ウィンチェスター侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィンチェスター侯爵ポーレット家の紋章のエスカッシャン部分

ウィンチェスター侯爵英語: Marquess of Winchester)はイングランド貴族侯爵位。テューダー朝の廷臣ウィリアム・ポーレット1551年に叙されたのに始まる。

歴史[編集]

初代ウィンチェスター侯爵ウィリアム・ポーレット

宮内長官英語版王室家政長官英語版枢密院議長大蔵卿英語版などを歴任したテューダー朝の廷臣ウィリアム・ポーレット(1483頃-1572)は、1539年3月9日にイングランド貴族爵位ベイジングのセントジョン男爵英語版(Baron St John of Basing)」、1550年1月19日にイングランド貴族爵位ウィルトシャー伯爵英語版(Earl of Wiltshire)、そして1551年10月12日ウィンチェスター侯爵に叙せられた[1][2]

1572年に第4代ノーフォーク公爵トマス・ハワード大逆罪で処刑されて唯一の公爵位だったノーフォーク公爵位が剥奪されて以降半世紀ほど公爵位が不在となったので唯一の侯爵位だったウィンチェスター侯爵がイングランド貴族の最高位となっていた[3]

初代侯の来孫の第6代チャールズ・ポーレット英語版(1630頃-1699)は、名誉革命後の1689年4月9日に「ボルトン公爵(Duke of Bolton)」に叙せられた[1][4]。しかし曽孫の6代ボルトン公・11代ウィンチェスター侯ハリー・ポーレット英語版(1720–1794)が男子を残さず死去した際にボルトン公爵位は廃絶した[4]

一方、ウィンチェスター侯爵位・ウィルトシャー伯爵位・セントジョン男爵位は4代ウィンチェスター侯ウィリアム・ポーレット英語版(1560頃–1628)の三男ヘンリー(-1672)の曽孫にあたるジョージ・ポーレット英語版(1722–1800)(12代ウィンチェスター侯爵)に継承された[1][4]

現在の当主はその昆孫にあたる18代ウィンチェスター侯ナイジェル・ポーレット英語版(1941-)である。彼は旧イギリス植民地でイギリス連邦加盟国の南アフリカで暮らしている[1]

かつての一族の本邸はベイジング・ハウス英語版だった。しかし清教徒革命イングランド内戦)期の当主の第5代ウィンチェスター侯爵ジョン・ポーレット英語版カトリック教徒の王党派だったため、ベイジング・ハウスは第一次イングランド内戦英語版1642年 - 1646年)で2回議会派に包囲された。1回目は1643年11月で、ウィリアム・ウォラーの議会軍にベイジング・ハウスを包囲されたが、守備隊の奮戦で退けた。2回目は1645年10月で、オリバー・クロムウェルが率いるニューモデル軍に1週間包囲され、前回とは異なり短期間で陥落、多くの美術品が兵士に略奪された末にベイジング・ハウスは放火され焼失、主の5代侯も議会派に捕らえられるという散々な結末となった[5]

家訓は「勤王を愛せ(Aimez Loyaulte)」[1]

現当主の保有爵位[編集]

現当主ナイジェル・ポーレット英語版は以下の爵位を保有している[1]

一覧[編集]

ウィンチェスター侯 (1551年)[編集]

  • 初代ウィンチェスター侯ウィリアム・ポーレット (1483頃-1572)
  • 2代ウィンチェスター侯ジョン・ポーレット英語版 (1517頃–1576)
  • 3代ウィンチェスター侯ウィリアム・ポーレット英語版 (1535頃–1598)
  • 4代ウィンチェスター侯ウィリアム・ポーレット英語版 (1560頃–1628)
  • 5代ウィンチェスター侯ジョン・ポーレット英語版 (1598頃–1674)
  • 6代ウィンチェスター侯チャールズ・ポーレット英語版 (1630頃-1699)
    • 1689年にボルトン公爵に叙される

ボルトン公 (1689年)[編集]

ウィンチェスター侯 (1551年)[編集]

