ウィンストン・ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィンストン・ジョージ Portal:陸上競技
Winston George - Adidas Grand Prix 2015.jpg
選手情報
ラテン文字 Winston George
国籍 ガイアナの旗 ガイアナ
競技 陸上競技短距離走
種目 200m, 400m
生年月日 (1987-05-19) 1987年5月19日(31歳)
出身地 ガイアナの旗 デメララ=マハイカ州ジョージタウン
身長 167cm[1]
体重 66kg
成績
オリンピック 400m:予選6組5着(2012年, 2016年
世界選手権 200m:準決勝3組7着(2017年
400m:予選6組5着(2015年
地域大会決勝 パンアメリカン競技大会
400m:6位(2015年
自己ベスト

100m:10秒47(2017年)
200m:20秒41(2017年)
300m:33秒57(2016年)

400m:45秒16(2017年)ガイアナ記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ウィンストン・ジョージWinston Oudkerk George1987年5月19日 ‐ )は、ガイアナジョージタウン出身の陸上競技選手。専門は短距離走。2014年に400mで45秒57のガイアナ記録を樹立し、現在までにガイアナ記録を45秒16まで塗り替えている。

経歴[編集]

2014年6月14日のダイヤモンドリーグアディダスグランプリ男子400mで45秒57のガイアナ新記録(当時)を樹立。自己ベストを0秒20更新するとともに、1996年にリチャード・ジョーンズ(Richard Jones)が樹立したガイアナ記録を0秒08更新した[2]

2015年6月14日の全米陸上競技連盟・東部地域選手権(United States of America Track and Field federation's Eastern Regional Championships)男子400mで45秒31のガイアナ新記録(当時)を樹立した[3]

2015年8月23日の北京世界選手権男子400m予選で45秒25のガイアナ新記録(当時)を樹立したが、準決勝に着順で進出できる3着以内には入れず、タイムで拾われるには0秒17及ばず予選敗退に終わった[4]

2017年6月23日の南アメリカ選手権 (en男子400m決勝を45秒42で制し、初の南アメリカチャンピオンに輝いた。また、これは98年の歴史を誇る南アメリカ選手権において、ガイアナの男子選手が獲得した初の金メダルという快挙だった(全ての種目を通じて)[5]

2017年7月15日に自国ガイアナレオノーラ英語版で開催されたアリアン・ポンペイ招待(Aliann Pompey Invitational)に出場し、男子200mと男子400mで自己ベストをマークした。最初に出場した男子400mで45秒16のガイアナ新記録を樹立すると、1時間45分後に行われた男子200mではロンドン世界選手権の参加標準記録(20秒44)を破る20秒41(+0.1)をマークした[6][7]

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒47 (+1.3) 2017年5月6日 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク
200m 20秒41 (+0.1) 2017年7月15日 ガイアナの旗 レオノーラ英語版
400m 45秒16 2017年7月15日 ガイアナの旗 レオノーラ英語版 ガイアナ記録
室内
200m 20秒76 2018年2月10日 アメリカ合衆国の旗 ボストン 室内ガイアナ記録
300m 33秒57 2016年1月24日 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク
400m 46秒76 2018年2月10日 アメリカ合衆国の旗 ボストン 室内ガイアナ記録

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2011 アルバ競技大会 (en ベネズエラの旗 バルキシメト 200m 3位 20秒84 (+2.4)
400m 2位 45秒86
4x100mR 2位 40秒07 (3走)
4x400mR 3位 3分10秒49 (4走)
パンアメリカン競技大会 (en メキシコの旗 グアダラハラ 200m 予選 24秒17 (+0.6)
400m 予選 46秒93
2012 オリンピック イギリスの旗 ロンドン 400m 予選 46秒86
2013 中央アメリカ・カリブ選手権 (en メキシコの旗 モレリア 200m 7位 20秒67 (+0.5)
400m 予選 46秒94
世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 200m 予選 20秒88 (+0.2)
イスラム諸国連帯競技大会 (en インドネシアの旗 パレンバン 200m 2位 20秒77
400m 2位 46秒10
2014 南アメリカ競技大会 (en チリの旗 サンティアゴ 200m 5位 20秒77 (-1.0)
400m 4位 46秒15
英連邦競技大会 (en イギリスの旗 グラスゴー 200m 準決勝 20秒88 (+0.3)
400m 準決勝 46秒38
4x100mR 予選 DQ (3走)
中央アメリカ・カリブ海競技大会
 (en
メキシコの旗 ハラパ 200m 予選 DNF
400m 5位 46秒33
4x100mR 5位 39秒74 (3走)
2015 パンアメリカン競技大会 (en カナダの旗 トロント 400m 6位 45秒58
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 400m 予選 45秒25 ガイアナ記録
2016 オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 400m 予選 45秒77
2017 イスラム諸国連帯競技大会 (en アゼルバイジャンの旗 バクー 200m 3位 20秒62 (+0.6)
400m 2位 45秒69
南アメリカ選手権 (en パラグアイの旗 アスンシオン 400m 優勝 45秒42
世界選手権 イギリスの旗 ロンドン 200m 準決勝 20秒74 (+0.3)
400m 予選 46秒02
2018 英連邦競技大会 (en オーストラリアの旗 ゴールドコースト 200m 予選 21秒19 (+0.3)
400m 準決勝 47秒25

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. リオデジャネイロオリンピック公式サイト. 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月20日閲覧。
  2. ^ Winston George cracks national 400m record”. Stabroek News (2014年6月15日). 2017年7月20日閲覧。
  3. ^ George rebounds with another 400m record”. Stabroek News (2015年6月16日). 2017年7月20日閲覧。
  4. ^ 第15回世界選手権男子400m予選サマリー”. 国際陸上競技連盟 (2017年7月20日). 2017年7月20日閲覧。
  5. ^ De Morais sets continental discus record at South American Championships”. 国際陸上競技連盟 (2017年6月25日). 2017年7月20日閲覧。
  6. ^ Results”. Trackalerts (2017年7月16日). 2017年7月20日閲覧。
  7. ^ Winston George smashes national 400m record, also wins 200m”. Kaieteur News (2017年7月16日). 2017年7月20日閲覧。
記録
先代:
リチャード・ジョーンズ
(45秒65)
1996年5月18日
男子400m
ガイアナ記録保持者
(45秒57 - 45秒16)

2014年6月14日 -
次代:
未定
夏季オリンピック
先代:
ニアル・ロバーツ (en
(男子水泳選手)
2008 北京
ガイアナ選手団
旗手
(開会式*)

2012 ロンドン
次代:
ハンニバル・ギャスキン (en
(男子水泳選手)
2016 リオデジャネイロ

*閉会式はアリアン・ポンペイ (en(女子陸上選手)