ウィンズ オブ サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ウィンズ オブ サンダー
ジャンル 横スクロールシューティング
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM2 (PCE)
開発元 レッド・カンパニー
シーエイプロダクション
発売元 ハドソン
プロデューサー 青山英治
M.KOBAYASHI
ディレクター 松永智史
デザイナー K.NAKAZAWA
レッド・カンパニー
プログラマー NINNIKI.NIN
音楽 宮下智
美術 K.NAKAZAWA
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199304231993年4月23日
アメリカ合衆国 1993年
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:日本 HCD3039
テンプレートを表示

ウィンズ オブ サンダー』 (Winds of Thunder) は、1993年4月23日に日本のハドソンから発売されたPCエンジンSUPER CD-ROM2横スクロールシューティングゲーム。日本国外版のタイトルは『Lords of Thunder』。

同社の『ゲート オブ サンダー』(1992年)の関連作品。主人公の剣士「ランディー」を操作し、「ガルド帝国軍」を倒して「暗黒神」の復活を阻止する事を目的としている。本作の世界観は前作と全く異なっており、ストーリー上は関連のない作品となっている。

開発はレッド・カンパニーおよびシーエイプロダクションが行い、プロデューサーは『ガンヘッド』(1989年)や『スターパロジャー』(1992年)を手掛けた青山英治が担当、ディレクターは『イースI・II』(1989年)を手掛けた松永智史が担当、音楽は後にセガサターン用ソフト『バッケンローダー』(1998年)やPlayStation用ソフト『快速天使』(1998年)を手掛けた宮下智が担当している。

1995年に欧米にてメガCDに移植された他、PCエンジン版は2008年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールにて、2010年にはPlayStation 3およびPlayStation Portable用ソフトとしてPCエンジンアーカイブスにて、2015年にはWii U用ソフトとしてバーチャルコンソールにて配信された。

ゲーム内容[編集]

前作はサイエンス・フィクションを基調とした世界観であったが、本作は全く異なるファンタジーを基調としたものとなっており、ストーリー的な繋がりは一切無い[1]。各ステージ開始時にそれぞれ能力が異なる4種類ある鎧を選択し、種類によってサブショットや特性が変化する[1]。また敵を倒す事で発生する「クリスタル」を入手する事により、ショップで各種アイテムを購入できるようになる[1]。ハード的にBGが1枚しかないPCエンジン上で多重スクロールの演出を行っている点や、ヘヴィメタルを基調とした生演奏のCDサウンドを特徴としている[1]

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 Lords of Thunder アメリカ合衆国 1995年
ヨーロッパ 1995年
メガCD ハドソン
イレブン
CD-ROM アメリカ合衆国 4450
ヨーロッパ T-143035-50
2 ウィンズ オブ サンダー 日本 2008年6月10日[2]
アメリカ合衆国 200802112008年2月11日
ヨーロッパ 200802082008年2月8日
Wii レッド・カンパニー
(シーエイプロダクション)
ハドソン ダウンロード
バーチャルコンソール
- 2019年1月31日配信・販売終了
3 ウィンズ オブ サンダー 日本 2010年8月18日[3][4]
PlayStation 3
PlayStation Portable
(PlayStation Network)
レッド・カンパニー
(シーエイプロダクション)
ハドソン ダウンロード
PCエンジンアーカイブス
-
4 ウィンズ オブ サンダー 日本 2015年10月21日[5][6]
アメリカ合衆国 201711092017年11月9日
Wii U レッド・カンパニー
(シーエイプロダクション)
KDE ダウンロード
(バーチャルコンソール)
-
5 LORDS OF THUNDER 日本 202003192020年3月19日
アメリカ合衆国 202003192020年3月19日
ヨーロッパ 202003192020年3月19日
日本 PCエンジン mini
アメリカ合衆国 TurboGrafx-16 mini
ヨーロッパ PC Engine CoreGrafx mini
M2
※ 移植開発担当
KDE
※ 本体の販売元
プリインストール - 販売地域を問わず北米版を収録
SEGA CD版
同時発色数の性能差により若干減色されているが、文字表記と音声が異なるだけでゲーム内容にさほど差は無い。BGMはギターサウンドを強調したアレンジ仕様になっている。
PCエンジン mini収録版
コナミデジタルエンタテインメント(KDE)が2020年3月19日にリリース予定の、PCエンジン系ソフト約50作品をプリインストールした復刻系ゲーム機。外見こそは初代PCエンジンを模したものだがCD-ROM2ソフトもいくつか収録されており、この中の一つとして、本作の北米版『LORDS OF THUNDER』が収録予定。