  • 12代ウィンチェスター侯ジョージ・ポーレット英語版 (1722–1800)
  • 13代ウィンチェスター侯チャールズ・インゴールズビー・ポーレット英語版 (1765–1843)
  • 14代ウィンチェスター侯ジョン・ポーレット英語版 (1801–1887)
  • 15代ウィンチェスター侯オーガスタス・ジョン・ヘンリー・ボーモント・ポーレット英語版 (1858–1899)
  • 16代ウィンチェスター侯ヘンリー・ウィリアム・モンタギュー・ポーレット英語版 (1862–1962)
  • 17代ウィンチェスター侯リチャード・チャールズ・ポーレット英語版 (1905–1968)
  • 18代ウィンチェスター侯ナイジェル・ジョージ・ポーレット英語版 (1941-)
    • 法定推定相続人は、現当主の息子ウィルトシャー伯爵(儀礼称号)クリストファー・ジョン・ヒルトン・ポーレット英語版 (1969-)

家系図[編集]

1551年ウィンチェスター侯
初代ウィンチェスター侯
ウィリアム・ポーレット
(1483頃–1572)
 
 
 
 
2代ウィンチェスター侯
ジョン・ポーレット英語版
(1517頃–1576)
 
 
 
 
3代ウィンチェスター侯
ウィリアム・ポーレット英語版
(1535頃–1598)
 
 
 
 
4代ウィンチェスター侯
ウィリアム・ポーレット英語版
(1560頃–1628)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィルトシャー伯(儀礼称号)
ウィリアム・ポーレット
(1588頃 – 1621)
 
5代ウィンチェスター侯
ジョン・ポーレット英語版
(1598頃–1674)
 
 
 
 
ヘンリー・ポーレット
(–1672)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1689年ボルトン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代ボルトン公
6代ウィンチェスター侯
チャールズ・ポーレット英語版
(–1699)
 
 
 
 
フランシス・ポーレット
(1645頃–1696)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代ボルトン公
7代ウィンチェスター侯
チャールズ・ポーレット
(1661–1722
 
 
 
 
ノートン・ポーレット
(1679頃–1741)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代ボルトン公
8代ウィンチェスター侯
チャールズ・ポーレット
(1685–1754)
 
4代ボルトン公
9代ウィンチェスター侯
ハリー・ポーレット
(1691–1759)
 
 
 
 
12代ウィンチェスター侯
ジョージ・ポーレット英語版
(1722–1800)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代ボルトン公
10代ウィンチェスター侯
チャールズ・ポーレット
(–1765)
 
6代ボルトン公
11代ウィンチェスター侯
ハリー・ポーレット英語版
(1720–1794)
 
 
13代ウィンチェスター侯
チャールズ・ポーレット英語版
(1765–1843)
 
 
 
 
 
 
1794年ボルトン公廃絶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14代ウィンチェスター侯
ジョン・ポーレット英語版
(1801–1887)
 
 
 
チャールズ・ポーレット
(1802–1870)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15代ウィンチェスター侯
オーガスタス・ポーレット英語版
(1858–1899)
 
16代ウィンチェスター侯
ヘンリー・ポーレット英語版
(1862–1962)
 
チャールズ・ポーレット
(1832–1897)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ・ポーレット
(1873–1953)
 
セシル・ポーレット
(1875–1916)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17代ウィンチェスター侯
リチャード・ポーレット英語版
(1905–1968)
 
ジョージ・ポーレット
(1905–1961)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18代ウィンチェスター侯
ナイジェル・ポーレット英語版
(1941–)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Winchester, Marquess of (E, 1551)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ Tait, James (1895). "Paulet, William (1485?-1572)". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (in English). 44. London: Smith, Elder & Co. pp. 92–94.
  3. ^ 近藤申一 1970, p. 317.
  4. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Bolton, Duke of (E, 1689 - 1794)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月30日閲覧。
  5. ^ 清水、P93 - P94、ウェッジウッド、P268、P515 - P516。

参考文献[編集]

  • 近藤申一『イギリス議会政治史 上』敬文堂、1970年。ISBN 978-4767001715。
  • 清水雅夫『王冠のないイギリス王 オリバー・クロムウェル―ピューリタン革命史』リーベル出版、2007年。
  • シセリー・ヴェロニカ・ウェッジウッド著、瀬原義生訳『イギリス・ピューリタン革命―王の戦争―』文理閣、2015年。

関連項目[編集]

  • ボルトン男爵英語版 - 5代ボルトン公の非嫡出子の娘ジェーンの夫トマス・オード=ポーレット英語版を祖とする
  • ポーレット伯爵英語版 - 同族
  • ウィンチェスター伯爵英語版
  • ポーレット準男爵英語版 - 分流