、その他の学校の児童200人がいる。建築用石材の切り出しばが郡庁所在地近くにある。デスプレーンズ川の水力が利用されている。郡内にはイリノイ・アンド・ミシガン運河とイリノイ・セントラル鉄道のシカゴ支線、シカゴ・アンド・ミシシッピ鉄道、シカゴ・ロック・アイランド・アンド・パシフィック鉄道が通っている。長くイリノイ州議会議員を務めたコンラッド・ウィルに因んで郡名が付けられた。郡庁所在地のジョリエットの人口は16,703人である。
 — 1854 U.S. Gazetteer

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は849.23平方マイル (2,199.5 km2)であり、このうち陸地836.91平方マイル (2,167.6 km2)、水域は12.32平方マイル (31.9 km2)で水域率は1.45%である[4]

カンカキー川、デュページ川、デスプレーンズ川が郡内を流れ、西側郡境で合流している。イリノイ・アンド・ミシガン運河とシカゴ衛生航行運河が郡内を通っている。

多くの地域がウィル郡森林保存地区の管轄で公園として保存されており、その広さは総計20,000エーカー (81 km2) である。広さ17,000エーカー (69 km2) のミッドウィン・ナショナル高草プレーリーは元ジョリエット陸軍補給庫があった地でアメリカ合衆国林野庁が管轄する公園である。その他シャナホン州立公園やデスプレーンズ魚類野生生物地域がある。

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

気候と気象[編集]

ジョリエット
雨温図(説明)
123456789101112
 
 
1.6
 
30
13
 
 
1.6
 
35
19
 
 
2.5
 
47
28
 
 
3.8
 
60
37
 
 
3.9
 
72
48
 
 
4.2
 
81
58
 
 
4.3
 
85
63
 
 
3.8
 
82
61
 
 
3.1
 
76
53
 
 
2.7
 
64
41
 
 
3
 
48
31
 
 
2.4
 
35
20
気温(°F
総降水量(in)
出典:The Weather Channel[5]

近年、郡庁所在地であるジョリエット市の平均気温は1月の13°F (-11 ℃) から7月の85°F (29 ℃) まで変化している。過去最低気温は1985年1月に記録された-26°F (-32 ℃) であり、過去最高気温は1988年6月に記録された104°F (40 ℃) である。月間降水量は2月の1.58インチ (40 mm) から7月の4.34インチ (110 mm) まで変化している[5]

人口動態[編集]

人口推移
人口
190074,764
191084,37112.8%
192092,91110.1%
1930110,73219.2%
1940114,2103.1%
1950134,33617.6%
1960191,61742.6%
1970249,49830.2%
1980324,46030.0%
1990357,31310.1%
2000502,26640.6%
2010677,56034.9%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 502,266人
  • 世帯数: 167,542 世帯
  • 家族数: 131,017 家族
  • 人口密度: 232人/km2(600人/mi2
  • 住居数: 175,524軒
  • 住居密度: 81軒/km2(210軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:18.1%
  • アイルランド系:12.9%
  • ポーランド系:10.1%
  • イタリア系:9.8%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 30.0%
  • 18-24歳: 8.1%
  • 25-44歳: 32.9%
  • 45-64歳: 20.6%
  • 65歳以上: 8.3%
  • 年齢の中央値: 33歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 99.8
    • 18歳以上: 97.4

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 42.7%
  • 結婚・同居している夫婦: 64.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.6%
  • 非家族世帯: 21.8%
  • 単身世帯: 17.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 6.0%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.94人
    • 家族: 3.36人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 62,238米ドル(2007年推計では73,159ドル)
    • 家族: 69,608米ドル(2007年推計では82,082ドル[6]
    • 性別
      • 男性: 50,152米ドル
      • 女性: 31,345米ドル
  • 人口1人あたり収入: 24,613米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 4.9%
    • 対家族数: 3.4%
    • 18歳未満: 5.6%
    • 65歳以上: 5.5%

郡政府[編集]

ウィル郡は、9つの選挙区から選ばれる27人の委員で構成される郡政委員会で運営されている。郡全体の投票で選ばれる役人は郡執行役(郡長)、郡事務官、検死官、監査官、財務官、土地登記官、州検察官、保安官である。

郡区[編集]

ウィル郡は下記24の郡区に分割されている。

都市と町[編集]

ショアウッド図書館

未編入の町[編集]

  • アンドレス
  • クリスタルローンズ
  • ピュー
  • フェアモント
  • フランクフォートスクエア
  • グッディングスグローブ
  • グッドナウ
  • インガルスパーク
  • レイクウッドショアーズ
  • プレストンハイツ
  • リッジウッド
  • ウィロウブルック
  • ウィルトンセンター

教育[編集]

  • ガバナーズ州立大学は学生数6,000人の2年制公立短大であり、ユニバーシティパークにある
  • ルイス大学は学生数5,200人の4年制私立大学であり、ロミオビルにある
  • セントフランシス大学は学生数3,300人の4年制私立大学であり、ジョリエットにある
  • ラスムッセン・カレッジは4年制私立大学であり、オンラインのカレッジである[7]
  • ウィル郡はコミュニティカレッジ第525地区にあり、ジョリエット市のジョリエット・ジュニアカレッジがある[8]。このカレッジは国内で最初の2年制高等教育機関だった。

インフラ[編集]

ウィル郡は、国内天然ガスパイプライン網の中心であり、カナダからとメキシコ湾から伸びてきたパイプラインが合流し、アメリカ合衆国中西部に送られている。

主要高規格道路は州間高速道路55号線、同57号線、同80号線である。州間高速道路355号線は有料道路であり、80号線に接続している。

通勤列車メトラの4路線(メトラ電化本線、サウスウェスト線、ロックアイランド線、ヘリテージ・コリダー線)が郡内各所とシカゴ環状線とを繋いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Will County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ Quickfacts.census.gov - Joliet, Illinois - accessed 2011-12-06.
  3. ^ "Was Dr. Conrad Will really worth his salt?", Ledger-Sentinel, Roger Matile, June 22, 2006
  4. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年11月5日閲覧。
  5. ^ a b Monthly Averages for Joliet, Illinois”. The Weather Channel. 2011年1月27日閲覧。
  6. ^ Will County, Illinois - Fact Sheet”. Factfinder.census.gov. 2010年7月17日閲覧。
  7. ^ Rasmussen College - Romeoville / Joliet
  8. ^ retrieved 2007-02-13

参考文献[編集]

  • Forstall, Richard L. (editor) (1996). Population of states and counties of the United States: 1790 to 1990 : from the twenty-one decennial censuses. United States Department of Commerce, Bureau of the Census, Population Division. ISBN 0-934213-48-8. 

座標: 北緯41度26分 西経87度59分 / 北緯41.44度 西経87.98度 / 41.44; -87.98