スタッフ[編集]

  • オリジナル・プラン:K.NAKAZAWA、レッド・カンパニー
  • キャラクター・デザイン:K.NAKAZAWA
  • ゲーム・システム:レッド・カンパニー
  • メイン・プログラム:NINNIKI.NIN
  • サブ・プログラム:OWA.CHAN
  • グラフィック・デザイン:METAL、SHELL、IDOL
  • プロデューサー:青山英治、M.KOBAYASHI
  • ディレクター:松永智史
  • ショーグン:門脇光弘
  • スーパーバイザー:T.HORIO、K.MIYAMOTO
  • スペシャル・サンクス:T.KAWADA、A.YAMASHITA、E.YAMAMOTO、湯沢河童、伊井人
  • スーパー・アシスト:なかむらのりあき
  • 音楽プロデュース:T'sミュージック
  • 音楽:GROOVE KING(宮下智)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame4.5/5stars (PCE)[7]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー24/40 (MCD)[8]
Eurogamer7/10点 (Wii)[9]
ファミ通26/40点 (PCE)[10]
GameFan87% (PCE)[7]
84% (MCD)[8]
GamePro4/5点 (MCD)[8]
IGN8.5/10点 (Wii)[9]
NintendoLife9/10stars (Wii)[9]
月刊PCエンジン85/100点 (PCE)
電撃PCエンジン85/100点 (PCE)
PC Engine FAN23.76/30点 (PCE)[11]
(総合53位)
VG&CE8/10点 (PCE)[7]
M! Games82% (MCD)[12]
Superjuegos86% (MCD)[13]
Game Players64% (MCD)[8]
PCエンジン完全ガイド肯定的 (PCE)[1]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・7・6・7の合計26点(満40点)[10]、『月刊PCエンジン』では90・90・90・85・85の平均88点(満100点)、『電撃PCエンジン』では80・90・80・90の平均85点(満100点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、23.76点(満30点)となっている[11]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で53位(485本中、1993年時点)となっている[11]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.84 4.33 3.83 4.00 3.85 3.91 23.76
  • ゲーム本『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』では、スクロールがスピーディーである事や多重スクロールに関して「驚かされる」と称賛した[1]。またBGMに関しては「質のいいメタルという独特な雰囲気が魅力」と肯定的に評価したが、ゲーム内の世界観がファンタジーである事から違和感も感じると指摘した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 「PCエンジンソフト完全カタログ 1992年」『懐かしゲーム機大百科 PCエンジン完全ガイド 1987-1999』スタンダーズ、2018年6月15日、163頁。ISBN 9784866362670。
  2. ^ 土本学 (2008年6月5日). “「バーチャルコンソール」6月10日配信開始タイトル” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年2月22日閲覧。
  3. ^ 御月亜希 (2010年8月11日). “PlayStation Store最新情報。配信される新作タイトルは「フェイト/エクストラ」&「真・マスターオブモンスターズ Final EX」” (日本語). 4Gamer.net. Aetas. 2020年2月22日閲覧。
  4. ^ 鴫原盛之/木原卓 (2010年8月18日). “週刊ダウンロードソフトウェアカタログ 2010年8月第3週分、第4週分” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年1月13日閲覧。
  5. ^ 津久井箇人 a.k.a. そそそ (2015年10月14日). “Wii Uバーチャルコンソール10月21日配信タイトル ― 『がんばれゴエモン外伝』『ウィンズ オブ サンダー』『チューチューロケット!』” (日本語). iNSIDE. イード. 2020年2月22日閲覧。
  6. ^ そみん (2015年10月14日). “ヤエちゃんが初登場したRPG『がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル』など3作がWii U用VCで10月21日配信” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA. 2020年2月22日閲覧。
  7. ^ a b c Lords of Thunder for TurboGrafx CD (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年2月22日閲覧。
  8. ^ a b c d Lords of Thunder for SEGA CD (1993)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年2月22日閲覧。
  9. ^ a b c Lords of Thunder for Wii (2008)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年2月22日閲覧。
  10. ^ a b ウィンズ オブ サンダー まとめ [PCエンジン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2015年12月20日閲覧。
  11. ^ a b c 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 71頁。
  12. ^ Gaksch, Martin (2018年3月1日). “Lords of Thunder - im Klassik-Test (Mega-CD)” (ドイツ語). MANIAC.de. 2019年5月27日閲覧。
  13. ^ Nemesis (July 1995). “Mega CD Review Lords of Thunder: Vientos de Guerra” (スペイン語). Superjuegos (Spain: Grupo Zeta) (39): 74-76. 

関連項目[編集]